HOME / 戻る

2009年2月


ドキシル承認へ!


毎日新聞(毎日jp)1/29付 卵巣がん:抗がん剤「ドキシル」承認へ
第1関門突破です(^0^)v あとは3月の薬事分科会を通れば正式承認の見通し。

個人的には体調も大事は無くボチボチな感じなんですが、何しろまだまだ元通りの体力ではなさげなんで(元々体力ないヤツだって話もありますが^^;;)、仕事のペースが思うようにいかずで、ブログ更新がままなりません。すみません(>_<)
そんなに大量の仕事を受けてるわけじゃないんですけどね;

とりあえず、1月の腫瘍マーカーも12月よりさらに、少しですけど下がってました♪
そして、化学治療も全6クールまで残り2回。第5クールが来週月曜です。
また改めて書きますね〜
2009年02月05日(木)


とりあえず近況

少々ご無沙汰してすいません〜元気に生きております(^^;ゞ

2/9に化学治療第5クールのあと、副作用に少々やられ気味だったけど、それなりに仕事も家事もやってて落ち着いて文章を書く時間がなかったもので。m(_ _)m

しかし、第2〜3クール辺りは、副作用がこの程度なら楽勝かな〜などと思ってたのですが、回を重ねてみるとその度に微妙に予想通りの体調具合にはならず。
むか〜しの抗がん剤治療より今は良くなっているとは言うものの、なめちゃいかんなぁと思った次第。

それでも、その体調の悪さも、原因も対処もわかっているものだし、やり過ごせば治まるものなのでいいんですけどね。
今回は、2日ほどグッタリ寝てたのを含めて数日間は調子悪かったですが、それが過ぎたらケロッと復活。今日も仕事の打ち合わせに外出してたりしました(^^)v
今度からもう少しマメに、簡単な近況でも書くようにしたいと思います。

それにしても、今回の副作用で一番ウザ!と思ったのは味覚障害でした。
グッタリ寝ていたその2日間でも、私の場合は食欲は落ちず律儀に朝昼晩とお腹が鳴りそうなほど空腹になるのですが、何しろ舌が部分的に痺れていて味覚が鈍く、何を食べても妙〜にうす甘く感じるのですよ。
最初から甘い食べ物ならまだマシだけど、普通の食事が口に入れるとキモチワルイので、お腹が空いているのに食べる気力が失せるという悲しい状況に(T^T)

まあ数日のことなので、少食(=空腹気味)のまま何とか乗り切りましたが、今思えばバナナとかウィダーインゼリーとかを補助食にすればよかったかなぁ。

何にしても、かなり比較的に副作用は軽い方なので、あまりグチグチは言えません(^^;;;
2009年02月16日(月)


病気になって知った常識?の間違い(1)

常識というか、ありがちな思い込みだったりもしますが
けっこう同じことを思っていた人っていると思います。

大してすごい事でも、たくさんあるわけでもないけど、思い付いた時に書いてみようかと思います。
その第一弾。

●髪の毛が抜けるのは放射線かと思ってた。→抗がん剤ってどんな薬。

がんの治療って、放射線治療ってのがあるから放射能で髪の毛が抜けるのかと・・・。
って、自分が治療を受けるようになるまでは私も思ってました。しかし、がんの治療で脱毛したという話は抗がん剤の場合が多いのです。

抗がん剤には種類がたくさんあって、がんの種類ごとに違う薬だったりもしますが、殆どは点滴薬または経口薬(飲み薬)です。

実は抗がん剤というものは、悪い細胞を狙ってやっつけるのではなく、がんの特徴である「異常増殖する細胞」という性質を狙って攻撃するのです。
残念ながら、悪い細胞・良い細胞という認識をしてくれないのです。

で、人間の体には、がんではなくても細胞分裂が活発なところがたくさんあるので、そこが攻撃されるというわけ。
つまり、代表的なのが毛根や爪、血液細胞を作る骨髄、等々。で、脱毛や爪の黒ずみ・各種血球の減少。
他にも粘膜とかも攻撃されるので、口内炎が出来たり、胃腸粘膜がやられれば吐き気や便秘または下痢。

個人的に吐き気が一番イヤなんですが、幸い近年になって出てきたという吐き気止めの薬があって、(私は)その薬が効いてるようで、吐き気は避けられています。
しかし、脱毛の対策は昔と変わらず医療用カツラや帽子が現状ですね。

私個人は(シツコイ^^;)、人格が女性らしくないせいか、治療が終わればまた生えて来るものだからと、脱毛は全く気にしてません(^^ゞ
ああ、通勤や接客のない仕事だからということもありますねぇ。

参考≫抗がん剤の種類と副作用

2009年02月17日(火)


病気になって知った常識?の間違い(2)

