実務の友  実務の友
[ HOME ]   [Web法令]   [Web法科塾]   [法情報の集い]   [実務の知恵]   [裁判ガイド]   [Webリンク]   [Web計算]   [ソフトライブラリー]
  【過去ログ】
2001.08.05〜 (略)   (10) 2009.01.01〜  (11) 2010.01.01〜  (12) 2011.01.01〜  (13) 2012.01.01〜  (14) 2013.01.01〜
連  絡  板
 文章内容を検索する場合は,[Ctrl]+[F]キー(同時押し)で,現れた検索画面に検索用語を入力して検索します。
記入日案     内
2015/01/04   スマートフォン,iPadで,手軽に,いつでも,どこでも簡単に利用できる法務用ツールソフト。名称を法曹法務ツールボックスに変更
 最近では,裁判事件記録符号検索時速・秒速変換表を増やし,さらに時速と時間,距離の関係計算機を追加しました。
 スマートフォン,iPadで,いつでも,どこでも簡単に利用できる法務用ツールソフトは,現在,次の20種類です。Windowsで利用する場合は,Windowの横幅を適宜調整し,見やすい幅にしてください。
 シャープ製AQUOS PHNE SH-02Eを基本に,ソニー製XPERIA Z3,富士通製らくらくスマートフォン,iPad等で動作を確認していますが,その他の機種によっては,一部のソフトで動作できないものがあります。機種によっては,表示画面を「閉じる」ボタンの機能が効きませんので,タブで表示を切り替えるなどして操作してください。
1 年月日等計算(1)年齢早見表(閏年・十二支表示),(2)和暦西暦対照/年齢・日数計算機
2 数値計算(3)度量衡換算機,(4)数式どおり計算機
3 利息計算(5)利息計算機,(6)利率逆算機,(7)債務返済計画策定,(8)分割返済期間-早見表
4 裁判利用情報(9)裁判事件符号検索,(10)裁判所管轄検索,(11)民事裁判申立手数料計算機,(12)予納郵券(切手)計算機
5 交通事件処理計算(13)時速 - 秒速変換,(14)速度と時間,距離の関係計算機,(15)自動車停止距離計算,(16)追越しに必要な距離/速度の計算,(17)交通事故損害賠償額(和解用)計算
6 その他(18)配当(割勘)計算,(19)健康管理計算,(20)カウンター(数取機)
 パソコン用には,法律実務家の快速「法曹法務実用ツール」もあります。
2015/01/01  [ 2015年(平成27年)元旦  あけまして,おめでとうございます。
 今年も,「実務の友」を,よろしくお願い申し上げます。
2014/12/30   逸失利益計算機のシステム内の「(3) 基礎収入額(平均年収額)」の入力について,2013年(平成25年)データを追加して,2000年(平成12年)からのデータに基づき,「賃金センサス(賃金構造基本統計調査)による平均給与の入力」が,クリックするだけで簡単に入力できるようにしました。
 年齢を入力し,係数はライプニッツ係数,ホフマン係数のいずれかを選択し,求める小数点以下の桁数を設定すれば,自動算出される就労可能年数に応じたライプニッツ係数又はホフマン係数の数値が自動算出されます。その後,生活控除率又は労働能力喪失率を入力すれば,逸失利益が自動算出されます。
 詳しくは,最新版逸失利益計算機室をご覧ください。
2014/12/28   Androidタブレット,iPadで利用できる法曹法務実用ツール
 裁判事件記録符号検索時速・秒速変換表を追加
 現在,法務用に,いつでも,どこでも,移動中でも,簡単に利用できる機能は,次のとおりです。
 (1)年齢早見表(閏年・十二支表示),(2)和暦西暦対照/年齢・日数計算機,(3)度量衡換算機,(4)数式どおり計算機,(5)利息計算機,(6)利率逆算機, (7)債務返済計画策定,(8)分割返済期間-早見表,(9)裁判事件符号検索,(10)裁判所管轄検索,(11)民事裁判申立手数料計算機,(12)時速 - 秒速変換,(13)自動車停止距離計算一覧, (14)追越しに必要な距離/速度の計算,(15)交通事故損害賠償額(和解用)計算,(16)配当(割勘)計算,(17)健康管理計算
 パソコン用には,法律実務家の快速「法曹法務実用ツール」もあります。
2014/12/14   Windows12月10日Update騒動
 Microsoft社のソフトウェア開発者向けサポートサービスのページから「お詫び」。[ご注意ください] 12 月 10 日に Windows Update で配信された Visual Studio 2012 対象の更新プログラム KB3002339 をインストールするとシステムのハングアップなどの問題が発生する
2014/12/14   Windowsの12月の自動更新(Update)により,「実務の友」等の各種VBAソフトが使えない状態になっていませんか。(Windows7以上 + Excel2010以上と思われます。)
