TOP
活動目的・内容来日公演ボランティア募集舞踊団紹介マリ共和国紹介
リンク集イベント情報おしゃべり伝言板寄付のお願い活動報告アクション
メール


ファンサバの活動目的・内容


FAN3は西アフリカの音楽や舞踊を通じて
その先にある社会にも目を向けよう、
と呼びかけるNPOです。

 ☆音楽や舞踊は、多くの顔を持つアフリカの一面にすぎません。
しかし、それらの素晴らしい文化を日本人に紹介し、 感動や喜びを共有することで、
お互いにリスペクトしあう気持ちや、
アフリカの抱える様々な問題に目を向けるきっかけになってくれたら・・・。
これがFAN3-fan saba-の願いです。

 私たちが受け取ったアフリカの文化・芸術を 
一時的な娯楽として消費してゆくだけではなく、
 この素晴らしい文化的財産がしっかりと次世代に継承されていくために、
 必要な支援も行っていきたいと思います。

※ファンサバとはマリの民族語のひとつバンバラ語で「3つのたまご」の意。


【FAN3の活動目的及び活動内容】
(規約一部抜粋)
[目的]
第3条  
本団体は、西アフリカとの文化交流を通し、多様な価値観の尊重、共存、
交流、相互理解を深めることで人々の関心を高め、ひとりひとりが多文化
共生社会の 一員としてのあり方を見い出し、新しい地球と地域を再構築
するために、文化の継承と発展を促進していくことを目的とする。

[活動]
第4条 本団体は前条の目的を達成するために次の活動を行う。
(1)西アフリカの音楽、舞踊などの公演を開催する。(楽しむ)
(2)舞踊、楽器、料理、手工芸などのワークショップを開催する。(体験
  する)
(3)セミナー、シンポジウム、トークライブなどを開催する。(知る、考える)
(4)情報収集・発信の拠点としての情報プラットフォームおよびアーカイブ
  (ライブラリー)づくりを行う。
(5)文化芸術団体、自治体、NGO, 在日アフリカ各国出身者、アフリカ関連
  団体・個人との協力体制およびネットワークづくり。
(6)本団体の活動に必要な資金集め。
(7)その他、目的を実現する為の活動。

【 お問合せ先 】
TEL/FAX:
e-mail:info@fan3.org
事務局:〒151-0071 東京都渋谷区本町4-24-8

2005年度活動・決算報告はこちらから。





FAN3物語

一人の女性の思いが三つのたまごを産んだ ?!

代表を務める土屋萬佐子は、1991年より西アフリカのダンスをはじめる。
1993年よりはじめた在日西アフリカ人アーティストのマネジメントの仕事を通して、多様な民族固有の文化の理解と尊
重、違いを持った人間同士の協力と共存について学ぶ。
1999年12月から2月にかけてコートジボアール、ギニア、マリ各地でそれぞれの舞踊団よりレッスンを受ける。特に、マ
リ国立民族舞踊団でのレッスンで日本への招聘公演企画実施の意志を固める。
帰国後、2000年9月に「西アフリカ文化交流の会」を設立。自分が長く関わってきた、西アフリカのダンス・音楽等の紹
介により、異文化交流の場を設け、異文化理解へと発展させる目的のため活動を開始する。
同時に、実行委員会を組織し、マリ国立民族舞踊団招聘企画を本格的にはじめる。
2001年11月に名称を「FAN3(ファンサバ)」と改める。
「異文化に触れる楽しさから、より深い理解へ」
「異文化に触れることから、自身の文化の再認識へ」
そんな思いを込めて、現在、実行委員10名及び賛同人約15名で活動中。


トップへ
トップへ
戻る
戻る