実務の友
隣人とうまく付き合う法

     相隣関係調整に関する事例対応

第1 隣地との境界線

◎ 隣家から強硬に立会を求められ境界杭が打たれましたが,これで境界線が決まってしまうのでしょうか。

 ○ 民法223条(界標設置権)
   土地の所有者は,隣地の所有者と共同の費用をもって境界を標示すべき物
  を設けることができる。
 ○ 民法224条(同)
   界標の設置及び保存の費用は,相隣者が平分して負担する。ただし,測量の
  費用は,その土地の広狭に応じて分担する。
 ○ 判例(最判昭31.12.28民集10-12-1639,最判昭42.12.26民集21-10-26227)
   「相隣者との間で境界を定めた事実があっても,これによって,その一筆の土
  地の固有の境界自体は,変動するものではない。」


第2 隣地の使用

◎ 建物建築用の資材搬入のため,隣地に入らなければ工事ができないのですが・・・

 ○ 民法209条1項(隣地使用権)
   土地の所有者は,境界又はその近傍において障壁若しくは建物を築造し,ま
  たはこれを修繕するため必要なる範囲内において,隣地の使用を請求すること
  ができる。ただし,隣人の承諾がない場合には,その住家に立ち入ることができ
  ない。
 ○ 同条2項
   前項の場合において,隣人が損害を受けたるときは,その償金を請求するこ
  とができる。


第3 隣地の通行

◎ 袋地の所有権を取得したが,他の所有者の土地を通過しなければ,公道に出られないのですが・・・。

 ○ 民法210条(囲繞地通行権)
   ある土地が他の土地に囲繞せられて公路に通じていないときは,その土地の
  所有者は,公路に至るため,囲繞地(いにょうち)を通行することができる。
 ○ 同条2項(同)
   池沼,河?若しくは海洋によるのでなければ他に通じることができず,また
  は,崖岸があって土地と公路と著しい高低があるときは,また同じとする。
 ○ 民法211条1項(同上)
   前条の場合において,通行の場所及び方法は,通行権を有する者のために
  必要にして,かつ,囲繞地のために損害が最も少ないものを選ぶことを要する。
 ○ 同法2項(同上)
   通行権を有する者は,必要があるときは,通路を開設することができる。


第4 隣地との塀の設置

◎ 隣家との境界線上に塀を設置したいのですが,費用分担をめぐって争いがあります。

 ○ 民法225条1項(囲障設置権)
   2棟の建物がその所有者を異にして,かつ,その間に空地があるときは,各
  所有者は,他の所有者と共同の費用をもって,その境界に囲障を設けることが
  できる。
 ○ 同条2項(同上)
   当事者の協議が整わないときは,前項の囲障は,板塀又は竹垣にして高さ2
  メートルであることを要する。
 ○ 民法226条(同上)
   囲障の設置及び保存の費用は,相隣者が平分して負担する。
 ○ 民法227条(同上)
   相隣者の1人は,225条2項に定めた材料より良好な物を用い,又は高さを
  増して囲障を設けることができる。ただし,これによって生じる費用の増額を負
  担することを要する。


第5 隣家の竹木の伸長

◎ 隣地の庭木の枝が当家の宅地内にまで伸びて,花弁や枯葉が散乱し,困っています。

 ○ 民法233条1項(竹木の剪除)
   隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは,その竹木の所有者をして,その枝
  を剪除させることができる。
 ○ 民法414条2項本文(代替執行)
   債務の性質が強制執行を許さない場合において,その債務が作為を目的とす
  るときは,債権者は,債務者の費用を以て,第三者にこれをさせることを裁判所
  に請求することができる。
 ○ 民事執行法171条1項(代替執行)
   民法414条2項本文に規定する請求に係る強制執行は,執行裁判所が民法
  の規定に従い決定をする方法により行なう。


◎ 隣地の庭木の根が当家の宅地内にまで伸びて,迷惑しています。

 ○ 民法233条2項(竹木根の截取権)
   隣地の竹木の根が境界線を越えるときは,これを截取することができる。


第6 隣家の建築

◎ 隣家が建物を建築しましたが,外階段が境界線から30センチメートルのところに取り付けられ,窓からの採光が妨げられ,昇降の音も気になり,困っています。

 ○ 民法234条1項(境界線近傍の建築)
     建物を築造するには,境界線から50センチメートル以上の距離を存するこ
  とを要する。
 ○ 同条2項
   前項の規定に違反して建築をしようとする者に対しては,隣地の所有者は,そ
  の建築の廃止又は変更をさせることができる。ただし,建築着手の時から1年
  を経過し,または,その建築の竣成した後は,損害賠償の請求しかできない。
 ○ 建築基準法65条(隣地境界線に接する外壁)
   防火地域又は準防火地域内にある建築物で,外壁が耐火構造のものについ
  ては,その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。


第7 隣家の視線

◎ 隣家が新築され,その2階の窓から覗かれているようで,落ち着かないのですが・・・。

 ○ 民法235条1項(境界線近傍の建築)
   境界線から1メートル未満の距離において他人の宅地を観望すべき窓又は椽
  側を設ける者は,目隠を附することを要する。
 ○ 同条2項(同上)
   前項の距離は,窓又椽側の最も隣地に近い点から直角線により境界線に至
  るまでを測算する。
 ○ 民法236条(同上)
   前2条の規定と異なる慣習があるときは,その慣習に従う。


第8 隣地の穿堀

◎ 隣家が境界線近くに井戸を掘り始めましたが,境界線にある塀が崩れないかと心配ですが・・ 

 ○ 民法237条1項(境界線近傍の穿掘)
   井戸,用水溜,下水溜又は肥料溜を穿つには,境界線から2メートル以上,
  池,地窖又は厠坑を穿つには1メートル以上の距離のあることを要する。
 ○ 同条2項(同上)
   水樋を埋め,又は溝渠を穿つには,境界線からその深さの半分以上の距離
  の存することを要する。ただし,1メートルを超えることを要しない。
 ○ 民法238条(同)
   境界線の近傍において前条の工事をなすときは,土砂の崩壊又は水若しくは
  汚液の滲漏を防ぐに必要な注意をなすことを要する。


第9 隣地からの流水

◎ 隣家の屋根の雨樋から流れる雨水が当家の敷地内に流れ込み,窓や壁に跳ね返ってきて,困っています。

 ○ 民法214条(自然流水の承水義務)
   土地の所有者は,隣地から水の自然に流れて来るのを妨げることはできな
  い。
 ○ 民法218条(雨水注瀉工作物の禁止)
   土地の所有者は,直接隣地に雨水を注がせることとなる屋根その他の工作
  物を設けることはできない。
 ○ 民法717条1項(土地の工作物の占有者・所有者の責任)
   土地の工作物の設置又は保存の瑕疵によって他人に損害を生じた場合に
  は,その工作物の占有者は,被害者に対して損害賠償の責に任ずる。ただし,
  占有者が損害の発生を防止するに必要なる注意をしていたときは,その損害は
  所有者が賠償することを要する。

(以上 2003.1.11-2006.07.12)




[ HOME ]