TOPICS CORNER 製作担当 飯田 伸也

トピックス45号 02/08/28発行

海外口座はこうして開く

金融不安下にある日本、まさかの状態が起こった時、なけなしのゼニを安全な場所に 移したいと思うのは、誰でも同じ。
どこに移せばよいのか。
格付けから見ても、海外の銀行の方が邦銀より上だ。
しかし、残念ながら英語が話せない、聞き取れない、諦めざるを得ないか。
そこで、日本インベストメント・リサーチ(電話03−3291−7291)のロイヤル資産クラブからのとっておきのレポートを掲載しますので、ご参照ください。
ご不明の点があれば日本インベストメント・ リサーチの稲田さんにお聞きください。
海外口座にも色々な種類があり、メリットもデメリットもあります。
十分検討して決めるべきのようです。
実際、「海外に口座を開設したが、言葉が通じず、そのお金をファンドに送金する仕方がわからない 。
その銀行の日本の支店に問い合わせてみたが、何もしてくれない」というようなことが少なくない。
また、外資系銀行の動きは日本の常識では考えられないくらいドライでドラスティックですから、口座開設当初は日本人担当者がいたのに、
その後いなくなってしまったとか、
突然、口座閉鎖通知が 届いたなどのケースさえある。
勿論、預金事態が消滅するようなことはありません。
日本の常識は世界の非常識をよく肝に銘じてとりかかる必要ありや。
比較的簡単に、口座開設が可能な一般の口座について、以下のものがあります。
1.日本にある銀行から海外の支店、または本店へ口座開設を行う
  @シティバンク
  A東京三菱銀行経由ユニオン・バンク・オブ・カリフォルニア
2.直接海外にて口座開設を行う
  @ロイアル資産クラブ主催のシンガポール金融ツアーに参加されて現地で口座開設
  A第二海援隊(電話03-3291-6106)主催のニュージランドツアーに参加されて現地で口座開設
3.日本にいながら海外の銀行と直接やり取りを行い、口座開設を行うやり取りを自分で行う
口座開設に当たっては、以下のポイントを確認しましょう。
@その銀行の格付けはどうか
A口座開設及びその後のやり取りが日本語で可能かどうか
B何処の国に口座開設するのか、預金保険等その国の法律はどうなっているのか
C預金が出来る通貨の種類はどうか
D最低預け入れ額はいくらか
1の@シティバンク。日本で口座を開設してからですが、1000万円以上預金をすればシティ・ゴールドとなりかなり綿密な相談ができます。

1A東京三菱銀行経由ユニオン・バンク・オブ・カリフォルニア
日本の大手銀行の中では最も信頼度の高い東京三菱銀行。
その東京三菱銀行経由でアメリカのユニオン・バンク・オブ・カリフォルニアの口座を作ることができます。
この銀行の格付けは、東京三菱より高く、A-(東京三菱はBBB+)。
最低預入額も普通預金に当たるSAVING ACCOUNTの場合で1,000米ドルと低く、また米国預金保険の対象として10万米ドルまで保護されます。
口座開設に必要な書類は東京三菱銀行スーパーダイヤル(0120-508-639)で取り寄せでき、アフターケアも 日本語で可能です。
但し、口座開設条件は、東京三菱に総合口座を持っていること、DCカードを利用すること。
手続きから口座開設まで約1ヵ月と日にちがかかります。
2@ロイアル資産クラブ主催のシンガポール金融視察ツアーに参加されて現地で口座開設(一番確実に口座開設ができ簡単です。)
前述したように、海外の銀行は日本の銀行と違い動きが非常にドラスティックです。
特に、シンガポールはここ数年銀行の統合が進み、1999年には9行あったシンガポール資本の銀行が今は3行しかありません。
そうした統合に伴って口座開設のルールも変ってきています。
しかし、格付けが高く、日本人のいる銀行の条件に適うところはあります。
それはシティバンクのシンガポール支店です。
シティバンクの格付けはAA。
比較的簡単に口座開設可能なのは、シティゴールドとシティブルーの口座です。
当然ゴールドとブルーのサービス内容は違います。
シティゴールドの場合、最低預入額は15万米ドル必要です(以前は10万米ドル)。
シティブルーは2万米ドルから可能です。
但し、定期預金をされる場合は最低5万米ドルは必要です。
米ドル口座にリンクしているキャッシュカードが発行されます。
このキャッシュカードで、アメリカではドルで、EU圏ではユーロでATMから引き出せます。
日本では郵便局、大半の銀行のATMから円で引き出せ、財布代わりに利用できます。
用事があればいつでも001-65-328-8028に電話、日本女性が電話口に出て用件を伝えられます。
クレジットカードの発行も可能です。
2A第二海援隊主催のニュージランドツアーに参加されて現地に口座開設
希望される方は現地のオーストラリア・ニュージランド銀行(ANZ)で口座開設が可能です。
ANZも格付けは高くAA-。
定期預金の最低預入額は5,000NZドル(約30万円)とお手頃。
第二海援隊ルートですと、為替手数料も優遇レートが適用されます。
(為替手数料は日本の銀行より1NZドル当たり1円以上お得)
3 日本にいながら海外の銀行と直接やりとりを行い口座開設
これについては、実際の挑戦記です。次回に開催します。