トップページ

ホーム・ページのアドレスを https://www.wakeyama-kyousei.com に変更しました。
近日中に全面移行予定です。よろしくお願い申し上げます。新しいホームページは、ここをクリックして下さい。

市役所・下通り・サクラマチ クマモトに近く通院しやすい。

矯正歯科関係の資格はトップページに記載できなくなりましたので、院長略歴をご参照下さい。

現在、診療室内の会計・予約窓口(写真左)と、歯みがきコーナー(写真右)に、感染予防のアクリル板を設置しています。【2020年4月設置】
会計・予約窓口は透明アクリル板です。ビニールシートと違い顔もはっきり見えます。会話時のストレスが少ないように配慮しています。 

新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止のページを必ずご覧ください
職場や学校あるいは同居者に感染者が出た場合、申し訳ございませんが、ご予約の変更をお願いします。
矯正治療について・・矯正治療は、家電製品などの購入とは違います

例えば、家電製品などは、同じ品物なら、どこで買っても品質に差はありません。
それと同じ感覚で、どこで矯正治療しても同じように治ると誤解されている方が多い気がします。
矯正は薬で治すのではなく、術者が手を加えて治しますので、術者の勉強・研修の程度や経験によって治療結果に差があると思って下さい。
矯正以外の科と同じに考えて下さい。
目の病気なら眼科、耳や鼻、喉の病気なら耳鼻咽喉科を受診されると思います。
同じです。歯並びなら矯正歯科医に相談されて下さい。

よくある治療パターン

1.矯正治療が必要と言われた 。
2.すぐ、そこで矯正治療を開始 。

これからの治療パターン

1.矯正治療が必要と言われた 。
2.矯正医選びをする【どこで矯正治療をすべきか、矯正歯科医の経歴・資格・継続的に研鑽しているかなどを調べる】・・・この時点で矯正治療がスタートしていると思ってください。
3.矯正歯科で開業しているクリニックへ初診相談に行く。
4.帰宅後に家族で検討→(そこで良いとなったら、検査予約の電話をする)。
5.検査を受ける。
6.診断結果・治療方針を説明してもらう。
7.(治療方針に納得されてから)矯正治療を開始 。

「面倒くさいじゃん」と思わないで下さい。”矯正医選びも矯正治療のうち”です。歯並びが気になる方は、初診相談だけで終わっても良いですから、ご来院下さい。後で”もっと早く矯正すれば良かった”と後悔されないように。

というのは、自分のにがい経験からです。私は、音痴なので、カラオケが苦手でした。ところが、最近、カラオケ屋で採点したら、平均点に近いではありませんか!!・・上手な人の点数には届きませんが、普通なんだ!!ずっと音痴と思い込んで、人前で歌うのを避けていてもったいない日を過ごしてきたと思いました。音痴の原点は、小学1年生の1学期に、クラス全員の前で歌わされた時に、良く歌えなかったためです。その時から、すごい音痴と思い込んでいたのです。半世紀以上も歌うことに劣等感を持っていて、損をした!

治療後の患者さんは、”もっと早く矯正すれば良かった” と良く言われます。

”音痴と思い込んでいて損をした”と思った私と同じように”歯並びが悪いのをそのままにしておいて損をした”と患者さんも思われたのでしょう。もったいない!悪い噛み合わせをしている患者さんも、矯正治療で良い健康的な歯並びになれます。それからは、歯並びを気にせずに過ごせるのです。当クリニックでは、そのお手伝いをさせていただきます。

 

初診相談時に・・・?と感じること

矯正治療を矯正歯科で開業している所でしないのはなぜ?

 普通の歯科医院(例外がありますが)で行う矯正治療と矯正歯科で開業しているクリニックで行う矯正治療がまるっきり同じと思われている人の多いこと。(「矯正中ですが、セカンドオピニオンをお願いします」と電話予約して来られた方との話で感じました)
なお、申し訳ございませんが、現在はセカンドオピニオンの受付は行っておりません。

八重歯が可愛いというのは、多分世界中で日本限定・・・ガラパゴス島?

 令和になって意識が変わったかな? 現在はCOVID-19のせいで訪日外国人が少ないですが、2019年まで訪日客が多かった時期に、八重歯の人は少なかったと思います。英語の本を見て「yaeba」という語句があるのを知りました。なお、「かわいい」の語源は、「顔映ゆし(かお・はゆし)」みたいです。
googleで、「 ”yaeba” ”Japan" 」 や「 ”yaeba" "Japanese" 」 と検索してみて下さい。
なお、 八重歯を英語では ”high canine"と呼ぶことが多いようです。

最近、取り外し式の装置をつけて、顎を拡げるような治療が増えているような気がします。

 子供の口の中に取り外し式のプレートを入れて、組み込まれているネジでアゴの幅を広げようとされている方が最近多いこと(適応症の場合だといいんですが・・頬と舌のバランスの取れてない所に無理に歯を並べても、治療後はどうなるのでしょうか?)。歯の大きさと歯槽骨の大きさを測って、歯科医からきちんと説明されていればいいんですが・・)。
 歯を抜きたくないのがすべての患者さんの願いです。それを矯正歯科医は分かっています。でも歯を抜かないと治せない場合もあります。本棚に本を置く時、入り切らない時は本棚の上に本を積み重ねると思います。デコボコの歯並びは、小さな本棚(≒顎)に厚い本(≒歯)が綺麗に入らないのと同じです。
本棚をすっきりさせる時は、重要な本を本棚に残して、入り切らない本を片付けることを皆さん小さい時からしてきたのです。デコボコの歯を矯正する場合の抜歯はそれと同じことなのです
 だけど歯科矯正用アンカースクリューなどを用いて少しでも抜歯を減らす努力は続けています。

 
診療について

矯正治療のご説明(初診相談・診断時の説明など)は専用の個室で行います。
スタッフの手袋は使い捨て、うがい用の紙コップも使い捨て(当然ですが)。
エンジン・タービンも患者さんの使用ごとにオートクレーブで滅菌しています。
口蓋中央部の歯科矯正用アンカースクリューの植立用に、インプラント専用モーター器具を備えています。
X線はフイルムを使わず、すべてデジタル写真です。
矯正治療に必須の頭部X線規格写真(セファロ)撮影装置は、品質とX線照射時間短縮を重視し、医科用X線管と医科用X線センサーを用いるセファロ専用装置です 。
歯の幅も、工業用精密ノギスで測定し、コンピューターに自動入力して測定誤差を最小限にするよう心がけています。

写真左は頭部X線規格写真専用撮影装置 写真右上は側面セファロ(青色の線が平均値、赤色の線が患者さんのプロフィログラム、顔面の輪郭が分からないように濃度補正をし、解像度を落としています) 写真右下は精密ノギスで歯の幅を測定しているところ(八重歯の部位を点線で表示)
健康保険関係の指定

指定自立支援医療機関(育成医療)
顎口腔機能診断施設(顎変形症)

院内で、無料無線Wi-Fiが使えます

患者さんと一緒に来られた方のために、待合室・診療室内に無料の公衆フリーWiFi の DoSpot アクセスポイントを設置しています。1回15分で1日4回まで使用できます。

リンク

お知らせ

2021年08月21日
以後のニュースについて
2021年08月20日
申し訳ございませんが 9月2日まで臨時休診致します
2021年08月19日
8月20日21日は臨時休診致します
2021年07月06日
ホームページのアドレスを変更しました
2021年04月01日
総額表示に対応しました
» 続きを読む