●婦人科のがんは切れば治る。→そんな簡単なものじゃない。

というか、私は、手術が終わった時点でドクターが
「残念ながら悪性でしたので、念のため化学治療をしましょう」と言った時ですら
内心「え?残念ながらってどゆこと? だって悪性でも、それはもう切除してくれたからOKなんじゃないの? 話し方に気を遣うんだなぁ、この先生。別に私は悪性って言葉は平気なのに」などと呑気に捉えてました。

ずっと以前から、なぜか、なぜだろう。婦人科系にがんができても、他の臓器とは繋がってない(?)から、切除してしまえば簡単に治るよ大丈夫って、どこかで聞いて思い込んでいた。
周りの人々もほとんどそう言ってた気がする。消化器系の方が大変だよって。
(子供が欲しい人にとって悲劇となるのは別として、命は簡単に助かるし完治すると…)

ところが。
少なくとも私が罹った卵巣がんは、私個人の場合というわけではなく卵巣がんというものが再発率が高いがんであって、他のがんでは最初の目標とされる5年とか、完治とされる8年とかも関係なく、「一生付き合うもの」なのです。
後に担当の先生にもはっきりそう言われました。

そもそも、婦人科系の臓器は独立なんかしてませんし。
お腹の中で腸や膀胱や腹膜とかと近接してるので、消化器系みたいに直接繋がってなくたって、増殖した悪い細胞はまずその辺に散らばるんですね。
私の場合も腸の外側に転移してたし、腹膜に転移するケースもあります。

そうなると、いくら切除したと言っても、それは肉眼で見える範囲であって、顕微鏡レベルの悪い細胞は残っていたりして厄介なわけです。

「がんも治る時代だ」なんて、お気楽に一括りに考えちゃイケナイんですよ〜そんな簡単なものじゃない。

とにっかく繰り返しますが、2人に1人はがんに罹ります。
そして、どんながんでも早期発見がキモです。

しかし、それにしては、子宮がんは細胞診があるからいいけど、市の検診での卵巣の確認が触診だけってのは、どうなのよ。
私の卵巣は10センチにも腫れ上がってたのに、2人のベテランドクターが「触診では分からなかった」と仰った。ゆるい水風船みたいなものでしたからね。仰向けに寝ればお腹も出ず、固くもなかった。
自治体の婦人科検診に是非!超音波検査を含めてほしいものです。

気になる人は、エコーで見て下さいと頼みましょう。



ほぼ復活♪

第5クール10日目。まぁ大抵いつも7日過ぎればほぼ復活ですが
やはり毎度、微妙に副作用の出方は違いますね。

先月に続いて、少々長めの体調不良期間でした。治療の回数を重ねるごとに副作用は強くなるのかなぁとか思ったりですが、必ずしもそういうわけでもなさげな?
はっきり大きな傾向があるわけでもないですから。

各クールごとの細かい経過は、また別口に具体的に書こうと思っています。


さて、先月までの腫瘍マーカーの数値です。

(種類):(11月)→(12月)→(1月):[基準値]
CA19-9:2.0→1.2→<1.0:[37.0以下]
CA125:26.2→21.2→12.1:[35.0以下]
SLX:46→38→27:[38.0以下]

ということで、ようやく全て基準値以下となりました(^0^)v

まあ、実は明後日に外来で次の血液検査があって、白血球とかはすぐ分かるけど、マーカーの結果は来週以降でして、もしどれか微妙にでも上がってたら凹むのかもしれないなぁ…w
もう一生、検査の度に結果が出るまでドキドキ、その結果にいちいち心は揺れ動くわけです。なるようにしかならないし、なるようになれ!ではあるんですが(^^ゞ

で、昨日から元気なのに家に閉じこもって仕事と家事に励んでいます。
忙しいからではなく、白血球の数字がわかるまで人混みに出られないからです。
化療後7日目〜14日目くらいが危険期間なので、スーパーでの買い物もできまへん。
そろそろ野菜が減ってきた〜冷凍のミックスベジとか缶詰のビーンズとか開けるかな…避難生活っぽくなってきた!?(^^;)W



血液検査

雨の中行って来ました。
しっかり着込んでマスクがっちりで行きましたが、採血の後に行った待合室は混んでて、案の定、風邪ひきさんがいっぱいいますよ。怖。

そういう人から離れるべく、うろうろと席を替えながらの待ち時間。
いつもより長い気がするのはマーフィーの法則とかか〜?(^^;;;

まあ、30分程度だったと思うけど、ようやく呼ばれて診察室へ。
結果はやはり、白血球1680と2000を切っていたので、毎度のグラン7.5注射1本。あと明日もう1本の予約。

今回どういうわけか、数字を見た時に先生が「どうしますかね〜」とか言うので、え?と思って、すぐに「注射ですよね。お願いします」と言ったけど、迷うような数字なんだろかー( ̄◇ ̄;)

そりゃ本来は自然に上がるのを待つ方がいいのかも?だけど、とっとと上げてくれた方が早く外出できるし!生野菜や生果物や刺身や寿司とか!!(いや別にお寿司は毎日なくてもいいけど^^;)とにかく生ものがお預けなのは意外と辛いのです。
注射の数千円とか、たまにその副作用で背骨痛が起こるのくらいガマンできるし!

