七五三詣

 お子様の成長を祝って氏神さまにお参りし、感謝と祈りを捧げる通過儀礼が七五三詣です。「7歳までは神の子である」と言われます。これより後は神を敬い、人として神に恥じない人生を送ることができるよう、思いを新たにする儀式なのです。



男女3歳にして「髪置=かみおき」、男5歳にして「着袴=ちゃっこ」、女7歳にして「紐落=ひもおとし」と言われて行われてきた祝いの儀式が、現在の七五三の形になった考えられています。
 この日を境に女の子は幼女から少女へ、男の子は幼児から少年になります。一人前の人間として、社会に仲間入りする節目の行事です。当神社では同時期に菊花展を催し、華麗な菊花が晴れの日に華を添えています。






















        平成29年七五三詣 対象者
  
  3歳 平成27年(未年)生 (満年齢の場合は、平成26年生)
  5歳 平成25年(巳年)生 (満年齢の場合は、平成24年生)
  7歳 平成23年(卯年)生 (満年齢の場合は、平成22年生)


  11月15日に近い土曜・日曜には、社務所内にて甘酒を無料接待しております。
平成29年の甘酒接待は11月11日・12日です。


当神社では、毎年10月からは、いつでも祈祷を受付ております。
随時ご案内させて戴いておりますので予約は不要です。
ご不明な点のお問合せは、こちらへメールをいただくか、
弊社社務所までお電話にてご連絡下さい。

トップページへもどる