松枝尚嗣/堀井覚司公式サイト『松枝屋東京店』

平成28年6月19日日曜日 父の日

もうさっぱり

捗らなくなってしまいましたよ。停滞。嗚呼。
余力のない時に発生するトラブルってほんとキツい。

気がかりはここ最近の記事にある問題だけってわけでもありませんしね、集中するためのスイッチがもう完全にバカになっちゃってます。現在気がかりだらけ。
いや集中しなきゃいけないんですけどね、でもその焦りがかえって集中力を削ぐんですよね、ああもう。

その余波で、先日の集まり的な催しにも参加できませんでしたね。
すいませんね、参加するって言っといて。帰ってきたらとっくに始まってる時間だったんですよ(苦笑)。歩数計見たら1万歩軽く超えてるし…。
って、まあ先方にはなんら支障ないのは分かってますけど。

そんなわけで、と、書かなきゃいけない契約的な書類なんかが今複数あるから目を通して署名したら気分転換にでもならないかなーなんて無駄な期待をしてみてけっきょくなるわけもなく無駄にガッカリしてみたり。

うー何やってんだか。


……で、そんななかでのそういえば。
出版業界、漫画業界が舞台の某漫画原作がドラマ化されて、比較的一部でとはいえ話題になっていましたね。
ちら見したかぎり、作品としては丁寧で誠実な出来だとお見受けしましたよ。作中語られる個々の情報も、まあある意味内部情報なんだしとうぜん、単純化されているとはいえ迫真性があって、なんというか、いろいろ身につまされました(苦笑)。

ただ、です。
あの世界観に流れる“常識”のありかに、個人的にはどうしても違和感を感じてしまいました。
いえもちろん、じっさい今でも業界内ではあれが“常識”なんですよ、間違ってるわけじゃありません。
それでも、ドラマという形でわざわざ大仰に語られると、どうしても今の自分にはひっかかってしょうがないんです。

自分は、そもそも“漫画業界”なんて存在しないと考えています。

“漫画業界”とはそのまま“出版業界”のことです。
漫画を描くうえでの細かい取り決め…例えば原稿のサイズやら1作の枚数やら…しかり、雑誌やコミックスのページ数、版、価格設定等々の売り方しかり、すべては出版社が決定し作り上げてきたものです。
悪名高き?原稿料だってご同様、あれはべつに“漫画家が1枚書くのに必要なコスト”を考慮してなんかいません。単に、“雑誌の予算から逆算した1ページぶん”にすぎないんです。

いわばこの業界は、出版社がルールを決め、出版社が回す、出版社のゲームであり、漫画家はそのプレイヤー。
漫画家という仕事じたい出版社がその参加条件を設定しているんですから、漫画家の意向がゲームにいっさい反映されなくてもしかたがないんですよ。

そして、だから漫画家は出版社から離れられないんです。
当然です、こんなゲームを開催しているのは出版社だけですからね。

べつに、“漫画家と編集者が二人三脚”とかはどうでもいいんです。“漫画愛”とか個人レベルでやってくれりゃいいんです。“漫画家に寄り添う”的なことわざわざ口にしないでほしいんです。
だってこっちからしたら、『これあなたたちのゲームじゃない』って。
最初から最後まで対等とかありえないんですって。


………とまあ、こんな書き方しちゃうと、やれ奴隷だ恨みだと邪推されそうですが(苦笑)。
なんかこう…そんな20代のころのような思いは今ではほんとどうでもいいんです。そうではなく、なんでいつまでもこの業界は、その世界観の中で回そうとするのかなぁと。

そういうファンタジーって今も本当に必要なのかなぁと。

だって、漫画業界ってここ数年で完全にゲームのルールが変わってるんですよね(ちなみに、これまた漫画家の与り知らないところで、ですが)。
それならそれで…、って思うんですけどね。


…なーんてけっこう本気で思っているわけですが。
にも関わらず、現在まるで動く力も余裕もない自分へのいら立ちがまた…。

で書き出しに戻る、と。


嗚呼。

午後4時23分

平成28年6月11日土曜日 

帰ってきましたよ

岐阜から。昨日。

最初は4〜5日程度と見ていたにもかかわらず、結局は16日間という長期滞在でした。
半月て。まあヒマな時期(苦笑)でよかったと考えましょう。
こんなところで書くことでもないので詳細のほうは省かせてもらいますが、とにかく、それしかすることがないにも関わらず、いえ、それしかすることがないだけに逆に、すっかり疲れ果ててしまいました。