というわけで、無事注射をしてもらうことになったので、明日2本目を打ってもらったら1〜2日待ってスーパーに買い出しに行くゾー待ち遠しい(w

さて、今回はその他に気になっていた微妙な出血が、果たして肉芽なのかどうか内診してもらいました。
肉芽の可能性が高いでしょうねと言われていたけど、実際は肉芽というより中の縫い目(子宮を切り取った後の切り口)の端の方の糸(用がなくなれば自然に消えるヤツ)がまだ残っていて、つまりキズが完全には治ってないからだったらしい。

「放っておいて自然に治るものですか」と聞くと「はい」
気にするようなものじゃないらしいけど、数日置きに少量とは言え血の固まり(生理のような粘液質)が出るのは気分よくない。長くかかるんだなぁ。もう4ヶ月経ってますよ。
あと、今回念のためなのか細胞診の検体を採ったのも、また結果が出るまで精神的にちょっとザワザワ。

まあいっか。(実はそれほど気にしてない。何かあったらあった時のこと)
それより、早く買い物とウォーキングに出たいです〜☆



背骨痛

前回あんなこと言ってたら、キタ〜・・・背骨痛☆
まぁ、それほど酷くはなかったんですが。

注射2本目を打ってもらった日に何となく背中がギクギクとする違和感があったので、もしかして〜と思っていたら、翌日きました(*-*;)
一応、ロキソニン(痛み止め)は飲みましたが大して効かず。
でも、普通に立って動いてる分には何ともなく、腰を曲げたり座ったり、つまり背骨を曲げると痛むようです。
特にトイレに座ってがんばってる時にズキズキっとくる(^"^;;;ヒィ
あと、洗面所で顔を洗う時も辛かったかな。

それでも、以前痛んだ時ほどではなく2日でケロッと治りましたが、前回の時はぎっくり腰でもやったか!?というような痛みで、しかも当時は原因が分からず慌てて病院に電話したりして。
夕方だったので既に外来は閉まってて、病棟の当直にも担当の先生がおらず、婦人科の別の先生だったけど、状況を話したらカルテを見ながら「多分」と教えてくれたのが、グラン注射で背骨痛が起こることが結構な頻度であるということでした。

その時は微熱まで出て、治るまで4日ほどかかったけど、今回はそこまででもなかったし、原因は分かってたので大騒ぎせずにすみました(;^^A
けど、今まで5回のうち痛みがきたのは2回か…まあ、やっぱ楽な方かもですね。

そして、これで白血球が増えてるはず〜とばかりに買い物に出てしまいました(^0^;
もちろん、しっかりがっちりマスクして、スーパーにはなるべく人の少ない時間に行きましたけどね(^^*ゞ


白血球確認ほか

先週の注射後の確認の血液検査に外来行って来ました。
(東京は朝から雪降ってさむっっ。。)

それとマーカーと細胞診ですが、結果、全てOKでホッ。

白血球:3560(Neut 48.0%)
最初の頃は4000台まで戻ってたんだけど、なんかここのとこ少なめな…やはり化療の回数が進むとこうなるのかな…。ともあれ先生は「いいでしょう」

腫瘍マーカー
CA19-9:<1.0(→)
CA125:9.0(↓)
SLX:27(→)
CA125以外は下げ止まりかな。

細胞診:問題無し

で、次の(最後の)化療入院の予約。今月と同じく8日入院9日化療となりました。
ようやく前回と同じ曜日になりましたが、同じ人には会えないかもね。毎度一泊だしねぇ。

あと、次で最後かと思うと不安感が微妙にじわじわと膨らんできます。
ここまでは幸いと「治っていく」(と見える)方向にきてるので、精神的にもそれほど色々気にせず前向きに毎日やれてましたが、予定の化療が終わると、つまり「治療」がなくなって後は「いつ再発するか」を見張るわけなので。。。

別にこれから放置するわけじゃないんだけど、「治療」が続いてる方が安心感はありましたからね。
そんなこんなで、ほんのちょっとの体の異状や違和感も、「あとで大きな事態に繋がるんじゃないか」なんてすぐに考えてしまう今日この頃です。

実際、今、細かいこと色々気になることはあるんだけど、いちいちキリがないので省略(^^ゞ
とりあえず、今日明日に問題があるわけじゃないので、今やるべきことに集中しよう。
こんなこと言いながら、実はそれでも結構元気ですからw