クラブ 征峰  2002   かわら版
 

4月例会【精進湖】4月28日(日)天気:晴れ・強風  参加:20名

順位 氏名(敬称略) 釣果(s) 場所 その他
優 勝 瀬田 裕二  8.4 藤蔵ロープ 18尺・底 グルテンセット
2 位 吉田 晴久  5.8 中の湖 15尺・底 グルテンセット
3 位 赤川 治ヱ  5.8 中の湖 15尺・底 グルテンセット
4 位 石井 明舟  5.5 藤蔵ロープ 18尺・底 グルテンセット
5 位 正木 義貴  4.4 大割ロープ 17尺・天宙 力玉セット

上位3名
上位3名

《優勝者データ》
場所:藤蔵ロープ
 竿:18尺
タナ:底
ウキ:「大祐」底4番
道糸:「バリバス」プロバージョンV 0.8号
ハリス:プロバージョンV 0.4号(40と50cm)
ハリ:上・グラン4号 下グラン3号
エサ:「底釣り」2.5、「ミッド」1.2、「軽いペレット」0.5を水1.2で溶く。食わせは「やわグル」標準作り

【コメント】
「波風が強くて非常に釣りにくい一日だった。テンポよくエサを打ち返してウキの馴み際に現れる変化形のアタリに集中した。枚数は25枚。午前11時までの釣りでした。」

【例会後記】

平成最後の月例会を精進湖で開催。

北風が強く、早朝の気温も氷点下2度で、超寒い((+_+))

舟宿・はつかり荘のオヤジさんの話では「大割ロープでの底釣りが面白い」とのことだったので迷わず入った。

 竿:21尺
ウキ:「征峰」プロトタイプPC 7番
道糸:「バリバス」見える道糸1.0号
ハリス:「バリバス」プロバージョV 0.4号(20と70p)
ハリ:上・グラン5号 下・グランスリム4号

21尺竿を継いで底立てを試みるが地底にはまったくとどかない。

ボートを少しずつズラしながら周辺の底を計っても地底には着かないため、宙釣りに変更することにした。

底釣り用に作ったエサを一度も使わないまま作り直し。

「バラケC」3、「ダンゴB」2、「グルダンゴ」2に水1.2のボソタッチ。

食わせは「やわグル」1、「セットグルテン」1に水2強のチョッピリ硬め。

北風が強く吹く中で、いっこうに魚の気配が感じられないまま2時間が経過。

周りでも誰一人竿を絞る人がいない。

誰も釣れてない”(-“”-)” 寒いし、釣れないし、状況は最悪。

底釣りができない。深宙でもアタらないので、竿を15尺に替えてみた。

同時にエサも作り直す。バラケさせても無意味なように感じたため、「ベーシック、バラケC、グルダンゴ」を配合したネバタッチに変更。

食わせエサも即席うどんを作ってみた。

竿を替えてから20分が経過。

風の勢いは止まず、諦めムードが漂う雰囲気の中でいきなりウキが「ズドン!」と消し込まれた。

本日の一枚目は「釣った」といった感じはまったくなし。そして・・・当然のように、その後はアタリなし・・・。

一枚釣れちゃってから一時間が経過。

その頃になってようやく風の勢いが弱まったものの状態は変わらず。

敢え無く、撃沈ん納竿となった。ガッカリです(*_*)

征峰


《ひとりごと》

平成最後の例会で優勝できて嬉しいです。この勢いで令和の初例会も私が頂きます。
(瀬田)


当日に聞く情報は「何処も良くない」ばかり。なので、風の影響を避けられそうな中の湖に会友4人で入った。 赤川さん、吉田さんは釣れるのに、僕と堀江さんは・・・。千代田子も厳しそうですが、頑張ります!
(トシ)


   ※次月例会は5月26日(日)千代田湖(千和)で開催予定です

   ※当会では新入会員、ゲスト参加を募っています(当日受付可)。

〔例会スナップ〕









クラブ征峰2002 平成31年度例会予定と結果

月日 釣り場 本部 優勝者(敬称略)
1月27日 富里乃堰(初釣り懇親会&新年総会) 管理事務所
2月24日 富里乃堰 管理事務所 正木 義貴
3月31日 豊英湖 児島 浩
4月28日 精進湖 はつかり荘 瀬田 裕二
5月26日 千代田湖 千和
6月30日 三名湖 光月
7月28日 西湖 青木ヶ原
8月25日 精進湖 はつかり荘
9月29日 三名湖 光月
10月27日 三島湖 房総ロッジ
11月24日 富里乃堰 管理事務所


トップページに戻る