HOME旅行記集
旅行記|オランダ・ベルギー、秋の周遊旅行 ( 11日目/2005年10月25日火曜 )
成田発、羽田空港経由で帰宅
◇◆◇

ホテル出発まで:
06:00 起床。
昨夜は直ぐ休んだのでシャワーを使う。カゼは同じ状態で喉がゴロゴロと痛む。
07:15 朝食。ここでの食事は相変わらず、私が洋食でワイフは和食でした。
08:40 部屋に戻る。
08:00 フロントに電話してスーツケースの搬出を依頼した。5分くらいで来てくれました。
08:15 チェックアウト。夕食の寿司代と冷蔵庫のジュース代はカードで支払った。
08:25 送迎バス出発。今朝は晴だった。

成田のホテルから羽田空港:
ホテル日航成田は空港敷地外にある。それで送迎バスは空港検問所で一旦は停車し、パスポートなどの身分証明書の確認を受ける。その後、第2ターミナル3階の南口で下車した。スーツケース2個をカートに積む。出発ロビーの南端にあるエレベーターを使用して1階に降りた。羽田空港行きのリムジンバス(@3000)の乗車券を購入し、近くだった乗場に行く。待たずに乗れました。羽田空港まではウトウトの状態でした。
羽田空港・第1ターミナルで下車、すぐに搭乗手続きを済ませる。 JALの自動発券機にクレジット・カードを挿入、搭乗券を2枚受取った。座席番号が82Dと82Eなので少々不思議に思ったが、気にせずにスーツケースなど手荷物を預けた。重量を気にしている様子はなかった。その後はガレリアで地元では入手できない東京の銘菓を購入したりする。
搭乗口に行き、その近くの店で夕食用のマグロやカツオのたたきを買う。冷凍物なので味は期待しなかったが、後日談として「やはり・・・」。以前は真空パックのアマダイやカマスなど比較的おいしいものがあったと記憶しているが、近年は見かけません。
その後は椅子で時間まで休みました。

羽田空港から地元空港、そして帰宅:
搭乗。機材は B777-300、前から2番目の82Dと82E、ここはJシートだった。
実は運よくJALバーゲンフェアー適用料金で購入できた座席でした。しかしバーゲンフェアの対象は通常のエコノミークラスと頭から思い込んでいたので、座席がJシートだったことを不思議に感じていた。帰宅後にオンライン発注の記録をチェックしたところ間違いなく自分でJシートを購入していたのだった。オソマツ・・・。しかし広くて楽な座席でした。
定刻に出発。
定刻に地元空港に到着。
ターンテーブルでスーツケースを受取り後、タクシーに乗る。
帰宅。家や庭には何の異常もなく、足掛け11日間のオランダ・ベルギー旅行も無事に終了となりました。
---------- ◇◆◇ ----------
でも、カゼが重くなり、連日寝込むはめになりました。発熱や頭痛は無かったが、体がだるくて喉がやけに痛み水を飲むのもつらくなった。徐々に他のカゼ症状も現れはじめ、週末には病院の時間外診療所で診察を受けるはめになり、処方された薬でやっと治ったのです。丸1週間以上もかかたカゼでした。そのお陰というか、時差ボケと旅行疲れは全く意識せずに済んだのでした。
◇◆◇
HOME旅行記集 オランダ・ベルギー旅行記TOP現在の頁( 11日目 )
Page▲Top