HOME旅行記一覧
オーストリア、周遊の旅 (2010/5/24〜6/1)
オーストリア基本情報(旅行用)
TOP ツアー 国情報 準備 始に 1-2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8-9日目 終に
≪ PREV. 行程表(目次) NEXT ≫
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇

オーストリア基本情報(一般)

国名 オーストリア共和国
Republic of Austria (英語)
Republik Osterreich (ドイツ語: レプブリーク・エースターライヒ)
国旗 Flag_Austria 制定されたのは13世紀ごろ。オーストリア帝国、オーストリア・ハンガリー帝国時代はハプスブルグ家の白黒旗が国旗で赤白の現国旗は戦闘旗だったらしい。1945年のドイツ支配終焉で国旗として復活。
国歌 「山岳の国、大河の国/Land der Berge, Land am Strome (独語)」がオーストリア国歌、作詞はパウラ・フォン・プレーラドヴィック、作曲はヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトといわれる(不確定)。
国章 ハプスブルク家の家紋は双頭の黒い鷲だった。それを頭ひとつの鷲に置き換え、頭に冠(ブルジョワ)、右足に鎌(農民)、左足に槌(労働者)、足のちぎれた鎖はファシズムからの解放を意味する。
国の花 エーデルワイス(Edelweiss)
国の鳥 ツバメ/燕(Swallow)
首都 ウィーン(Vienna、約160万人)
大都会 グラーツ(Graz、約25万人)/リンツ(Linz、約19万人)/ザルツブルグ(Salzburg、約15万人)/インスブルック(Innsbruck、約12万人)/クラーゲンフルト(Klagenfurt、約9万人))
人口 約820万人、日本の約6%余
面積 約83858平方Km(北海道とほぼ同じ程度)
人口密度 約99人/平方Km (日本は約342人/平方Km)。
民族 ゲルマン民族を主としてスラヴ系、ラテン系、ハンガリー系、トルコ系が混じっているとされる。
言語 ドイツ語が公用語(日常口語のドイツ語は独特の方言らしい)
宗教 カトリック約78%、プロテスタント約5%、他にギリシャ正教、ユダヤ教、イスラム教など。
国境を接する国 8カ国と国境を接する (内陸国で海岸はない):  ドイツ、チェコ、スロバキア、ハンガリー、スロベニア、イタリア、リヒテンシュタイン、スイス
略史 紀元前: ケルト文化が栄えた。
962年: ローマ教皇がオットー1世に王冠をさずけ神聖ローマ帝国が誕生。 976年: バーベンベルク家がオーストリア辺境伯領(marchia Orientalis)。
996年: バーベンベルク辺境伯領がOstarrichi(東の国)と記された。→国名
1246年: バーベンベルク家が途絶えてボヘミア王がウィーンを占拠する。
1273年: スイスの小貴族だったハプスブルグ家ルドルフ1世(Rudolf von Habsburg)が神聖ローマ皇帝に選出される。
1282年: ハプスブルグ王朝、ウィーンでオーストリア統治を開始。
その後は、政略結婚で勢力を拡大し、領土はブルゴーニュ、ドイツ、ネーデルランド、ルクセンブルグ、イタリア、スペイン、ハンガリー、ボヘミアに及んだ。
皇帝フリードリヒ3世(1440-93年)と皇帝マクシミリアン1世(1459-1519年)の時代に近世ハプスブルク家の基礎が築かれたとされる。
地図は Ref.03、p.185 を参考に北行庵が作成
1559年のハプスブルグ家の領土と神聖ローマ帝国の境界線
1529年: オスマン・トルコ軍、第1次ウィーン包囲。
1679年: ウィーンでペスト大流行。
1683年: オスマン・トルコ軍、第2次ウィーン包囲。
1740〜1780年: マリア・テレジアがハプスブルグ家を相続、女帝。
1848年: 市民革命、フランツ・ヨーゼフ1世の新絶対主義体制。
1914年: 皇太子フランツ・フェルディナントがサラエボで暗殺される。
1916年: 皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が逝去、カール1世即位。
1918年: カール1世退位、ハプスブルグ帝国解体、オーストリア共和国成立。
1938〜1945年: ナチス・ドイツによるオーストリア併合。
1945〜1955年: 連合国軍による分割占領。
1955年: 永世中立国を宣言、国家主権を回復。国連加盟。
1995年: EU加盟
1999年: ユーロ(EURO)原初加盟国の1つ。2002年から流通。
1997年: シェンゲン協定の実施国となる。
憲法 1920年及び1929年の憲法に基づく憲法が1945年に再導入された。
建国記念日 10月26日
政治体制 連邦共和制の議会制民主主義国家です。議会は選挙(4年毎)による183議席の国民議会(Nationalrat)と各州議会から送られる62議席の連邦議会(Bundesrat)から成る二院制になる。
国家元首 大統領 (任期6年)(Bundesprasident)
立法府 社民党、国民党、自由党、未来同盟、緑の党 など多くの政党から成る。
行政区分
(8州と1特別市)
州名/現地語名州都
ウィーン特別市
(Wien)
-
ブルゲンラント州
(Burgenland)
アイゼンシュタット
ケルンテン州
(Karnten)
クラーゲンフルト
ニーダーエースターライヒ州
(Niederosterreich)
ザンクト・ペルテン
オーバーエースターライヒ州
(Oberosterreich)
リンツ
ザルツブルク州
(Salzburg)
ザルツブルク
シュタイアーマルク州
(Steiermark)
グラーツ
チロル州
(Tirol)
インスブルック
フォアアールベルク州
(Vorarlberg)
ブレゲンツ