これでやっと日常が戻った感じ。
もっとも、自分が戻ったというだけでまだあちらでは続いているわけなので、気持ちはずっとざわついたままですけどね。

○さんからは、『あなたにしては頑張った』との暖かいコメントを頂戴しましたよ。
……おい、軽くディスってねーかい。

なんにせよ、滞ったままのもろもろやら、めんどくさいあれこれやらに、また向かうこととします。
ふー。



あ、3月末に申請した個人番号カード(マイナンバーカード)が、今ごろになってやっと交付されたとの通知が。
何ヶ月もかかるとは聞き及んでいましたが…、本当にここまでだとは…。

はあ…、もらいに行くのかよ…。

午前10時55分

平成28年5月18日水曜日 

なんというか…

少し滞ってますよ。

ちょっとシャレにならない事態が持ち上がって、何日も集中しきれないでいます。
さりとて、逃避で打ち込むことすらできず。

てなわけで、来週にはちょっと何日か実家に帰ることになってますよ。
うーむ。

…まあしかたない、ということで。



…うーむ。

午後10時34分

平成28年5月6日金曜日 

GW明け

暑い…。毎日なんですかこりゃ。

「不透明…」は着々と。
いろいろ慣れてきたので、明らかにペースは上がってますね。“仕事”の比じゃないですが。
ただ、のんびり描いているつもりでも、それでも少しずつ“削られて”いるようで。
さすがにクッタクタになっちまったので、1日休んでましたよ。

そんなわけで、材料も残ってるしなぜか100均の紙型もあったので、“パウンドケーキ”作ってみました。
パウンドケーキは、その名のごとく“小麦粉、砂糖、バター、卵がそれぞれ同量(語源は1ポンドずつ)”でできるので、めっちゃ簡単楽ちん菓子なんですが、意外にも作ったことなかったんですよ。

バターと製菓用のスライスアーモンドのみ買い足して、いざ初挑戦。
バター高いね。無塩バターがフツーのバターより高いのはなぜだい。塩入ってないのに。

さて。
「真ん中を凹ませて焼け」という指令を無視したところ、ご覧のとおり中央がえらいことに。巨乳(笑)。まあ、ハンバーグでも同様の命令無視を繰り返すので、もはや処置なし。
肝心の味ですが、特になにも細工していないので素朴です。食感も問題なく。
普通はドライフルーツとか入れるんですけどね、『甘い物に酸味は不要!』が家訓ゆえ、選択肢にすら入らないのです。

とにかく、最近は、余った材料でパンケーキばっか作ってたんで(笑)、これでまたひとつレパートリーが増えたってことで。
次はバニラオイルでも入れてみよう。

それにしても、こうやって余った製菓材料を消化すべく次の菓子作りを試みて、足りない材料を買い、さらにそうして余った製菓材料を消化……と、もはや無間地獄(苦笑)。


あ、“なめらかプリン”作りたいんですよねー。
生クリームも高いし扱いが面倒なんですよねー。

午前10時34分

平成28年4月26日火曜日 

不透明人間2…

先月末から今月前半にかけて、とにかく鼻炎がひどくて難儀しました。
杉のピークを越えてからの発症ってのがよくわかりません。でも、思い返してみると、以前から酷いのって4月なんですよねぇ…。
前も書きましたが、ヒノキなの?ヒノキオンリーの花粉症なんてあるの??

とはいうものの、今ではそれもすっかり治って、窓開けて生活できてますからね。
昔の人も言ったように、喉元を過ぎたみたいなので熱さは潔く忘れることにします(意味が違う)。

さて。
作画開始ですよ。
全6話、計107ページ(作画枚数はもっと少ないです)。
ネーム(紙)から原稿(デジ)への描き写しをずっとやってたので、ようやくです。
もともと、ネームを粗めにしておく自分としては、かなり気を使う行程ではあるんですけどね。要は、“直しながら”ってことなんですが(苦笑)。
昔なんて31ページを原稿に書き写すのに丸2日くらいかけてましたねぇ。
今作は人にチェックしてもらうわけじゃないから、よけいに粗い…どころかだいたいの覚え書きみたいなもんなんで。
…それはさておき。

今回から、明人編と公介編の交互仕様となります。
明人君がよりヘンタイ寄り(笑)となるのは当初からの想定通りですが、公介のほうはかつて挫折した「永田公介」のような日常ミステリ風味となりますかね。
ただ、おかげでページ配分が、明人1:公介2という(笑)。

でもまあ、これでようやく巡航モードです。

その他、早いのは承知で、変化球ネタも放り込んでみたり。
そこはそれ、インパクトもほしいじゃない。

…それにしても、相変わらずなかなか進捗しません、手数はあえて大きく減らしているのに。なぜなんだろう??作業中のテンションも低めです。
そのへんも、いわゆる“仕事”のプレッシャーにはかないませんねぇ。

ともあれ。


まあ、やりますよ。

午後2時2分

「不透明人間」第1話で主人公が友人と会ったファミレスの店名は?※ヘボン式ローマ字半角英小文字で。