TOP
活動目的・内容来日公演ボランティア募集舞踊団紹介マリ共和国紹介
リンク集イベント情報おしゃべり伝言板寄付のお願い活動報告アクション
メール


マリ共和国のご紹介

新連載 マリ紀行「マダムソトラマのひとりごと」 はこちら!!

マリ共和国 (REPUBLIQUE DU MALI)
 

独立記念日 1960年9月22日
国土面積  124.1万キロku (日本の約3.3倍)
人口    1.058万人(1999年)
首都    バマコ (人口約100万人)
人種    マンディング系
         バンバラ、マリンケ、サラコレ、カソンケ、プル、ドゴン、
         ボゾ、ソンガイ 他 (マリ人口の80%)
       ベルベル系
         トアレグ、モール
言語    フランス語(公用語)、バンバラ語 等各民族語
宗教    イスラム教 80% 、伝統的宗教 18%、カトリック 2%

[地理・気候]

 アフリカ大陸の西部に位置し、隣接する7カ国に囲まれた内陸国です。
国の北部に広がるサハラ砂漠は、国土の約70%を占めています。
セネガル川とニジェール川、二つの川がこの広大な国を潤しています。
この二つの川は、共に漁業には欠かせません。
 一年を通じて雨季(6〜10月)と乾季があります。雨量が多い時、ニジェール川
は重要な水路となります。水がひいた後の氾濫源には稲が育ち、8ヶ月にわたる
乾季の間は、牛などの多くの家畜が放牧されます。
近年は、国内3ヶ所(トンブクトゥ・ジェンネ・ドゴン台地)がユネスコの世界遺産に
登録され、観光者が多くなってきました。

[歴史]

 イスラム浸透以前、西アフリカには3つの帝国が存在しました。ガーナ帝国・
マリ帝国・ソンガイ帝国です。
現在のマリ共和国の国名の由来となったマリ帝国は、1235年にマリンケ人の王
スンジャータによって、ニジェール川流域に建国されました。14世紀に即位した
マンサ・ムーサ王のもと最盛期をむかえます。王はサハラ越えのメッカの巡礼の
途上で大量の黄金をふるまいました。
このため、カイロの金相場がしばらく下落したといわれています。
サハラの彼方「黄金帝国マリ」の名はアラブ・ヨーロッパ世界に広く知られるよう
になりました。
 その後、いくつかのアニミズム(原始宗教)やイスラム勢力の強い王国が誕生
しました。フルベ族のマーシナ王国・バンバラ族のセグー王国などです。
 19世紀後半からフランスが進出しはじめました。フランスの植民地支配をへて、
1960年9月22日に「マリ共和国」として独立しました。
マリ共和国はココ!!
マリ共和国地図



首都バマコのグランマルシェ



バマコの結婚式
バマコの結婚式



ジェンネの月曜市
ジェンネの月曜市



投網で魚を捕るボゾの人々
投網で魚を捕るボゾの人々



ドゴンのダンス(サンガにて)
ドゴンのダンス(サンガにて)



ニジェール川は今も昔もここに住む人々に恵みをもたらしています
ニジェール川は今も昔もここに住む人々に恵みをもたらしています



移動する遊牧民(フリンキリヤーベ)
移動する遊牧民(フリンキリヤーベ)




トップへ
トップへ
戻る
戻る