トピックス128号 05/02/08発行

円高は今年がピークか?

これまで円高(正確に言うとドルの一人安)が進んできたが、いよいよ来年以降 (遅ければ2007年以降)本格的な円安がスタートする可能性が高まってきた。
もちろん、年内は今の水準(102〜103円)からみてもう少し円高・ドル安があるかもしれないが、 今の水準で米ドルまたはその他の外貨を買っておいても(あるいは外貨建てのファンドを買っておいても) 5年後、10年後にはかなりの利益が出ていることだろう。
というのも、日本の財政赤字はいよいよ限界に近づいており、2007年以降国債の暴落、金利の急上昇、 円安の加速、インフレのスタートという様々な出来事が始まるからだ。
もはや、円資産から外貨建てのファンド等に移行することは投資ではなく、財産を守るための最低限度の防衛行動である。
10年後の2015年には、少なくとも150円以上の円安(おそらく実際には200円以上の円安)となっている可能性が高い。
上記は浅井情報ネットワークのNEWS FLASHより掲載しています。
なお、為替動向に興味のある方は為替の神様と言われる若林栄四氏の講演が3月18日東京FMホールで開催されるので、 どうぞ。

 


情報に興味のある方は下記バナーをクリックして下さい。他にも沢山の情報が満載です。