矯正治療と保定(ほてい)

2018年度に改正された医療広告ガイドラインにより、単なる治療前後の比較写真は掲載できなくなりましたので、各症例別の治療前後の写真は掲載を取りやめました。
矯正治療は歯を動かし終わり歯ならびが良くなっても、それで通院が終わりではありません。保定(ほてい)が控えています。

保定とは、治療後の歯並びを歯列が安定するまで一定期間維持することです。治療後の歯列を維持するために、保定装置(ほていそうち、リテーナーとも呼びます)をつけて年数回通院していただき観察を行います。症例によっては長期間の保定・観察が必要な場合もあります。このページは長期間の保定について説明するために1症例だけを学会の指針(下記の①~⑧を記載)に従ってお示し致します。
当クリニックで矯正治療後、10年経過した患者さんの写真です。最近は年1回ごとの観察です。
観察時には、歯科衛生士による、歯石除去を含む歯のクリーニングやむし歯のチェックを行ってから診察します。
最初は開咬でしたが、治療後の状態が維持されています。

1.治療前の写真【24歳1ヶ月】です。 最初は、上下の前歯がくっつかない開咬(かいこう)でした。

方針イメージ

 ①主訴:開咬 ②診断名:上顎前歯部の叢生を伴う開咬 ③年齢:24歳1ヶ月 ④治療に用いた主な装置:マルチブラケット装置 ⑤抜歯部位:上下顎左右の第一小臼歯 ⑥治療期間:2年7ヶ月 ⑦治療費:初診相談料(\3,240)+検査診断料(\43,200)+セラミックブラケット装置料(\535,500)+管理調整料(\151,200)+定期検査料(\12,360)=\745,500(消費税込) ⑧副作用:虫歯、歯肉炎、歯根吸収、治療の長期化など(この症例では副作用は特には出ませんでした) (掲載にあたり、患者様の御了解を得ています:№16007)

2.治療後の写真【26歳10ヶ月】です。 上下の歯の内側に保定用ワイヤーを接着しています。

 

3.保定中:治療10年後の写真【37歳1ヶ月】です。 歯並びが維持されています。

 

4.Q・・「院長って、経験はあるかもしれないけど、若くないじゃん。何十年もみれるの?」
A・・(^_^;)「大学の矯正科で診療していた副院長(息子)がいて、共同診療していますので、引き継いでもらいます。」


医療関係のホームページ規制のため、治療前後の比較写真は掲載を中止致しました。

 

舌側矯正やマウスピース型(カスタムメイド)矯正装置について
申し訳ございませんが、当院では舌側矯正(リンガルブラケット矯正法)やマウスピース型矯正を致しておりません。

当クリニックの院長は、日本矯正歯科学会(認定)専門医に認定されております。これは学会で指定されたいろんな咬合状態を持つ症例の治療結果で審査されるわけですが、提出した全症例が合格点に達しないと審査に合格しないと認定されない厳しい資格です。しかも、5年毎の更新に合格しないと資格が剥奪されます。この審査や更新審査に提出した症例はすべて通常の矯正(唇側=表側に装置をつける矯正)で治療しています。
当院では、表側に器具をつけて精密に歯を動かせるマルチブラケット装置でないと日本矯正歯科学会(認定)専門医レベルの治療を提供できませんので、舌側矯正やマウスピース型矯正を当院では行っておりません。
通常の表側の矯正治療が気になる患者さんは、金属のブラケット(一本一本の歯についている装置)でなく、歯に似た色のセラミックブラケットを選ばれれば、かなり目立たなくなりますし、さらに、ワイヤーも銀色でなく白色のホワイトワイヤーにされれば、より一層目立ちにくくなります。
舌側矯正やマウスピース型(カスタムメイド)矯正装置をご希望の場合、申し訳ございませんが他院をインターネットでお調べ下さい。
ご迷惑をいおかけ致しますが、よろしくお願い申し上げます。