 症状は,パソコン環境によって違うかも知れませんが,平成26年12月10日のWindows自動更新により,ExcelのVBAソフトで,シート上のボタンが機能しない(ボタンを押せない)というものです。ソフト開発上は,新たにそのシート上にボタンを配置しようとしても,「オブジェクトを挿入できない」とのエラー表示になります。
 原因は,12月10日のWindows自動更新。対処法として,「システムの復元」がありますが,復元時はよくても,またパソコンを立ち上げるときにWindowsの自動更新が行われてしまい,同じ状態に戻ります。
 予告なく突然の事態で面食らいますが,原因と対処法は,本日実施した Windows Update 後から Excel 2010 の VBA が動作しなくなったが参考になります。しかし,影響は大きく,コミュニティの問題ではなく,マイクロソフト社から直接,対処法について具体的な情報(ソフト対応)と説明をいただきたいところです。当面は,「システム復元」 → 「Windowsの自動更新 停止 」の措置としました。
 この問題は,EXCELでactivexコントロールを挿入できな(教えてgoo),コマンドボタンが挿入できなくなった。 (OKwave)でも取り上げられています。
2014/08/03  |||Web法令検索(リンク集)の法令中,民事訴訟規則刑事訴訟規則を改訂。素早く条文検索ができます。スマートフォンからも利用できて便利です。
2014/08/03   法曹法務実用ツールの「情報検索処理」の項の「テキスト変換(漢数字等)」「テキスト自動変換機」を改訂。法令条文の漢数字を算用数字に(「第二百三十五条」→「第235条」),カタカナ文をひらがな文に自動変換できます。
2014/04/01   Wordを,より速く,より便利に,より快適に!
 Wordだけで計算・文書作成ができる 「金銭債務弁済に関する和解・調停条項自動作成ソフト」,Vectorトップ > ダウンロード > Windows > ビジネス > 法律関係から,ダウンロード可能。 ReadMeファイル
2014/03/23   Wordを,より速く,より便利に,より快適に!
 裁判所書記官も使える「和解・調停条項自動作成ソフト(Word仕様)」が,近日,Vectorから,ダウンロードが可能になる予定です。その特徴,仕様は,次のとおりです。
(1) [1]元金,利息,遅延損害金を入力すれば残債務額合計を自動計算し,[2]月々の分割金額,開始月を入力して計算ボタンを押せば,返済回数と最終支払月等を自動計算し,[3]その結果は,「文章化」ボタンにより,和解又は調停条項文として自動作成,自動整形して完成させます。
(2) 冒頭入力欄から数額を入力し[Enter]キーを押していけば,自動的に次の入力欄に移動し,リスト選択欄では↑↓キー操作で入力ができ,マウスを使わなくても簡単に入力ができます。
(3) 自動作成した条項文はWordに自動整形して書き出し,別ファイルにWord文の条項文としての保存が簡単にできます。
(4) 計算データは自動保存され,再計算が可能ですので,あらかじめ作り置きして,その場で最終確定が簡単にできます。
(5) Wordだけで,計算,文書化,ファイル保存,印刷が一括処理できますので,その場で条項の作成,印刷が可能です。
(6) 単独のWordマクロファイルとして使用しますので,インストール作業の必要はありません。
2014/03/05   法曹法務携帯ツール債務返済計画策定
スマホ債務
2014/03/03   債務額を,いくらずつ,いつからいつまで分割編返済するか。・・この計算だけでしたら,スマートフォンで,「法曹法務実用ツール」中の債務返済計画策定を使い,いつでもごこでも,簡単に計算できます(画面サイズは,スマホ用に縮小して見てください。)。
2014/02/25   「法曹法務実用ツール」中に,2011年07月02日から,次のような内容の快速起案文具・債務弁済条項作成ソフトを掲載していますが,これは,慣れないソフトで使い勝手が悪い,データの保存ができない,ワードで編集し直す必要がある等,使い勝手の悪いところがありました。
(1) [1]元金,利息,遅延損害金を入力すれば残債務額合計を自動計算し,次に[2]月々の分割金額,開始月を入力して計算ボタンを押せば,最終支払月と返済回数を自動計算,その結果は,「文章化」ボタンにより,調停又は和解条項文として自動作成され,表示されます。
(2) 冒頭入力欄から入力し[Enter]キーを押していけば,自動的に次の入力欄に移動し,リスト選択欄では↑↓キー操作で入力ができ,マウスを使わなくても簡単に入力ができます。
(3) ボタン1つで,IEで印刷表示画面を作成し,プリントアウト可能。
  (冒頭入力欄から入力し[Enter]キーを押していけば,自動的に次の入力欄に移動し,リスト選択欄では↑↓キー操作で入力ができ,マウスを使わなくても手入力で簡単に入力ができます。)
■ 快速起案文具・債務弁済条項作成ソフトの操作方法参照
 次の法曹法務実用ソフトでは,これをWordのマクロ・VBAを使って実現してみたいと思います。人のする煩瑣な計算や作業を,まるで知能ロボットを使うかのように,作成事務は自動化され,飛躍的に効率化できるのでないかと思います。
2014/02/22   Wordを,より速く,より便利に,より快適に!
