TOPICS CORNER 製作担当 河井 継之介

トピックス19号 01/12/11発行

円/ドルは127円が重要な節目

浅井 隆先生とところから NEWS FLASHできた情報を掲載しておきますので参照してください。
実は私もドルに換える タイミングを見かねているところです。もう一度115円くらいが来るかなって気もしているのですが ・・・
[先日のテロ時における円高ドル安=1ドル116円を境に、一気に円安が進んでいるが、 チャート上は127円が重大な節目である。
これを超えるようであれば、一気に150円まで円安 が進む可能性が高い]以上です。
当然ですが、これは情報ですから、混乱期に行動する時は 情報をキャッチしながら、最後に頼りになるのは「自分の感性と嗅覚です」。
これらと照ら し合わせて決定してください。
蛇足になりますが、 何のためにドルに換えるのかの焦点をはっきりさせておか ないと悔いがでるのではないでしょうか?
今換えれば126円くらいです。このような、まさかが頻発するご時世です。
またひょっとする と115円になるかも知れません。すると11円損したなってことになります。
しかし、5 年、10年先のために換えるのであれば、その頃には150円から200円近くになっているでしょ う。
何処に焦点をあてるかで、今の11円損とどちらがと言うことに為ります。超短期的な見地から見るのか(だいたいの日本人はこの部類)、 中長期的な見地(欧米のタイプ)から見るのかによって、行動パターンもまた変わってきます。
人間は欲どい 動物です。でも、あまりに小さな点に拘りすぎると、ババを引きかねません。
ほどほどがベタ ーではないでしょうか?
[米ムーディーズがレポート「邦銀の不良債権問題、自力解決は不可能」]浅井先生のNEWS FLASHより掲載。

米格付け会社大手ムーディーズは、このほど、日本の銀行が不良債権問題を自力で早期解決するのは実質的に不可能だとするレポートをまとめた。レポートは銀行が抱える不良債権問題を解決するための条件として、民需主導の景気回復を通したデフレ圧力の緩和などの条件を挙げた上で、それらの諸条件を「邦銀が背負うにはあまりに大きすぎる」。
銀行に努力をする意欲があったとしても問題は解決しないと結論付けている。
1997年を上回る金融危機にみまわれる危険性も出てきた。との情報あり。