八幡まつりの由来・次第

1.應神天皇の行幸

 應神天皇近江行幸の折、当初の大嶋の社をお訪ねいただくために、琵琶湖から天皇一行を道案内したのが、祭の初めだと伝えます。このため、祭の歴史は應神天皇6(275)年、実に千数百年を遡ることができます。その後、祭の状から源平の祭だとか水利・五穀豊穣を祈る祭とか申すようにもなりました。

2.天皇の道案内

 應神天皇の行幸は、御母君神功皇后の生地・近江息長村(現在の坂田郡)をお訪ねになるためで、琵琶湖を舟でお渡りになりました。その途次、南津田から(現在は津田干拓地となっています)から上陸された後、当時大嶋大神を御祀りしていた当社に御参詣いただいたと伝えられます。当時、南津田には七軒の家があり、湖辺の葭(よし)で松明を作り、火を灯して八幡まで道案内をしたと言い伝えます。
 今の祭礼のうちでも南津田は、優美な昔姿で手振松明を振りながら「トイトナー」という掛け声で神を迎える姿を残しています。

3.松明

 宵宮祭で用いる松明は、湖辺に自生する葭を束ねて拵えた古の松明から、胴に菜種柄を使用するものへと形状を変え、段々大きくなってきました。今では十メートルを超えるものも数本あります。
 馬場の中央には大松明(笹松明)を2本造ります。笹・竹で美しく作る神座です。昔はこの松明が一番大きく、源平時代の城にも喩えられました。この他に各郷で十数本の松明を造ります。
 中には、引きずり松明と呼ばれるものもあります。酒とっくりの形に似ているとかで「とっくり松明」と言う松明に鳥居前で火を点け、馬場を駆け抜けて神前に進み、自分の座に戻るのです。また、担ぎ込んだ大きな松明を、寝かせた状態から30度ほど起こした時点で上部に火を点け、そのまま引き起こすという松明もあります。火の粉を降り落ち散らす松明を、大勢の氏子が声と心を合わせて綱で引き、竹で突き上げて起こしていく姿は、勇壮な迫力に溢れています。
 さらに前述の振松明。手に持った松明を音頭に従い左右に規則正しく振りかざして進みます。これに続くのは、2本の船松明です。松明の元に昆布をつけ、当時の舟の名残と伝えています。
 宵宮当日の昼過ぎから、氏子のこども達が奉納(奉火)する小さな松明もあります。

4.十二郷

 八幡まつりは、古くからの氏子の伝統を今に伝える「市井・多賀・北之庄・鷹飼・中村・宇津呂・大林・土田・船木・小船木・大房・南津田」の十二郷が奉仕する祭です。郷の名は現在の町名の由来ともなっています。
 祭礼では、十二郷を神戸(かんべ)・土田(つちだ)・郷(ごう)の3つの座に分けます。そして神戸が上の郷、郷が下の郷と呼ばれます。馬場の切通しに造る2本の大松明は、この2つに分かれた立場で造るのです。土田は1郷だけ中の郷として、祭礼の中役をします。
 上の郷の大林、中の郷・土田、下の郷の船木の3郷を親郷、ほかを枝郷と言う呼ばれ方もしています。

5.宵宮祭(松明祭)次第@ 上の郷

 午後6時頃から、郷の高張堤燈(たかはりちょうちん)のもと、陣羽織姿の神役(しんやく)と紺法被(はっぴ)姿の若衆(わかいしゅ)等が、中太鼓や鉦を打ち鳴らしつつ「座」に集まります。この場合の座は、馬場内に設けられる各郷の集合場所を指し、その座は古来より同じ場所があてられています。
 午後7時30分頃、鷹飼・大林・中村・宇津呂・土田が各郷の太鼓を肩に担ぎながら社参して拝殿前でシューシをおこない順に各座に帰着。午後8時頃、郷の趣向を凝らした仕掛花火に始まり、日本一の大火祭の火ぶたが切られます。まず上の郷の先陣を切って、市井郷の引きずり松明、北之庄郷の12本の引きずり松明が、馬場を疾走して拝殿前まで社参し、太鼓衆のシューシを見届けて座まで戻ります。次に、大林・多賀・中村・宇津呂の松明に奉火します。土田は古例に従い中の郷として奉火します。最後に、上の郷を代表して多賀が大松明に奉火し、上の郷の各郷は祭の庭を去っていきます。