オーストリア基礎情報(旅行用)

オーストリア大使館 在日オーストリア大使館
〒106-0046 港区元麻布1丁目1-20
電話:03-3451-8281、03-3451-8282
入出国 ・観光目的で6カ月以内の滞在ならばビザは不要。
・短期滞在の入出国ではEU入出域のゴム印がパスポートに押されるのみ。
・パスポートは日本に帰国するまで有効ならOK。
・検疫証明書:通常の旅行では不要。危険地域から入国なら要・確認。
・関税申告書:規定以上の持込み/持出しなら必要。

・日本に再入国:「 携帯品・別送品申告書(税関申告書) 」を提出します。
航空機の手荷物 ・国際ルール: ICAO により 100ml を超えるあらゆる液体(ジェル類、エアゾール、スプレーを含む)の機内持込みが禁止です。詳細は、
成田国際空港成田国際空港( セキュリティ・ガイド )
・預入れ手荷物は預入番号札が渡される。到着空港の受取時に番号の照合はないが、万一ロストバゲジになると預入番号が必要になる。
通貨 単位: ユーロ(EURO)、補助通貨はセント(CENT)で 1/100 ユーロ。
紙幣: 5、10、20、50、100、200、500ユーロ
硬貨: 1、2、5、10、20、50セント、1、2ユーロ
オーストリアはユーロの原初加盟国の1つです。
為替相場 E1.00=.\118.57 (2010年5月26日現在、成田空港の銀行)
現在のレートは ブルームバーグYahoo!Financeinfoseek money
両替 空港、駅、銀行、街の両替店などで可能。手数料がかかる。
業務時間 ・銀行/月〜金は 8:00/9:00〜15:00、休日は土日と祝日。
・デパートとショップ/月〜金は 9:00/10:00〜18:00、土曜は 〜12:00/13:00、または 〜17:00。休日は日曜と祝日。
・レストラン/昼食 11:30〜14:00、夕食 17:30〜22:00
税金 付加価値税は20%。書籍と食料品は10%。
外国人免税制度 1店当り 75.01ユーロ 以上を購入のうえ全て国外持出しならば、
還付手続きで13%の税金が返金される。
・免税店(Tax Free Shop)で購入し、税金還付書類と領収証を受取ること。
・税金還付請求の商品は未使用で国外に持出しのこと。
・オーストリア出国時に税金還付請求書に税関のスタンプを押してもらうこと。
・還付金は帰国後に受取る。
オーストリアから直行便で帰国する場合とEU域内で乗継ぐ場合は手続きが違う。さらに、免税品を機内持込みかスーツケースに入れて預け入れるかによっても手続きが違うので詳細は確認のこと。
度量衡 メートル法
交通 日本と反対の右側通行です。
チップ ・レストラン/基本的にサービス料は含まれている。  釣銭をテーブルに置いたり、料金のユーロ単位以下を切り上げて払う。
・タクシー/料金の 10% 程度。
・ホテル/ベルボーイなど特別に頼みごとをした時は1ユーロ。
・ホテル/枕チップは宿泊客1人につき1ユーロ。
・トイレ/番人がいたり、皿が置いてあるなら、0.20〜0.50ユーロ。
通信と電気 ・国際電話国番号/43
・モジュラージャック/RJ-11
・電圧/220V または 230V
・コンセントとプラグ/C型(2ピン) または SE型(3ピン)
世界のモジュラージャック
時差と夏時間 時差は−8時間(夏時間では−7時間)、
