クラブ 征峰  2002   かわら版
 

3月例会【豊英湖】3月31日(日)天気:晴れ  参加:20名

順位 氏名(敬称略) 釣果(s) 場所 その他
優 勝 児島 浩  8.4 タツボ 24尺・天宙 グルテンセット
2 位 塩田 佳男  7.2 松 節 16尺・底 グルテンセット
3 位 正木 義貴  5.0 川 又 13尺・天宙 力玉セット
4 位 堀江 富雄  4.4 鍵掛橋 14尺 底  グルテンセット
5 位 小平 正直  4.2 タツボ 13尺 一本 グルテンセット

上位3名
上位3名

《優勝者データ》
場所:タツボ
 竿:24尺
タナ:イッパイ
ウキ:「忠相」ミッド15番
道糸:0.8号
ハリス:上・クルージャン0.6号(20p)下・同0.4号(80p)
ハリ:上8号・下5号
エサ:「ベーシック」2に水1。放置後に「ミッド」1、「しめかっつけ」2を絡める。食わせは「アルファー21」1、水1.3

【コメント】
「竿24尺で、1時間くらいしてアタリが出始めた。ポツポツ釣れたが、タナが上なのではと感じて18尺に替えたところ1時間ノーアタリ(笑)再び24尺に戻して一日通しました」

【例会後記】

晴れてはいるが、風が少々強かった。

事前の情報では長竿の深宙、または一本半くらいの浅タナといった両極端の釣りが良いらしく、いずれの釣りもグルテンセットとのことだった。

今回も及川さんと行動を共にして、タツボの立ち木にボートを着けた。

「征峰」黒帯ストロークPC
 竿:24尺
タナ:イッパイ
ウキ:「征峰」黒帯ストロークPC 7番
道糸:「バリバス」見える道糸1.0号
ハリス:「バリバス」プロバージョV 0.5号(20と75p)
ハリ:上・グランキープ7号 下・オカメ4号
7時30分にエサ打ちを開始。

「豊英湖の状態は最悪だよ」と聞いてはいたが、そのとおりで、魚の気配は全く感じられない。

二時間が経過した頃より、少しではあるが湖面にモジリが見られるようになった。

しかしウキにサワリは現れない。

エサのタッチを変え、ハリスを伸ばし、浮きのサイズを小さくしてエサをゆっくり落としながら魚の食い気を誘う。

それでもサッパリ変化なし。

暫くしたのち、何の前ぶりもなく浮きが立たない状態になる。

水中の枝にでも絡んだのかなと思って竿をあげてみると、驚いたことに尺上のヘラ鮒が釣れてしまった(笑)

ここで、タナが上なのかと感じて竿を交換。

13尺・一本で開始するが、やっぱり魚の気配が感じられない。

そのまま30分経過・・・さらに15分が過ぎてから、浮きのトップが二節馴染んで「ツン」。

これは空振りだったが、すぐにエサを打ち直すと、トップの付け根で止めが入り、フワッと触りながら入って「ムズーッ」と強い決めが。

すかさず合わせると、またまたキロ級の大型ヘラが釣れてしまった(笑)

その後は一枚釣ると気配が消え、また30分くらいしてから一枚釣れるといったペースが続く。

結局、7回アタリを見て5枚ゲットしたが、なんとも情けない釣りで終始してしまった。

参加者の三分の一がオデコという辛い例会ではあったが、まぁ、来月に期待しましょう。

征峰


《ひとりごと》

例会の数日前に試し釣りに行きました。あまりにも状態が悪く、「これはヤバイな」と感じていたけれど、残念ながらそのとおりになってしまいました”(-“”-)”
(トシ)


   ※次月例会は4月28日(日)精進湖(はつかり荘)で開催予定です

   ※当会では新入会員、ゲスト参加を募っています(当日受付可)。

〔例会スナップ〕









クラブ征峰2002 平成31年度例会予定と結果

月日 釣り場 本部 優勝者(敬称略)
1月27日 富里乃堰(初釣り懇親会&新年総会) 管理事務所
2月24日 富里乃堰 管理事務所 正木 義貴
3月31日 豊英湖 児島 浩
4月28日 精進湖 はつかり荘
5月26日 千代田湖 千和
6月30日 三名湖 光月
7月28日 西湖 青木ヶ原
8月25日 精進湖 はつかり荘
9月29日 三名湖 光月
10月27日 三島湖 房総ロッジ
11月24日 富里乃堰 管理事務所


トップページに戻る