6.宵宮祭次第A 下の郷と2つの神事

 続いて下の郷です。小船木の松明が奉火され、南津田が先番の折は(奉火順は、隔年で交代しています)15本の振松明・2本の船松明が神前に進みます。大房・船木も松明を奉火します。大房の松明が、最初寝かせた状態から、途中で火を点けながら起こす松明です。下の郷では松明を奉火した後に、各々の郷が太鼓を担いで社参し、シューシをおこないます。
 最後に、下の郷を代表して小船木が大松明に奉火して、下の郷は祭の庭を去っていきます。大松明に多賀と小船木が奉火するのは、元来大松明結い(=造ること)をしていたのがこの2つの郷であったという由縁があります。
 宵宮と本祭の間は、拝殿に神輿を飾ります。1年のうち神輿を飾るのは、この祭と左義長祭の時だけです。宵宮の最後に、拝殿に輝く金色の神輿の前で「まいじゃら」、本殿前で「けずりかけ」の神事を執り行い、本祭(太鼓祭)の大太鼓・渡御順の鉾(ほこ)が、親郷の神役に渡されます。

7.本祭(太鼓祭)次第@ 宿入りと出発の使い

 午前に本殿で神事(当社の例祭)が行われます。午後、各郷が所有する大太鼓が「宿」入りします。各郷の宿は、元来、鳥居の外が原野であった時代から伝わっています。八幡が開町されて以後、各郷の宿として伝えてきた場所にも家が建つようになりました。新しく家を建てる者は、郷の伝えを守るため、八幡まつりの際には喜んで座敷等を提供する旨を誓い、現在まで宿が伝えられるようになったと言われています。
 宿入りした郷は、拝殿で待つ親郷の神役に使いを出して到着を伝えます。すべての郷が宿入りしたのを確認すると、今度は親郷の神役が各郷の宿へ、「順次お渡りください」と使いを出します。この使いを七度半の使いと言います。宿を出発する郷は、次の郷へ「お先に」と挨拶の使いを出します。次の郷はまた次の郷へ挨拶を出します。こうして順々に太鼓が渡り始めるのです。

8.本祭次第A 太鼓渡りと崇祀、あるいは代渡り

 太鼓渡りは、親郷が宵宮で渡された鉾を先頭に渡ります。好天の際には、各郷自慢の大太鼓を出して、祭は大いに賑わいます。神役を先頭に列を正し、若衆が大太鼓を肩に担いで渡御する姿は、太鼓を打ち鳴らす音を競いながら渡ったという古例に則っています。「どっこいしゃ〜んせ」という掛け声とともに、渡り太鼓のその音は近郊に響き渡ります。 渡りの行列が拝殿前正面に到着した時、若衆らが何百貫の大太鼓を指先高く、力強く3回捧げます。これをシューシ(崇祀)と称しています。郷の氏子一同が揃って手を高く捧げその姿が、八幡さまのご神徳を高めるようにも見受けられます。
 残念ながら雨天となった時は、代渡りと称し、各郷の判断で太鼓なしで渡りを行うこともあります。この場合も、順序や挨拶は変わることなく行われるのです。

9.松明結いの心

 この祭りは、松明結いから始まり、松明の奉火、そして太鼓を担いでの社参に終わります。松明結いは「結い」の字のごとく、郷の氏子が老若を問わず、心を一つに結い合わせないと、美しく映える松明ができません。同時に太鼓の社参も、心を一つに結集することにこそ、その真髄があるのです。
 元来松明は、当日の朝に結い上げ、その日の晩には燃やしてしまう習わしです。これは、大切な物を潔く献上することで、その大切さを再認識するという日本人の清明心に由来するものです。ところが現在、郷の都合により、祭の前の日曜に結い上げ、何日間か据え置くことも行われています。逆に祭りを待って据え置かれているその姿が、祭のPRに一役買うという時代になってきたのです。
 毎年4月14日に宵宮祭、翌15日に本祭が行われます。


昭和33年 滋賀県無形民俗文化財に選択
平成 3 年 滋賀県無形民俗文化財に指定
平成 4 年 国選択無形民俗文化財に選択


トップ アイコン八幡まつりトップへもどる