HOME旅行記一覧
アフリカ南部3カ国紀行: 8日目 2013年6月2日
バンコク乗継⇒成田→後泊ホテル
TOP ツアー 国情報 準備期間 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8日目 9日目 終に
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇
バンコク空港、タイ航空成田行 A380 タイ航空バンコク便
バンコク空港で乗継
タイ航空成田便ビジネス(A380)
成田空港、帰国
ホテル日航成田

(ヨハネスブルグ乗継・前日)→タイ航空バンコク便
機内から見る日の出前と漁火らしき灯り 2度目の食事が済み、到着の準備の頃でした。
05:12 機内から外をみると水平線の上が明るくなり始めていた。そして眼下には白い灯りが広がり神秘的な雰囲気です。マレー半島上空の何処かかも知れないが、灯りの色は全て同じ白色系に見えたので海上の漁火かもしれない、と思った。
05:35 この頃に日の出だった。湧き上がる雲と朝焼けの空が対照的で印象に残る。
05:55 予定通りにバンコク国際空港に到着でした。
ヨハネスブルグから11時間10分の飛行でしたが、良く眠れたので長く感じない。

バンコク空港で乗継、タイ航空ビジネスクラス・ラウンジ ●
タイ航空ビジネスクラス・ラウンジ(バンコク) バンコクは乗継なので出入国審査はありません。しかしセキュリティのX線検査がありました。南アフリカで購入したワインを機内持込み手荷物に入れているとダメです。ここではベルト、チョッキ、帽子は別途検査でした。ここを通過した場所に添Mさんが立っている。イヤホンガイドを返却です。
モールを通って、搭乗口C3に近いラウンジに向かいました。

06:35 この頃にタイ航空ビジネス・ラウンジ(Royal Silk Lounge)に到着。時間はありませんが、中に入りました。広く多くの椅子のあるセクションで休む。缶コーラ1本を2人のカップに分けて飲みました。
適当な時間を見計らってラウンジを出ました。形だけの立寄りでした。

07:00 この頃、搭乗口C3に到着。既に成田行きタイ航空A380はボーデングブリッジが架けられていた。

タイ航空成田便ビジネスクラス、A380 タイ航空成田便ビジネスクラス
搭乗口C3近くからタイ航空A380、成田行き ビジネスクラス座席・フルフラット型
食事メニュー 07:20 この頃に搭乗だったはず。機材は総2階の A380、座席配列は 2-4-2(フルフラットシート/スタッガード式)、我々は窓側だったので前後にずれた 17K と 18J でした。カップルの場合は窓側より中央アイルの中央2席が良いですね。並びます。往路はそこでした。
キャリーケースを上のコンパートメントに収め、備付のスリッパに履き替えて落ち着きました。すぐ熱いオシボリとウェルカムドリンクがきました。
07:32 食事メニュー(日本語)が配布された。ワイフは「鶏ひき肉の粥」、私は「スズキのブラックヘッパー照り焼き、炊き御飯」にした。
07:38 出発。ほぼ予定どおり。

08:25 前菜です。トレーに綺麗に並べている。
08:44 メーンデッシュがきました。メニューのイメージと少し違ったものだったが、それはそれで十分、楽しめました。
08:55 早めでしたが、メーンデッシュの皿を片付けにくる。
その後、デザートとコーヒーでした。

09:10 シェードを下ろし仮眠タイムとなりました。
座席をフルフラットにしてキルティング毛布(薄手の掛布団)で仮眠です。
13:00 この頃に目覚めました。実は、理由は不明ながら、腎臓が非情な程に活発に働き、トイレ行きで安眠とは云えなかった。それでも随分と楽な移動で体は休まりました。
13:45 成田空港第一ターミナルに到着。
降機の直前に女性CAがワイフの胸に蘭の花を付けてくれました。素晴らしいサービスでした。 女性が花のギフトを頂くと・・・、タイ航空をベタボメです(笑)。

ここまでタイ標準時、これから日本標準時(UTC+7) 15時45分です。


成田空港、帰国
降機直前にタイ航空からワイフへのギフト、蘭の花 15:25 ランディング。
15:45 予定通り成田空港に到着。
入国審査まで世田谷さんと話しながらコンコースを歩きました。世代が全く違っても、体力も足取りも、頭と口もお達者な方でした。それに無精髭以外は洒落っ気もお持ちのようです。そうありたい、と望んでもなかなか難しい。

以後、細かな記録は全くありませんが、入国審査を受け、ラゲッジリクレームに移動、預入れたスーツケースを受取りました。ここで福岡さんのご主人が我々の重いスーツケース2個をターンテーブルから下ろしてくれました。度々ながら、感謝です! 比較的若いスポーツマン(スキー)なので力があり、何度も助けてくれました。スーツケースとキャリーケースをカートに載せて移動の準備です。
私は愛想なしで挨拶もあまりしなかったが、ワイフが幾人かの方々とお別れの言葉を交わしていた。皆さん、名残惜しげに添Mさんを囲んでいました。簡単に目と会釈で挨拶を送り、お別れでした。とても経験豊かな良い添乗員さんでした。英語に加え、イタリア語も話すそうです。
次は通関です。税関で渡航先を聞かれ、他の人の荷物を預からなかったか確認がありました。ツアーと分かると直ぐOKでした。大した買物もしていないので問題ないです。
タイ航空がワイフの胸に付けてくれた蘭の花は空港内では随分と目立ちました。ホテルまで付けておく訳にもいかず、適当な場所で処分となりました・・・。

到着ロビーを横切り、ホテル日航成田への送迎バス乗場に向かった。丁度、川崎さんと同時に横断歩道を渡る事になり、ここでお別れです。バス乗場で札幌さんと出会った。全日空ホテルに泊まり、親戚の病気見舞いをしてから新千歳空港に飛ぶそうです。皆さん、それぞれ忙しい・・・。

送迎バス乗場#33には間もなくバスがきました。スーツケース2個とキャリーケースは床下トランクに入れてもらい、乗車した。10分程度でホテル日航成田に到着です。


ホテル日航成田 ホテル日航成田
後泊ホテル スーツケース類はワイフに任せて、直ぐフロントに向かった。少しでも早くチェックインを済ますためです。JTB経由の予約(支払済み)で問題はなく、ルームキー、バス時刻表、サービス券などが渡されました。部屋番をベルパーソンに教えてから、部屋に向かった。

スーツケース類が届いてからは、夕食です。面倒なのでワイフがロビー横のローソンに行き、おにぎり数種、から揚げ、サラダを買ってきました。気軽で簡単な夕食です。これで十分でした。

しばらくTVも見ましたが、やはり疲れで早めに休みました。

明日の予定:
ホテル(朝食・チェックアウト)→成田空港第2ターミナル→リムジンバス→羽田空港第1ターミナル⇒JAL⇒地元空港→レンタカー会社・駐車→自宅
◇◆◇
HOME旅行記一覧この旅行記TOP現在の頁(8日目)
page▲top