松枝尚嗣/堀井覚司公式サイト『松枝屋東京店』

平成28年5月18日水曜日 

なんというか…

少し滞ってますよ。

ちょっとシャレにならない事態が持ち上がって、何日も集中しきれないでいます。
さりとて、逃避で打ち込むことすらできず。

てなわけで、来週にはちょっと何日か実家に帰ることになってますよ。
うーむ。

…まあしかたない、ということで。



…うーむ。

午後10時34分

平成28年5月6日金曜日 

GW明け

暑い…。毎日なんですかこりゃ。

「不透明…」は着々と。
いろいろ慣れてきたので、明らかにペースは上がってますね。“仕事”の比じゃないですが。
ただ、のんびり描いているつもりでも、それでも少しずつ“削られて”いるようで。
さすがにクッタクタになっちまったので、1日休んでましたよ。

そんなわけで、材料も残ってるしなぜか100均の紙型もあったので、“パウンドケーキ”作ってみました。
パウンドケーキは、その名のごとく“小麦粉、砂糖、バター、卵がそれぞれ同量(語源は1ポンドずつ)”でできるので、めっちゃ簡単楽ちん菓子なんですが、意外にも作ったことなかったんですよ。

バターと製菓用のスライスアーモンドのみ買い足して、いざ初挑戦。
バター高いね。無塩バターがフツーのバターより高いのはなぜだい。塩入ってないのに。

さて。
「真ん中を凹ませて焼け」という指令を無視したところ、ご覧のとおり中央がえらいことに。巨乳(笑)。まあ、ハンバーグでも同様の命令無視を繰り返すので、もはや処置なし。
肝心の味ですが、特になにも細工していないので素朴です。食感も問題なく。
普通はドライフルーツとか入れるんですけどね、『甘い物に酸味は不要!』が家訓ゆえ、選択肢にすら入らないのです。

とにかく、最近は、余った材料でパンケーキばっか作ってたんで(笑)、これでまたひとつレパートリーが増えたってことで。
次はバニラオイルでも入れてみよう。

それにしても、こうやって余った製菓材料を消化すべく次の菓子作りを試みて、足りない材料を買い、さらにそうして余った製菓材料を消化……と、もはや無間地獄(苦笑)。


あ、“なめらかプリン”作りたいんですよねー。
生クリームも高いし扱いが面倒なんですよねー。

午前10時34分

平成28年4月26日火曜日 

不透明人間2…

先月末から今月前半にかけて、とにかく鼻炎がひどくて難儀しました。
杉のピークを越えてからの発症ってのがよくわかりません。でも、思い返してみると、以前から酷いのって4月なんですよねぇ…。
前も書きましたが、ヒノキなの?ヒノキオンリーの花粉症なんてあるの??

とはいうものの、今ではそれもすっかり治って、窓開けて生活できてますからね。
昔の人も言ったように、喉元を過ぎたみたいなので熱さは潔く忘れることにします(意味が違う)。

さて。
作画開始ですよ。
全6話、計107ページ(作画枚数はもっと少ないです)。
ネーム(紙)から原稿(デジ)への描き写しをずっとやってたので、ようやくです。
もともと、ネームを粗めにしておく自分としては、かなり気を使う行程ではあるんですけどね。要は、“直しながら”ってことなんですが(苦笑)。
昔なんて31ページを原稿に書き写すのに丸2日くらいかけてましたねぇ。
今作は人にチェックしてもらうわけじゃないから、よけいに粗い…どころかだいたいの覚え書きみたいなもんなんで。
…それはさておき。

今回から、明人編と公介編の交互仕様となります。
明人君がよりヘンタイ寄り(笑)となるのは当初からの想定通りですが、公介のほうはかつて挫折した「永田公介」のような日常ミステリ風味となりますかね。
ただ、おかげでページ配分が、明人1:公介2という(笑)。

でもまあ、これでようやく巡航モードです。

その他、早いのは承知で、変化球ネタも放り込んでみたり。
そこはそれ、インパクトもほしいじゃない。

…それにしても、相変わらずなかなか進捗しません、手数はあえて大きく減らしているのに。なぜなんだろう??作業中のテンションも低めです。
そのへんも、いわゆる“仕事”のプレッシャーにはかないませんねぇ。

ともあれ。


まあ、やりますよ。

午後2時2分

平成28年4月3日日曜日 

「BvS」観てきました

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」ですよ。

近所のシネコンがリニューアルにつき1000円!てな話で。…ま、じつは知らなかったんですけどね(笑)。

『バットマンとスーパーマンが戦って仲間になるんですってよ!』って時点で何やるのかはもう明白。
また、『神々の戦いに巻き込まれて、人間が無力感からくる恐怖でムキーとなる』ってのも、日本の漫画アニメ特撮では今さら…もとい、おなじみです。

