Home
友の会概要
入会案内
ニュース
線維筋痛症とは
他の疾患について
薬剤治療
代替治療
相談センター
支援医師リスト
レポート
体験談
闘病気・手記
リンク
参考図書
お願い
問合せ先
Special Thanks

代替治療

薬を使わずに、線維筋痛症を治療し管理する

 FM体操はこちらへ

代替医療
鍼、お灸、マッサージなどの効果は個人差がありますので、主治医とよく相談した上で適切に行って下さい。

米国マサチューセッツ総合病院の先生達が、薬を使わずに、線維筋痛症を治療し管理するための提言をしています。その概要を次のとおり記述します。なお詳細は次のWebSiteで見ることができます。

薬を使わずに、線維筋痛症を治療し管理するための提言

線維筋痛症の治療には、運動を伴う多面的なアプローチを推薦します。それは痛みをやわらげ、筋肉と規則的な日常の睡眠を強化し、睡眠を改善させ、そして線維筋痛症の徴候を改善させる薬治療と、疾病によって引き起こされた情緒障害を心理学的方法でうまく処理し、痛みを悪化させるストレスを少なくすることになります。
ある研究では、バイオフィードバック(生体自己制御と心身の緊張緩和を図る技法)と弛緩の技術、運動、そしてほかの2つのコンビネーションを比較研究しました。
2年後に、運動を伴うコンビネーションが、最も有益であると分かりました。一方運動を伴わないコンビネーションは最悪でした。別の研究でも、患者の42%で痛みを著しく改善するのに有効であることが分かりました。
症状の改善は主観的で、何人かの患者は、痛みおよびほかの徴候がわずか10%の減少でも満足します。健康状態が管理できて、患者が満ち足りた生活を送ることができると理解することが重要です。


運動

多くの研究で、運動が線維筋痛症の症状を管理する上で最も有効なコンポーネントであることが示されています。
線維筋痛症の患者は、自らの痛みを悪化させないように運動を回避します。しかしながら、研究によれば、運動により引き起こされたどんな痛みも、30分以内におさまるとのこと。(個人差はあると思いますが)
肉体的活動は筋肉の衰退を防ぎ、自分自身が元気であることの感覚を増加させて、時間とともに、疲労および痛みそのものを軽減します。


エアロビクス運動

その効き目が分かるのに数カ月かかるかもしれませんが、規則正しいローインパクトのエアロビクスは苦痛の限界点を上げる事には最も有用なものです。穏やかな運動から始まり、そして時間とともに活動を極めて段階的に増やして行くプログラムは重要です。しかしながら強いエアロビクス運動をあまりにも早く試みる患者は痛みが大きくなり、落胆して止めることになるでしょう。このような患者は再発および後退を覚悟しなければなりません。
しかし、患者が運動から逃れたいと思わないようにしなければなりません。もっと正確に言えば、患者は、自分たちの手近にある様々な物を利用して色々な運動をすべきです。望ましい運動は、歩く事、水泳、そして静止した自転車のペダルこぎを利用することです。体重の重さを軽減できるので水泳及び水中治療法は、まず始めるのに優れた選択と思われます。


ストレッチング

患者は、筋肉が伸ばされると腱または骨を連結しているところで多くの痛みを感じます。
ストレッチング、または柔軟体操は通常のウォームアップおよびクールダウンのお決まりの手順の一部です。しかし、筋肉弛緩および痛み縮小のために使用されるストレッチング技術は患者以外の人、家族または親しい友達と一緒に実行されるとより効果的です。そのような技術は「スプレーおよびストレッチ」として知られています。
この方法を使用して、痛いところや疑わしいところを押す事で位置がわかります。目標を定めて、皮膚中の血管を冷やす化学薬品をスプレーします。(スポーツ選手が使っている物です)。患者は快適な位置に保ちます。スプレーを頭の近くで使用する場合、顔をカバーで保護します。スプレーボトルは目標から30センチぐらい離して上下逆さまに保持します。スプレーは鎮痛薬としては使用されませんが、患者のパートナーが影響を受けた筋肉をゆっくり伸ばすことができるので痛いところを非活性化できます。


健康なライフスタイルの維持

規則的な睡眠の確立。特に痛みで眠れないこと(不眠)によってますます悪化するので、睡眠は不可欠です。いつも夜に眠ることができない人々は改良が悪く、例えば、夜に働く変動交替の仕事を持つ線維筋痛症患者にとっては非常に厳しいです。


ダイエット

線維筋痛症患者は、多くの新鮮な果物および野菜と共に、動物性脂肪の低い繊維質の多い健康的な食事を維持するべきです。どんな特定の食品も線維筋痛症を管理するのに有効であるという証拠はありません。適度なビタミンや大部分のサプリメントは恐らく有害ではありません。しかし、ビタミンおよびある種のサプリメントの大量投与は有害かもしれません。

ストレス減少技術

線維筋痛症を持った人々が、病気で無い人々よりも、毎日の葛藤や遭遇に対しよりストレスの多い反応があるという証拠があります。多くのくつろぎやストレス減少の技術は、慢性的痛みの管理において有用であると証明されています。


深呼吸(腹式)

胃および腹部が拡大することを確かめて、10の数までゆっくり深く息を吸ってください。鼻から息を吸って、10を数えてから、ゆっくり完全に吐き出してください。心を静めることを助けるためには、各サイクルを通じ、「呼吸し数えること」に完全に専念してください。5〜10回繰り返して、そのような気分になれない場合でも、毎日深呼吸運動を数回行う習慣を作ってください。


革新的な筋肉弛緩

四肢を交差させずに、快適な位置で横たわった後に、頭の先から始めて、身体中のすべての筋肉に意識を集中して下向きに進めて、身体の各部分に集中していきます。額、両耳、両目、口、首、両肩、両腕、指、胸、腹部、大腿、ふくらはぎおよび足首から足の指までを含めること。

この運動をしている間はゆっくりとした深呼吸を続けてください。

5〜10と数える間、各筋肉をできるだけしっかりと緊張させて、次に、それを完全に解放してください。

完全にくつろいだ、そして鉛の様に重かった筋肉を経験してください。足首からつま先に達するまで、継続してください。

最初に、腕を上げたり、下げたりすることで緊張の度合いをチェックする友達またはパートナーを得ることは有用です。腕は自由に下げられるようにします。筋肉弛緩の訓練は運動をより有効にし、リラックスを非常に急速に生み出します。


瞑想

東洋文化の中で長年使われている瞑想は、有効な弛緩技術として米国で現在広く認められます。例えば、気功(東洋の技術)を実行した患者が8週後に痛みが減少し、疲労および不眠が改善され、気分、一般的な健康状況が改善されたとある研究が報道しました。熟練の瞑想にふける人は、瞑想中に心拍数、血圧、アドレナリンレベルおよび皮膚温度の減少を達成することができます。


生体自己制御、マッサージ療法、はり治療、磁石治療などについても記載されていますが、省略します。

参考文献:
「EvidenceBasedMedicineを活かす膠原病・リウマチ診療」 
東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター編   
MedicalView社 2000年5月30日発行

「ペインマネージメント最前線」痛みの基礎と臨床 
編集:P.PrithviRaj 中山書店 1966年5月15日

「膠原病診断」専門医によるベストアドバイス・困ったときにどう考えるか 
編集:竹原和彦他 診断と治療社 2000年10月5日

「膠原病ハンドブック」 全国膠原病友の会 2000年4月


Copyright(c)2002/2010 JFSA All rights reserved.