トピックス110号 04/05/07発行

クアドリガ・スーパーファンドC発売情報

S&Pで最高の五つ星評価を得ているAG,HF,そしてGCT(USD)というファンドを運用しているクアドリガ社。
そのクアドリガ社からターゲットリターン年率60%という我々日本人には想像できないようなファンドが出るという情報。
その名前は「クアドリガ・スーパーファンドC」。
このファンドは知る人ぞ知る年率69.9%の運用実績を誇る「クアドリガ・スーパファンド・ケイマン」と基本的に運用のやり方は同じだ。
「クアドリガ・スーパーファンド・ケイマン」(この名前を聞いたことのある方はかなりの情報通かも?)が何故「知る人ぞ知る」 ファンドだったかといえば、最低投資金額が200万米ドルであったため、実質的には投資不可能であったからだ。
それに対して今度出る「クアドリガ・スーパーファンドC」は10万米ドルから投資可能とのこと。
それでも決して小さくない額だが、大変魅力的なファンドであることは間違いない。
但し、運用のブレは半端ではないので、あくまで余裕資金の中で積極運用をお考えでなければ、投資はお薦めできない。
このファンドは自分年金クラブでは一切扱っておりません。
ロイヤル資産クラブ(Tel:03−3291−7291)でのみ情報提供、投資アドバイスを行っている。
なお、詳細がわかるのは5月下旬とのことだ。
上記記事は浅井情報ネットワークNEWSFLASHより掲載しています。
この手のファンドは発売口数が少ないからすぐに募集締め切りになる可能性があります。
興味のおありの方は早めにアクションを取られた方が良いかもしれません。


情報に興味のある方は下記バナーをクリックして下さい。他にも沢山の情報が満載です。