2006年 No54
 
水ぬるむ三月を迎えました。
今日は桜の開花予想が発表されました。例年より1週間早いようですね。
玄関先の 雲竜梅は満開
チューリップの茎も少しずつ伸びていますし
ボケの蕾も少しずつ膨らんでいます。
この時期のボチボチの成長が春を感じさせてくれ嬉しいものですね。

informationもどうぞご覧下さい。。。↓


2月21日から長期断食に取り組まれている男性(30歳)は、とてもがっちりした体格でどこもお悩みは無いように見えますが、2歳のときから喘息に苦しまれていました。
断食の動機に、喘息との決別。30年溜め込んだ体の毒素と頭の中の無意味な知識の排泄。
とあり、その強い意志は入所前に頂いた長いお手紙にも記されていました。
 (仕事も辞め、高級車も処分し、大自然大宇宙の理に添った生き方をするに至った経由なども)
断食2日目から きつい排毒が始まりました。喘息の咳が止むことなく続くのです。
何人も喘息改善者の経過を見ておりますが、辛い山場です。ベッドに寝ることすら出来ないで朝方やっとウトウト。そんな日が続きます。レンコンをすりおろして和らげたり、吸い玉では背中→胸→背中→胸と繰り返して血流を良くしました。しかし咳は体力を奪い、オガ温浴一日一回。勉強会も参加できない状況。しかし常備されている書籍は次々読破。気持ちは前に前にです。
そうこうしながら3月に入りました。体は以前にも増して引き締まり、吸い玉の痕も綺麗になってきました。表情は明るく、停滞気味だった酵素も飲めるようになり、自主学習から北島の学習会に参加出来るようになりました。一番楽しみにしていた学習会です。充実した時間となりますように・・・。
この苦しい好転反応の最中にも、以前は片時も離さないで使用していたステロイド系吸入器・これを使わなかった!! これはご本人にとってすばらしい一歩であり自信となったことでしょう。
あと1週間で、どこまで改善され、どんな感想文を残してくださるか、とても楽しみです。

5日間岡山県から再来のご夫婦の出来事
ご主人様はH15動脈硬化で手術する寸前のところ はぎのさとで断食して改善された経緯があります。 その後も気を付けられてはいましたが、自然に偏った食事をされたのでしょう。来る前にも旅行先でたっぷり食されていたようです。
体は正直です。オガ槽で温まった血液は勢い良く流れ出し・・・アラツ?この先行かないぞ〜??
で軽い血栓症状」が出たのです。奥様とスタッフでオガを流しすぐさま吸い玉療法。そのあと大根湯をどんぶり一杯飲み、麻痺は解消。 五日間でしたが幸運と反省の時間を過ごされました。

お部屋情報・・・3月4月 断食気持ちいい!!料金大サービス期間中に付き予約お早めに。
         このチャンスを見逃すのは惜しいですよ


 
INFOMATION

白駒保養所の屋根が北島先生と奥様の
二人三脚でついに完成。
自力で建てる2×4。ご苦労も多いですが
賛助の皆様の期待に応えようと
お二人で精を出されています。
北島Eメールsirokoma59@ksh.biglobe.ne.jp
(に変わりました
に励ましのメッセージを・・・

バックナンバーをどうぞ・・・

BN1 BN2 BN3 BN4 BN5 BN6 BN7 BN8 BN9 BN10 BN11
BN13 BN14 BN15 BN16 BN17 BN18 BN19 BN20 BN21 BN22 BN23 BN24 BN25 BN26 BN27 BN28 BN29 BN30 BN31 BN32 BN33 BN34 BN35 BN36 BN37 BN38 BN39 BN40 BN41 BN42
BN43 BN44 BN45 BN46 BN47 BN48 BN49 BN50 BN51 BN52BN53



top pageへ / はぎのさとの特徴と施設紹介 / ご利用料金とアクセスマップ /  仲間達へ / Q&A特集 / 質問とご意見


Copyright(C) 2002 haginosato All rights reserved.