カポック(無料)

カポックで窓からの外光を反射させ、
モデルの顔に暗い影ができないようにします。
逆光で撮影する場合は、
オートやプログラムモードですと、
顔が暗くなってしまいます。
カポックでモデルを明るく照らし、
顔が暗くならないように
マニュアル露出で撮影するようにしましょう。

レフ(無料)


カポックと同じようにモデルの顔を
明るく照らすのに使いますが、
手持ちできるレフは自由に角度を
変えられる利点があります。
白面は明るい日差しのあるとき、
銀面は日差しの無いところで使用します。






大型ストロボ

(1基1回¥500:使用時間は無制限)
大型ストロボの使用をお勧めいたします。
ピンボケやブレも少なくなり、慣れてしまうと
自然光よりも撮影が楽になります。
またストロボのあてかたで、
モデルさんの印象が大きくかわるので
撮影が面白くなります。
使い方はとても簡単です。是非お試しください。


スイッチの説明
MAIN=メインスイッチです。

P.CELL=2灯以上使用する場合、
    すべてのコメットをONにしてください。
SOUND=発光後充電の完了を知らせる音の
    スイッチです。音が鳴り終わってから
    つぎのシャッターを切ってください。

TEST=テスト発光ボタンです。
   2灯以上使用する場合など、
   全部発光しているか、
   確認するのに便利です。

ツマミ=光量の調節つまみです。
    通常は8分の一で光量は十分です。


↑シンクロターミナル
端子が無い場合は
ホットシューアダプター↓
を無料でお貸しします。

*アルファシリーズなど
の小型ホットシューには
対応しません





↑シンクロコードを
接続します



↑マニュアルモードで
撮影してください



↑上部の赤い部分は
電源が入っている時
点灯しています。
またスレーブの
受光部も
兼ねています



↑発光部に絶対手を
触れないでください。

●撮影の仕方

1、カメラのシンクロターミナル
端子にシンクロコードを
つなぎます。
シンクロターミナル端子が
ない場合は、
カメラ上部の外部ストロボの接点
からアダプターを介して
接続できます。

2、ストロボの光は、そのままでは
強すぎるのでアンブレラなどに
バウンスさせるか、貸し出し品の
ソフトボックス
(別料金1基1回¥500)
を取り付けてご使用ください。

3、カメラのシャッタースピードと
絞りはマニュアルで設定します。
125分の1 ・ f5、6ぐらい
でテスト撮影し、カメラの
モニターで明るさを確認します。
それを元に適正な露出に
なるように絞りなどを変えながら
テスト撮影を繰り返します。

4、ストロボの配置やモデルさん
までの距離が変化した場合は、
必ずテスト撮影をして
露出を確認してください。

5、カメラのTTL測光とは
連動しませんので、オートでの
撮影はできません。
必ず絞りとシャッタースピードの
両方をマニュアル
(Mモード・マニュアルモード)
で撮影してください。
 

●発光しないときは

  1、本体の電源コードの
   差込みがゆるんでいないかを
   確認してください。

  2、カメラのシンクロ端子から
   シンクロコードが外れていないか
   確認してください。

  3、複数使用の際に1つだけ
    発光しない場合は、
    
    ○P-SELLスイッチがOFFに
    なっている。
    ○スレーブの受光部に
     ほかのストロボの光が
     届いていない。
    ○受光部に外光があたって
     反応しなくなっている。
     
    などです。


ご注意

連続してコメットを発光し続けると
過熱してしまい、「ピーーー」と
いう連続した警告音が
出て発光できなくなります。
その際はメインスイッチを
切ってしばらくお待ちください。
一旦加熱してしまうと冷えるまで
時間がかかりますので、
連写はできるだけ
すくなくしてください。
光量を大きく設定したときは
過熱が早くなります。
また、暖房の風がストロボ本体に
かかっていると過熱を
極端に早めます。

  
モデリングライトはなるべく
安いレンタル料金を維持する
ためと、カメラのモニターで
写り具合を確認できるため、
装着しておりません。
ご了承ください。


●ストロボの光は被写体に直接当てると、
コントラストの高い強烈な光になります。
ソフトボックスなどを装着して使用されるか、
アンブレラなどにバウンスさせて使用します。

○ソフトボックスの装着 
 
 ソフトボックス1基1回¥500
 大変やわらかい光になります。
 お勧めです


○アンブレラにバウンス 
 
 アンブレラは貸し出し無料です。
○カポックにバウンス
○白壁にバウンス

●はじめて使用される場合は、ストロボ2つで
モデルさんの斜め前の左右から光をあてて
撮影することをお勧めします。
また、モニターでモデルさんの肌の明るさを
確かめながら、必ずテスト撮影を繰り返して
露出を決めてください。
モデルさんやストロボの位置を変えたときは、
テスト撮影を忘れないようにしてください。

LEDライト

1基1回 ¥500 
定常光のLEDライトはストロボに
比べ光量は少ないですが、見たままで
撮影できる便利さがあります。
ほぼ、デイライトの色温度ですが、
できればホワイトバランスを
とっていただければ、
ストロボと同じような色バランスで
撮影していただけます。





背景布(透過タイプ)
背景の後ろにストロボを置けば
透過光も使えます。
壁に吊るす以外にも床・椅子やソファに
被せてもご使用ください


背景布(非透過タイプ)
壁に吊るす以外にも床・椅子や
ソファに被せてもご使用ください。



貸衣装

○有料貸衣装1回 ¥1000
・撮影お申し込み時にフォームの
 連絡事項に番号をご記入ください。
・サイズや露出度の関係で、
 すべてのモデルが着用できるわけでは
 ありませんので、ご了承ください。
 すべて水着扱いになります。


No.1
肩幅:39cm バスト:85cm 
ウエスト:72cm
ヒップ:90〜150cm 
丈:76cm
 
モデル:小夜子

No.2  
フリーサイズ(S〜M)
モデル:小夜子


No.3  
フリーサイズ(S〜M)

モデル:小夜子

No.4  
フリーサイズ(S〜M)
モデル:綾夏


No.5  
フリーサイズ(S〜M)
モデル:綾夏

No.6  
フリーサイズ(S〜M
モデル:綾夏


○無料貸衣装
・クローゼットにてモデルと
 相談しながらお選びください。






TOPに戻る

設備・レンタル品