はぎのさと ニュース


 2005年 No.46

台風14号が九州地方中心に大暴れした9月の月初めでした。
くっきり現れた台風の目の渦巻きは土砂崩れ、洪水、浸水、
木々、電柱、車、家屋、橋まで押し流し、20数名の人が犠牲になり・・・
大破壊して過ぎ去りました。

そんな状況下にあっての選挙でしたが・・・

informationもどうぞご覧下さい。。。↓


自分は強かった・・・8/21〜9/4の14日かん断食された22歳女性の感想文を紹介しましょう。

私がここに来たには、アトピー性皮膚炎の体質を改善したいという気持ちもありましたが、正直これが一番では

ありませんでした。アトピーが最悪になった(大学時代の自炊生活、コンビニの弁当に頼る事も多かった)2年前

に必死な思いで無農薬、無化学肥料の食事療法を学び、命ある食物を摂れば必ず治るということを学びました。

まずは一切の薬をやめました。リバウンド(好転反応)はとてもひどく、不安になりながらも食事を続けました。

の大切さに気づいたこの2年間は、これまでの20年間よりもずっと意味のある、貴重な時間となりました。人付き
 
合いも遊びも恋愛も楽しい事は全て捨てました。
自分のためにただただ必死でした。

けれど周囲の人には「かわいそう」と言われ 家族でさえも私のことを本当の意味で理解せず、周りに社会の流

れに合 わさせようとするのです。
何でも食べられない私は、現代社会に適応出来ないことが負い目になってい

ました。自分自身のためにやってることなのに、頭では理解しているのに苦しんでいる自分がいました。

そのような状況でこれから自分がどのように生きたいのか、自分の気持ちさえ見えなくなっていました。

そんな時雑誌「マクロビオティク」で知った「はぎのさと」へ一人で行って、断食をしながら自分自身と向き合っ

て自分の心の声が聞こえるようになりたいな〜と思ったのです。


ここでたくさんの人と出会いました。弱くて情けないと思ってた自分の強さにも気づく事が出来ました。

私は何かに似せようとしていたから苦しかったのです。私は私のままでいいのだな・・・そう思う事が出来

た時心の底から喜びが湧いてきました。・・・。

 ※彼女が合宿中に はぎのさと卒業生の健康談笑の会 があって先輩達と交わる事ができ勇気付けられました。
 なんといっても2年間の生活に拍手喝采のはぎのさとなのです。これからも健康な心身つくりを応援します。




お部屋情報・・・9月の予約も入っていますが、夏バテで疲れた体を断食で休めたい方、お早めにご連絡くださいませ。
          すぐに満室となります。

  
INFOMATION

白駒保養所の屋根が北島先生と奥様の
二人三脚でついに完成。
自力で建てる2×4。ご苦労も多いですが
賛助の皆様の期待に応えようと
お二人で精を出されています。
北島Eメールsirokoma59@ksh.biglobe.ne.jp
(に変わりました
に励ましのメッセージを・・・

バックナンバーをどうぞ・・・

BN1BN2BN3BN4BN5BN6BN7BN8BN9BN10BN11BN12
BN13BN14BN15BN16BN17BN18BN19BN20BN21BN22BN23
BN24BN25BN26BN27BN28BN29BN30BN31BN32BN33BN34
BN35BN36BN37BN38BN39BN40BN41BN42BN43BN44BN45


top pageへ / はぎのさとの特徴と施設紹介 / ご利用料金とアクセスマップ /  仲間達へ / Q&A特集 / 質問とご意見


Copyright(C) 2002 haginosato All rights reserved.