2005年 No.41


いよいよ梅雨に入りました。今日のような小糠雨だと鹿野山の木々も
しっとりと潤いを含み、静寂さだけが漂っています。
山道のアジサイも心休めてくれて、静かな雨は嬉しいものです。

informationもどうぞご覧下さい。。。↓


青梅も収穫の時を迎えました。梅酒、梅ジュース、梅シロップ、熟した梅は梅干し
にと,造る楽しみを恒例となさっている方も多いでしょうね
はぎのさと
では毎年 料理用寿光泉酵素 を使って 梅酵素 を作っています。
 作り方は、簡単です。皆様もお試しになりませんか?
  
準備するもの・・・青梅。料理用寿光泉酵素。果実酒用広口ビン。
  作り方・・・新鮮な青梅を塩水でよく洗い、ヘタを取り外し、水分をふき取りビンに
        入れます。梅が2分の1かぶる程度に料理寿光泉酵素を注ぎこみます
        後は、小さな穴をあけたラップでフタをするだけです。
  保管場所・・・7〜10日冷暗所
   2〜3日もすると梅が段々と浮き上がってきます。醗酵が進んでいるのです。
   10日過ぎますと梅のエキスが抽出され梅酵素のできあがりです。梅酵素は
   別の容器に移し替えて冷蔵庫に保存して下さい。梅も美味しくいただけます。
  飲み方・・・水で割って下さい。
  
効用・・・血液をサラサラにして細菌の侵入を防ぎます。高血圧、高コレスレロー        ル、体力減退の方、整腸にも最高の飲み物です。夏バテ予防にも最強の味方です。
  
  ここ何年か作られ飲まれているお客様から、風邪知らず、夏ばて知らずの
  調子良さで喜ばれています。

 
  
初めての方も簡単です。どうぞチャンスを見過ごさず試して下さい。

    料理用寿光泉酵素の問い合わせは、はぎのさと
      電話0439-37-3726 Eメールhaginosato@mta.biglobe.ne.jp


お部屋情報・・・6月20日から1週間オガクズ取替えの為休館とします。
  7月から真新しいオガクズの酵素風呂でお客様をお迎えいたします。
  夏休みのご予定に 体内大掃除 断食を考え中の方お早めにご連絡下さいませ
  すぐに満室となります。
INFOMATION

白駒保養所の屋根が北島先生と奥様の
二人三脚でついに完成。
自力で建てる2×4。ご苦労も多いですが
賛助の皆様の期待に応えようと
お二人で精を出されています。
北島Eメールichtaka @mcc.spacetown.ne.jp
に励ましのメッセージを・・・

バックナンバーをどうぞ・・・

BN1BN2BN3BN4BN5BN6BN7BN8BN9BN10BN11BN12
BN13BN14BN15BN16BN17BN18BN19BN20BN21BN22BN23
BN24BN25BN26BN27BN28BN29BN30BN31BN32BN33BN34
BN35BN36BN37BN38BN39BN40


top pageへ / はぎのさとの特徴と施設紹介 / ご利用料金とアクセスマップ /  仲間達へ / Q&A特集 / 質問とご意見


Copyright(C) 2002 haginosato All rights reserved.