〜ここにはALSと闘う生々しいエピソードが記されています。
  発病から気管切開まで、そして貴重な臨死体験を綴った大作、必見です。

気管切開(1) 私の臨死体験
気管切開(2)
気管切開(3)

ALSと云う病気は
本人が気が付かない内に静かに進行して行く。
現在、呼吸は全く出来ない。
機械に頼って生きている。

3年後、病気がどの程度進むか不安でたまらないが、
たった一度の人生だ、
希望を棄てないで、頑張って生き抜くよ。


[短歌の部屋] [俳句の部屋]