トピックス90号 03/09/02発行

Man社・Quadriga社ファンド情報

以前にロイヤル資産クラブから近日発売の情報が入っておりました Man社・クアドリガ社の新しいファンドの募集開始が決定しました。
一つ目は、Man社から新しい元本確保型ファンドが発売。
名前は「Man Global Strategies Diversified Ltd」。
この不アンドは米ドル・ユーロ両方での投資が可能。
年率は共に13〜15%がターゲットリターンで、満期は12年半とのこと。
満期時の元本確保はもちろん、その間の、より安定性を高めた元本逓増型の 仕組みを取り入れているとのこと。
万一の保険と安定性を共に重視される方には魅力的なファンド。
今までのMan社の元本確保型ファンドと異なる点は、先物分散運用の比率が下がっている点。
先物分散の他、裁定運用、株式ヘッジなど様々な運用戦略を用いている。
募集期間は8月25日〜10月3日とのこと。
二つ目は、Man社のファンド「Man Multi-Strategy CH Fund」。
このファンドは10,000ユーロ(現時点128万円強、1ユーロ=128.23円)からと小口で投資可能な点が特徴。
運用は、ADPでご存知の先物分散運用に加えて、イベントドリブン・株式ヘッジ・裁定運用など、広範囲に分散されている。
既存のファンドでこれとほぼ同じ運用を行う「Man Multi-Strategy Guaranted Ltd」は、このファンドの運用期間 2000年7月15日〜2003年7月31日までのトータルの収益率は46.5%で、年率複利収益率でみると13.2%となっている。
また上下するタイミングはご存知ADPと似ているが、上下のブレ幅はADPより小さくなっている。
ADPより収益率を抑え、その代わりに安定感を増したファンドと言えるが、マリンよりは安定感で劣る。
小口でユーロ建てでの投資を検討されている方には、魅力的なファンド。
但し、ユーロ建て投資における為替リスクには注意が必要。(1ユーロ139円までいき、現在は下降傾向126円から128円のレンジだが?)
三つ目は、Quadriga社から140%元本確保型ファンド発売
名前は「QUADRIGA SUPERFUND GARANT W」。
米ドル建てとユーロ建てがあり、それぞれの最低投資額が15,000米ドル(現時点約176万円、1ドル=116.71円)。
15,000ユーロ(現時点約192万円、1ユーロ=128.25円)と小額から投資可能なのが特徴。
年率ターゲットリターンは10〜12%で、一方ブレを抑えた設計になっているとのこと・
Quadriga社のファンドとしてはかなりおとなしい印象。
満期はそれぞれ14年で、その満期に元本の140%が確保される。
また、7年持てば元本100%が確保される設計になっているとのことで、その点も魅力的。
募集期間は8月25日〜9月30日。
上記についてご関心のある方は(株)日本インベストメント・リサーチ(電話03-3291-7291)稲田様・稲垣様・林様迄ご連絡下さい。
なおシンガポールのファンド事務エージェントをご存知の方は、直接連絡を取られた方がよろしいでしょう。