夏時間は3月最終日曜日(2:00→3:00)〜10月最終日曜日(3:00→2:00)
気候 ほぼ北海道の気候に似る。夏には猛暑日もあるが雨になると寒く、冬は厳寒の日々も多い。春・秋は天候が変わり易い。
現在の天気と予報 日本気象協会|トップ > 世界天気 > ヨーロッパ > オーストリア
Weather Online - Austria (英語)
飲料水 全国的にアルプスの湧水なので飲用に適切と説明される。しかし、日本と違い”硬水”なので短期滞在の場合は体が慣れる時間がないこともあり得る。
ミネラルウォーターは”炭酸なし”が飲用に適します。
食物と飲物 口に合うものが多い。
喫煙 空港、駅、電車、列車などでは禁煙。レストランはもし喫煙可なら表示あり。
トイレ事情 表示は Toilette / WC / 00 。
女性用は Damem / Frauen / D、
男性用は Herren / Manner / H。
トイレ・チップ/番人がいたり、皿が置いてあるなら、0.20〜0.50ユーロ。
犯罪(スリなど) 全般的に安全、しかし観光地、空港、駅ではスリと置引きに注意。
その他の情報
  • -
  • -

自然と地理

地勢 ・ドナウ流域とブルゲンラントを除き東アルプスの山々。
・山岳地帯と森林地帯が大部分になる。
・北緯47〜49度で北海道の遥か北側の南カラフトに相当する。
・大陸内部の国で海岸はない。
主要な高峰 ・グロースグルックナー(標高3797m)
・グロースヴェネディガー(標高3674m)
・チロル地方には3000m級の山々が多い。
主要な川 ・ドナウ川
・ザルツァッハ川
・イン川
・ムーア川
主要な湖 ・フェルテー湖(世界遺産)
・ザルツカンマーグートの湖水地方に大小の氷河湖が70以上ある。
・ノイシャドラー湖/ ・ヴッルター湖/ ・アッヘン湖/ ・ボーデン湖/
主要な滝 ・クリムルの滝(Krimmler Wasserfalle/高さ380m)
・山岳地帯と氷河谷が多いので名知らずの大きい滝が多い。

世界遺産・音楽遺産

オーストリア
世界遺産
登録年の順
2010年7月現在
UNESCO World Heritage Sites in Austria
  1. ザルツブルク市街の歴史地区(1996年)
    Historic Centre of the City of Salzburg (1996)
  2. シェーンブルン宮殿と庭園群(1996年)
    Palace and Gardens of Schonbrunn (1996)
  3. ハルシュタット-ダッハシュタイン・ザルツカンマーグートの
    文化的景観(1997年)
    Hallstatt-Dachstein / Salzkammergut Cultural Landscape(1997)
  4. ゼンメリング鉄道(1998年)
    Semmering Railway (1998)
  5. グラーツ市歴史地区(1999年)
    City of Graz - Historic Centre (1999)
  6. ヴァッハウ渓谷の文化的景観(2000年)
    Wachau Cultural Landscape (2000)
  7. ウイーン歴史地区(2001年)
    Historic Centre of Vienna (2001)