 「当事者目録自動整形ソフト(Word用) 1.0」をアップしました。Vectorからダウンロード可能。
 訴状等の各種裁判申立書及び判決,調書,決定書等に必要な当事者欄,当事者目録を作成,自動整形するソフトです。郵便番号簿からの正確な住所表示,郵便番号,住所の読み方の検索ができ,検索した住所からすぐグーグル地図で位置の検索・確認が可能です。一度作成した住所は,住所録としてファイル保存ができ,ここから簡単に検索・再利用ができるようにしています。
 もちろん,作成データは,Word文書に挿入され,自動的にインデントを付し均等割り付けをして,見栄えよく,実用的に仕上げます。
 データファイルは,個人情報の保護,セキュリティを考慮して,他人には読めないように保護措置をとっています。
 ReadMeファイルには,「当事者の表示」方法に関する実務的な参考文献を掲載しています。  ReadMeファイル
2014/02/17   「会報書記官」No.7(2006年(平成18年))155ページ以下には,交通事故による物損の損害賠償請求事件の和解・調停条項について,条項文例のパターン化と効率的な調書作成法が紹介されています。(「簡易裁判所における交通事故による物損の損害賠償請求事件の和解・調停条項の文例(試案)と説明について」 (*「会報書記官」は,裁判所書記官の地位と能力の向上を目指して会員相互の啓発と裁判実務の研究等を目的とする「日本裁判所書記官協議会」が編集発行する機関誌です。))
 その「会報書記官No.7」では,原告と被告のそれぞれの損害額に対する負担割合を,過失割合に応じて計算するための過失相殺算出表が掲載されていますが,その説明で「なお,パソコンのソフトの中には,当事者双方の損害額を入力しただけで何種類もの過失割合による過失相殺表を瞬時に作ってしまうものもある。」と紹介されています。
 具体的なソフト名は書かれていませんが,その掲載内容からみると,その「パソコンのソフト」は,当サイトの交通事故損害賠償額及び相殺結果の計算のことだと思います。ご利用いただき,ありがたく思います。ネットから「実務の友」を検索し,法曹法務実用ツールから,「交通事故損害賠償」のボタンをクリックすれば,パソコン上のそのソフトが現れます。
 このソフトは,損害額を入力するだけで,双方の過失割合を0体100,10対90,20対80・・・といろいろな場合を想定し,すばやくそれぞれの過失割合に応じた負担額(支払額)を算出してくれます。法律実務では,それぞれの主張に基づけば結果の負担(支払額)はこうなると,シミュレートした結果が素早く分かれば,早期に紛争解決のための納得も得られやすくなります。
 また,過失割合の相殺結果の一覧表示だけでなく,過失割合が決まれば,その結果に基づく和解条項,調停条項も,一般的な形で瞬時に文章化され,後は調書のワープロ文書にコピー&ペーストして若干の修正を加えれば,和解条項,調停条項ができあがります。実務ソフトは,これを使えば,仕事の効率を大きく変えることができます。
2014/02/12   次のソフトを更新しました。利息計算ソフトは起動不良を修正し,他のソフトはわずかな修正です。
1 単発利息計算ソフト Risokey 6.0
   概要: 裁判実務向き単発利息計算 Excelの操作を知らなくても使える「Excel」なソフト 計算履歴保存機能付き
   説明ページ: http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se447416.html
2 Postman Excel 8.0
   概要: 住所・郵便番号の検索,検索結果のリストアップ,地図上の位置確認,当事者目録作成等に便利
   説明ページ: http://www.vector.co.jp/soft/winnt/personal/se498270.html
3 法令漢字検索・瞬漢字書 3.0
   概要: 法令漢字,常用漢字を検索し,字画,読み,用例,表記上の注意点等を知る
   説明ページ: http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se498188.html
4 民事裁判手数料計算 4.0
   概要: 民事裁判(訴訟,支払督促,調停,控訴等)の手数料計算 計算根拠,手数料一覧付き
   説明ページ: http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se498592.html
5 裁判管轄検索(Excel版) 4.0
   概要: 裁判管轄の判断基準と根拠を示し,全国の管轄区域を検索
   説明ページ: http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se498821.html

2014/02/08   Wordを,より速く,より便利に,より快適に!
