トピックス115号 04/07/25発行

米大統領、ケリー氏なら劇的な円高・ドル安か?

米経済情報サービス大手ブルームバーグによれば、オランダ最大の銀行、ABNアムロ・ホールディング は7月13日、ジョン・ケリー米民主党上院議員が11月の米大統領選挙で勝利した場合は、ドルは円などのアジア通貨に 対して下落するとの見方を示したとのこと。
ABNアムロのシニア通貨ストラテジスト、グレッグ・アンダーソン氏は、民主党大統領候補に確定しているケリー議員 と副大統領候補のジョン・エドワーズ上院議員がアジアの中央銀行による自国通貨安政策に反対する可能性があるため、 「勝利すれば、ケリー政権誕生後はアジア通貨が対ドルでかなり劇的に上昇するだろう」と述べた。
ABNアムロは、3ヵ月後の対円相場見通しについては1ドル=107円、半年後は105円、1年後に至っては102円という円高 水準を予想した。
米マスコミの調査によれば、現在ケリー氏は若干ブッシュ大統領をリードしている模様。
今後の為替動向を予想する上で、大統領選挙の行方からは目が離せない。
上記は浅井情報トレンドレポートNEWS FLASHより掲載しています。


情報に興味のある方は下記バナーをクリックして下さい。他にも沢山の情報が満載です。