しかし、なんせ監督がザック・スナイダー。
演出は嫌いじゃないです(「ウォッチメン」○「エンジェル・ウォーズ」×)し、ダークなぶんバットマンとの相性はかなりいいんです。
ただ、“お祭り映画”…かどうかは知りませんが…にしては楽しくはないんですよね。
あと、やっぱりいちいち大仰な芸風なので、この作品もいつものように余計な時間を食っている印象。漫画で例えるなら“大ゴマ使いすぎィ!”でしょうか。

なわけで、内容の割に、長い。

かの「アベンジャーズ」で感心したのは、『あのヒーローとあのヒーローって戦ったらどっちが強いん?』というガキのバカみたいな興味にきちんと応えるべく、劇中“(ぶっちゃけどうでもいい)いさかい”からヒーロー同士がケンカするシーンがふんだんに入っていたこと。
また、力では互角にやり合えてもソー以外にはムジョルニア持ち上げられないとか、力あまりないけどリーダーシップあるよ!とかの役割分担が(当然ですが)できてるとか、全キャラに配慮したおもてなし設計も。
意外にそういうのが予備知識なく観る側にとってもわかりやすく伝える手がかりになるんですよね。

それがこの作品、(わかっていたとはいえ)スーパーマン相手じゃケンカにもならないのが辛い。
スーパーマン以外がほぼ初出扱いなので、コラボ感も乏しいのも同様です。
クライマックス、ワンダーなお姉さんがほぼ唐突に出てきて大活躍!ってときは無条件で燃えましたけど(バカ)、それすらも、それぞれのパワーやカラーが不明なままなので、せっかくのラスボス戦なのに、わりとグダグダしてしまうわけです。


…まあいいや(!)。
それでも楽しく観られたんですよ、ほんとですよ。
本編でも挿入されているように、以降フラッシュとかアクアマン(笑)とかサイボーグとかも出す予定とか。
ただ…、この流れだと、ちょいと戦略的に厳しいもんがありませんかね?どうですかね?

それにしても、アクアマン(笑)。


さて、
先月末は風邪で臥せってましたが、最近は喉が辛いです。
間違いなく花粉。
…これ…ヒノキなんですかね?辛い。


そんななか、そろそろ「不透明人間」の2巻目の作画に入りますよ。

やりますよ、ええ。




…アクアマン(笑)。

午後6時29分

平成28年3月29日火曜日 

いただきもの 弐

アンクルウェイトが破れた…、もう…。
家じゅう鉄粉が……(泣)。

さて。
またいただきましたよ。顔文字とか使わないんですが、気分はこんな感じv(。・ω・。)
紹介していいのか悪いのかわからないんですけどね、嬉しいんで…まあ注意されるまで続けるとしましょう。

今回ご紹介の全商品はこちら。


転売するわけでもないし(当たり前)どんどん開封。
一つめは………、えーと、


小物皿…みたいな(おい)。

素材は自分の知識では判別不能…。とにかく木のムクですよ。

二つめ。

クラフトデザインテクノロジー…?…発見

中身はこちら。


ブラシペン?


なんとまんま筆ペン。

高級筆ペンとな。ぺんてる製。
こ…高級……使ってみたい!けど…何に?
漫画家にとっては筆ペンといえば髪の毛ですけどね、デジタル化して最近使ってないですからねー。

そして最後。

クリップファイルっていうんですかね。A4判。
ボールペンとF-15Jイーグル表紙のレポート箋入り!

レポート箋をめくると…。

やはりF-15J!
前回いただいたときのはブルーインパルスモチーフでしたが、今回はとくにないのかな、どうかな。

以上ですよ。
しかし、相変わらずどれもこれも作りのしっかりした物ばかり。
○さんは『税金で!』とかゆっとりましたが(苦笑)、“幹部会”…ってことは会費で運営してるんじゃないのか?とか解消されない疑問しか浮かばないので放置。とにかくこういう貰いもん大好物(笑)。


そんなわけで、とりあえず皿は使うことに。デスク周りがカオス(笑)。
ちなみに要らない解説。シーサーの陶器製爪楊枝入れは、当時担当O野氏からの沖縄みやげ。
狙ったわけではなかったんでしょうが、ちょうどまさに楊枝入れを探していたときだったのと、マスコット感が気に入って10年以上愛用していますよ。くれた本人は、まさか使っているとは思ってもいないでしょうし、それどころかあげたことすら忘れちゃってるでしょうけどね(笑)。
あとチンアナゴとかバンデル星人とか…。まあいいや。

それにしても、なんだか毎回申し訳ないような。
あと1回関わらせていただくことになってるんですけどね、…


…ツギハナニカナー(おい)。

午前10時47分

「不透明人間」第1話で主人公が友人と会ったファミレスの店名は?※ヘボン式ローマ字半角英小文字で。