 「尋問調書自動整形(Word用)」をアップしました。Vectorからダウンロード可能。
 裁判実務用,一問一答のベタ書きに対し,問と答で段差を付け,一連番号を付して整形,調書に自動仕上げます。
 このソフトは,証人尋問,当事者本人尋問等の内容を文字起こし(テキスト化)した文書に対し,問答体形式に質問(問い)と陳述(答え)とに分け,その間に段差(インデント)を設けて連続記載し,質問の頭に通し番号を付し,読みやすく分かりやすく自動整形するものです。  ReadMeファイル
2014/01/18   Wordの友12の特徴は,どうすれば体験できるの?
 Wordの友12 書式,修飾付きの文字や短文,表も登録しておき,簡単にWord画面に呼び出し挿入できる短文データベースとは・・・。
 「Wordの友」を立ち上げ,リボンの「アドイン」タブから表示された「緑のノート」アイコンをクリックすれば,画面右に操作パネルが現れます。その操作パネル下部に表示されたボタンが,この短文データベースの入り口になります。「My文例庫」と表示があって,ボタン2個が並んでいますが,右側の赤っぽいボタンがそれです。
 開いた「文例検索」画面の上から2段目の欄にファイル名があり,その右の▼印をクリックすると,文書作成で活用できるデータを保存しているいくつかのファイルが表示されます。このファイル名は昇順に表示される仕組みにしています。いずれか1つを選択表示すると,自動的にそのファイルが呼び込まれ,ファイルリストが作成され,そのうちの1つの任意のリストを選択すれば,その下段に,その内容が表示されます。これはテキスト表示ですので,書式や文字修飾がある場合は,正確な文字表示になりませんが,参考表示と受け止めてください。
 求める文章データを選択して「Word画面に転記」ボタンをクリックすれば,Word画面の任意の位置に,その文章データが登録仕様そのままに挿入されます。間違った場合は,「戻す」ボタンで,直ぐ元に戻りますので,気楽に操作できます。
 「新規登録」はすぐせず,まずは現在入っているデータで,いろいろと検索と挿入の操作具合をお確かめください。
 2つある文例庫のボタンのうち左側のボタンは,テキスト(文字)だけで構成したデータベースです。これは,文書へそのまま挿入できる書式付きデータではなく,知識や情報の検索,利用のための蓄積庫であり,ネットや他の文書から役立つ,あるいは「使える」をコピー&ペーストし,ファイル保存しておくものとして位置づけております。
 今回は,以前のデータをそのまま残していますが,書式付きの文例庫とダブりますので,次回バージョンアップの際は,整理するつもりです。
2014/01/18   Wordの友・Ver.12が,Vectorからダウンロード可能,になりました。
 Wordの友12では,(1)書式,修飾付きの文字や短文,表も登録しておき,簡単にWord画面に呼び出し挿入できる短文データベースを備えました。利用の仕方によっては,定型文処理の多い裁判所書記官の調書作成にも活用できると思います。(2)法律実務文書に多い日付入力も,カレンダーを見て直接日にちを指定入力でき,また,日にち間の日数計算もできるので,便利です。(3)調停条項を和解条項に,またその逆に,当事者の呼称を換えて簡単に変換することもできます。
 訴状,判決文の起案,調書の作成等に一層便利なように機能を充実させました。
 Wordの友 インストールの手順と方法をあらかじめお読みいただければ,ご利用はスムースに行くと思います。
 インストールに際しては,事前に,旧バージョンのWordの友,JCDataフォルダは,削除していただきますようお願いします。
 ご連絡いただければ,検討して,より有用なものに改良を重ねたいと思います。
 Vectorに「Word1212」とあるのは,「Word12」の誤表記です。
2014/01/15   法律実務家の快速仕事術:「法曹法務実用ツール」を改訂しました。「民事裁判申立ガイド」,「郵便料金一覧」,「全国法務局所在地・管轄」等は終了しました。
(IE11へのバージョンアップの注意)
 なお,データ検索のうち,「全国裁判所所在地・管轄」,「事件記録符号一覧」,「郵便番号・地名検索」,「地方自治体検索」は,従来のまま維持していますが,最近,インターネットエクスプローラ(以下「IE」という。)11にバージョンアップしたところ,これらのデータ検索(IEだけのデータバインドの機能)が全く機能しないということが判明しました。
