実務の友   Law & Law

総務省「法令データ提供システム」等を利用した
ネット上の法令条文検索ソフト
2007年2月5日実験開始
クリック=> Law&Law起動
<=クリック
■ 収録データの内容,データの区分,このソフトの仕様等は,予告なく変更することがあります。
■ 本システムの法令データの利用に伴って発生した不利益や問題については,何ら責任を負いません。
■ 法令検索から条文検索へ=このシステムのコンセプト及び概要
■ 総務省「法令データ提供システム」の概要説明




簡単な操作説明
Law&Law
(1) 起動時には,収録した全ての法令が,下欄に一覧表示に表示されます。
    上部のカード表示の法令が,法令データの呼び込み・表示の対象になります。
    [先頭][<前][次>][末尾]のデータ表示ボタンの操作で,該当のデータが順次又はジャンプして表示されます。

(2) 条名(条文番号)は,3桁の数字リストから簡単に入力できます。この場合,「閲覧」ボタンのクリックが必要です。「閲覧」ボタンのクリックにより,総務省「法令データ提供システム」等から該当法令が呼び出され,同時に,指定の条文にジャンプして表示されます。条名が「000」の場合は,法令の冒頭が表示されます。

(3) 条名(条文番号)は,数字リスト左側の「条文」欄に半角数字で直接入力することもできます。直接入力の場合,刑訴法の350条の2などは,「350-2」などと入力します。
    この場合,数字入力後,リターン(Enter)キーを押すと,「閲覧」ボタンをクリックしたことになります。

(4) 検索窓に法令名の一文字以上を入力して「検索」ボタンをクリックすると,その文字を含んだ該当法令が表示されます。データ表示ボタンの操作で目的の法令を表示させた上,条文を指定するなどして「閲覧」を実行します。

(5) 下欄の法令名一覧表から,検索したい法令の名称又はアドレスをクリックすると,該当法令のみが一覧表に抽出表示され,かつ,上部カード表示欄にも該当の法令が表示されます。
    ここで,条文を条名(条文番号)を入力すれば,該当法令の条文にジャンプして表示されます。

(6) 法令データの区分,検索,一覧表の指定等により法令データが抽出された場合,その抽出を解除し,初期の全データ表示に戻したいときには,水色の「解除」ボタンをクリックします。

(7) 該当条文が表示された段階で,マウスで範囲指定しクリックしたまま「テキスト処理欄」に移動して離すと(ドラッグ・エンド・ドロップ),該当部分がコピー&ペーストされて表示されます。
    ここで,「数字変換」ボタンをクリックすると,漢数字は,算用数字に自動変換されます。
    その上で「選択」ボタンをクリックすれば(反転),文章内容全部がクリップボードにコピーされ,他で文書等作成中の任意の箇所に貼り付けができます。

(8) カタカナ表示の条文を平がな表示に変換したい場合などは,テキスト処理欄に一旦コピーした上で,「Text」ボタンをクリックして,別画面を呼び出し,自動転写された条文に対し,平がな変換ボタン等をクリックして変換操作をします。

(9) □印のボタンは,一旦画面の背後に入って見えなくなった直前の画面を呼び出すときに,利用します。



操作方法の一例
Law&Law
(1) 区分から「民事法」を選択,「民事第4編,5編」を選択,731条を指定してリターンキー(又は閲覧ボタン)を押したところ → 該当の法令条文が表示されます。
(2) 731条の条文を範囲してして,テキスト処理欄にドラッグ&ドロップ。その上で,漢数字変換ボタンを押したところ → 漢数字が算用数字に変換されます。(表示結果は,実際と若干異なります。)
(3) 「解除」ボタンを押すと,元に戻ります。





[ HOME ]