  8. ----------
  9. オーストリア共和国及びハンガリー共和国の国境
    フェルテー湖(ドイツ語)/ノイジードラー湖(マジャール語)の文化的景観 (2001)
    Ferto / Neusiedlersee Cultural Landscape (2001)
参考サイト
[ ユネスコ世界遺産リスト/地域別リスト ]
Austria's UNESCO World Heritage Sites(英語)
[ 世界遺産.net/オーストリア ]

オーストリア
音楽遺産
高名な作曲家
音楽家名
Major Composers in Austria
誕生
逝去
生誕地活躍地
ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルト
Wolfgang Amadeus Mozart
1756
1791
ザルツブルクウィーン、1781-
ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーベン
Ludwig van Beethoven
1770
1827
ボン
ドイツ
ウィーン、1792-
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン
Franz Joseph Haydn
1732
1809
ローラウアイゼンシュタット、1761-
ウィーン、1797-
フランツ・シューベルト
Franz Schubert
1797
1828
ウィーンウィーン
ヨハン・シュトラウス2世
Johann Strauss
1825
1899
ウィーンウィーン
グスタフ・マーラー
Gustav Mahler
1860
1911
カリシュト
ボヘミア
ウィーン
ヨハネス・ブラームス
Johannees Brahms
1833
1897
ハンブルク
ドイツ
ウィーン、1862-
アントン・ブルックナー
Anton Bruckner
1824
1895
アンス
 フェルデン
リンツ
アーノルド・シェーンブルン
Arnold Schonberg
1874
1951
ウィーンウィーン、ベルリン
アメリカ、1933-
カール・マリア・フォン・ウェーバー
Carl Maria von Weber
1786
1825
オイティン
ドイツ
ウィーンは数年、その時に
オーケストラ配置・現代流
ヨーゼフ・ランナー
Josef Lanner
1801
1843
ザンクト
 ウルリッヒ
ウィンナ・ワルツの始祖

オーストリア関連のリンク集

日本国
外務省
外務省
各国・地域 ⇒ オーストリア
安全情報 ⇒ オーストリア
在オーストリア日本国大使館
オーストラリア情報
政府機関サイト
その他のサイト
在日オーストリア大使館
オーストリア政府観光局
チロル州観光局日本担当オフィス (Innsbruck, Austria)
ウィーン市観光局公式サイト
ウィーン市観光局案内所 - ウィーン
ウィーン市観光局
Graz Tourism: シュタイヤマルクのハート、グラーツ
Graz(グラーツ/英語)
ザルツブルク観光協会
Salzkammergut(ザルツカンマーグット/英語)
Stift Melk(メルク修道院/英語)
Wikipedia - Stift Melk(メルク修道院/英語)
世界遺産
Unesco's
World Heritage
ユネスコ世界遺産リスト/オーストリア
世界遺産.net
情報サイト 旅行記リンク集「旅行記サーチ(オーストリア)」
旅行記リンク集「思い出がいっぱい(オーストリア)」
----------
以下、当サイトの旅行情報ページです。ご利用ください。
リンク集(旅行用) 旅行の計画と立案にお役立ち
旅の小道具と携帯品チェックリスト+旅行情報集
下痢にご注意!⇒ 薬
高山病、予防と対策
  • 素人のにわか作りの情報集、摩訶不思議な情報などにお気づきなら「呵呵大笑のうえ、見逃して下さいな。」 「いや、見逃せない」なら、お叱りメールも歓迎です。
  • オーストリアに関するウェブサイト(日/英)やブログも数多く接続し活用しています。
  • 間違いないよう調べたつもりですが、正確さの保障はできません。経年変化も発生しますが、原則としてデータや記述の更新は致しません。最新情報は検索エンジンなどでお調べ下さい。
  • 上記テーブルの名詞をコピーしてロボット型・検索エンジン Google や Yahoo!Japan、などの入力ボックスにペーストすると迅速に詳細な情報が入手できます。
  • リンクは無断リンクですが、なにとぞ御理解の程をお願いいたします。
◇◆◇
HOME旅行記集オーストリア旅行記TOP ≫ 現ページ( オーストリア基本情報 )
≪ PREV. PAGE▲TOP NEXT ≫