 マイクロソフト社のカスタマーサービスに電話で問い合わせをしたところ,種々確認,チェックをし,1時間以上の時間がかかりましたが,原因は不明のままです。結局,担当者の案内と遠隔操作により,IE11をIE10にバージョン・ダウンしてもらったところ,上記のデータ検索は,従来どおりの機能に復帰しました。
 担当者の話では,IE10からIE11へのバージョンアップは,明確な警告もなく,自動的,強制的に行われてしまうようです。IE10までは動いた検索システムが,IE11になったばかりに,とたん動かなくなるのも大変困ったものです。IE10からIE11への自動バージョンアップを避けるための方法を聞いたところ,次のような方法でした。
 ● IEのメニューバーの「ヘルプ」→「バージョン情報」をクリックして表示される「IntenetExplorer10」画面中の,「□新しいバージョンを自動的にインストールする」のチェックを外す。
2014/01/13   Wordの友・Ver.12が近々,Vectorからダウンロードできる予定です。
 Wordの友12では,(1)書式,修飾付きの文字や表等も,短文登録して簡単にWord画面に呼び出し挿入できるようにしています。この短文登録機能は,文書入力のほか,簡単なデータベースとして活用することもできます。(2)日付については,カレンダーを表示して直接日にちを指定する方式で,任意の日にちを入力できるようにしています。日数計算もできます。(3)文書中から,○や×,★印,数字やアルファベット,カタカナだけを検出して,蛍光表示したり,あるいは,その部分だけに順次自動ジャンプして訂正をしたりしていくこともできます。(4)簡単な利息計算もでき,Word上の請求の趣旨をなぞるだけで本日までの利息計算もできます。(5)調停条項を和解条項に,当事者の呼称を換えて簡単に変換できます。その他の機能も改良し充実させました。
 Wordの友 インストールの手順と方法をあらかじめお読みいただければ,ご利用はスムースに行くと思います。
 インストールに際しては,事前に,旧バージョンのWordの友,JCDataフォルダは,削除していただくようお願いします。
2014/01/12   Wordの友・Ver.12では,書式付きの短文登録機能が付き,これによれば,裁判所書記官が作成する調書のように,定型的な内容の書類作成にも利用が可能かと思われます。
 一つの工夫例として,Wordによる短文・定型句登録活用の効率的入力法に補足してみました。
2014/01/09  * カタカナ表記で,「コンピューター」と書くか,「コンピュータ」を書くか。
 文部科学省のWebサイトで見ると,平成3年内閣告示第2号では,「外来語の表記」として,「英語の語末の‐er, ‐or, ‐arなどに当たるものは,原則としてア列の長音とし長音符号「ー」を用いて書き表す。ただし,慣用に応じて「ー」を省くことができる。〔例〕 エレベーター ギター コンピューター マフラー   エレベータ コンピュータ」とされている。結論的にどちらの表記でもよいということになるが,工学・技術系では「ー」を省く表記が一般のようである。
 最高裁の裁判例を裁判所Web判例集で検索してみると,使い分けの基準は分からないが,調べた限りで,「コンピューター」(平成24年12月07日第二小法廷判決外13件)もあれば,「コンピュータ」(平成24年07月09日第三小法廷決定外14件)もある。
 最近,20年前の「ワープロ作文技術」(木村泉著,岩波新書,1993年10月第1刷発行)を久しぶりに取り出して読んでいたところ,次のような記述を発見した。
 「コンピュータとコンピューター この本では,発音どおり「コンピューター」と書く代わりに長音符を省いて「コンピュータ」と表記している。これは技術関係(理工系文化圏)の習慣に従ったものである。言語の語尾が「er」,「or」,または「ar」となっているカタカナ語には,末尾に長音符をつけない,という習慣である。あるお年を召した大先生が,どこかの審議会で強く主張されたことがもとで起こった習慣,と信用度の高い筋から聞いた。技術文書では外来語が多いため,とかく長音符だらけの文書ができて見苦しい,それを何とかしよう,という意図だったと思われる。」
 著者は,当時,東京工業大学理学部教授の方であり,よく読まれた「ワープロ徹底操縦法」(岩波新書)も著された方であり,技術系の表記法を考える上でも参考になると思う。
 表記の仕方は,理屈だけでなく,こうしたところが発端で決まっていく場合もある一例といえようか。
2014/01/01 [ 2014年(平成26年)元旦  あけまして,おめでとうございます。
 今年も,「実務の友」を,よろしくお願い申し上げます。

[ これより前の過去ログを見る ]

[ HOME ]