アダンの芽 てんぷらー

アダンと言えば沖縄の海岸地帯にまるでパイナップルのような姿で
実がなっている、一瞬美味そうに見えるが食べれた物ではないらしい。
確かヤシガニの好物と聞いたが実のほうは食べれなくとも
芽は食用になるらしい。
ただ、アクが強い食物なのであく抜きはしっかりした方がよいようだ。



WEBで調べると米の研ぎ汁で煮るとよいらしい。
と言うことで2回米の研ぎ汁で湯でこぼして
最後に酒を加えた水から茹でてから水に放ちあく抜きを終了した。

沖縄のてんぷらーは天ぷらとは異なりぽってり衣が厚い。
フリッターに近いかもしれない。
分量は卵と水が同量、小麦粉に塩を加えて
衣に味を付けておく。

後は普通の天ぷらと同様、170度程度の油で揚げて出来上がり。



ゴーヤのてんぷらーを添えてみた。


閉じる