HOME旅行記集
初夏のカナダ紀行 9日間 ( 2014年6月26日〜7月4日 )
カナダの基本情報/旅行用
TOP ツアー 国情報 準備 始め 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8-9日目 終り
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇
当ページの目次:
全般的な基礎情報
旅行に役立つ情報
カナダの世界遺産
カナダ旅行用のリンク集
注: 使用されている数値、特に人口、は凡そです。単なる目安とお考えください。

全般的な基礎情報
項目 説明
国名 カナダ/Canada
先住民(Indigenous peoples)イロコイ族の「村落」を意味する言葉 Kanata が語源、これが変化し Canada になった、とする説が有力とか。
国旗と国章 カナダ国旗 メープルリーフ旗/カエデ旗 (The Maple Leaf Flag)と呼ばれることもある。サトウカエデ(Suger Maple)という種類です。 この国旗の採用は、まず1964年12月17日に上院で承認され、イギリス女王エリザベス二世が「1965年2月15日から発効する」と宣言したことによる。2月15日は National Flag of Canada Day になっている。
国歌 オー・カナダ/O Canada
国章 国章(National Emblem)の全体画像は次でご覧ください。
The Royal Coat of Arms of Canada(カナダ国章)
イギリス国章を基本にカナダ色を強めたデザイン、とされる。
国花・国樹 サトウカエデ(樹)/Suger Maple 注:国花は Floral emblem という。
国鳥 ? よく国鳥とされる「アビ/Loon」 は正式な国鳥ではない、ようです。
しかし、カナダ1ドル硬貨の裏にあるので、1ドル硬貨を Loonie と呼ぶ。
Looney な人はアビを Loony と書くことがあります(苦笑)。
英語サイト National Birds ? Canada - Birdfreak.com によると、”Canada's [unofficial] national bird, the Common Loon, is an enchanting bird, a symbol of the country's rugged wilderness.” ということです。
首都 オタワ/Ottawa、人口88万人
最大の都市 トロント/Tronto、人口250万人
政体 立憲君主制 (イギリス型議院内閣制と連邦主義に立脚)
 イギリス連邦/北大西洋条約機構(NATO)/北米自由貿易協定(NAFTA)
元首 エリザベス二世女王(但し、総督が女王の代行を務める。)
議会 二院制(上院 105名/下院 308名: 小選挙区制)
人口 約3500万人。その80%はアメリカとの国境から200Km以南に居住。
面積 9,98万平方km(世界第2位)、その8.9%は水面積という。
民族 イギリス系 28%、フランス系 23%、その他ヨーロッパ系 15%、先住民系 2%、その他 6%、混血 26%
公用語 英語とフランス語、ヌナプト準州は英語とイヌイット語。
宗教 キリスト教(カトリック 43%、プロテスタント 29%)、その他 12%、無宗教 16%
州と準州 カナダには10の州(Province)と3つの準州(territory)がある。
州と準州
Province of
人口
州都人口
主な都市
オンタリオ州
Ontario
1280万人トロント
Toronto
250万人
オタワ(首都)
Ottawa
人口88万人
ケベック州
Quebec
(フランス語圏)
780万人ケベック・シティ
Quebec City
50万人モントリオール
Montreal
人口162万人
ノバスコシア州
Nova Scotia
92万人ハリファックス
Halifax
36万人
ニューブランズウィック州
New Brunswick
75万人フレデリクトン
Fredericton
5万人
マニトバ州
Manitoba
120万人ウィニペグ
Winnipeg
66万人
ブリティッシュ
コロンビア州
British Columbia
431万人ビクトリア
Victoria
7万人バンクーバー
Vancouver
人口58万人
プリンスエドワード
アイランド州
Prince Edward Island
14万人シャーロットタウン
Charlottetown
3万人
サスカチュワン州
Saskatchewan
103万人レジャイナ
Regina
18万人
アルバータ州
Alberta
365万人エドモントン
Edmonton
73万人
カルガリー
Calgary
ニューファンドランド
・ラブラドール州
Newfoundland
and Labrador
51万人セント・ジョンズ
St. John's
17万人
ノースウエスト準州
Northwest Territories
4万人イエローナイフ
Yellowknife
1.8万人
ユーコン準州
Yukon Territory
3.4万人ホワイトホース
Whitehorse
2.2万人
ヌナブト準州
Nunavut
(イヌイット自治区)
3.1万人イカルイト
Iqaluit
0.7万人
カナダ政府及び各州、準州政府の公式ウェブサイト
カナダの標準時
6時間帯
複雑
UTCとの差
標準時名
英語名
夏時間の有無
JSTとの差
時間
適用の地域その中の都市
UTC-3:30
ニューファンドランド
 標準時
Newfoundland
夏時間あり
JST-11:30ニューファンドランド
 ・ラブラドール州
セント・ジョンズ
UTC-4
大西洋標準時
Atlantic Time
夏時間あり/なし
JST-12ニューファンドランド
 ・ラブラドール州
ニューブランズウィック州
ノバスコシア州
プリンスエドワードアイランド州
ケベック州
ハッピーバレー
グースベイ
モンクトン
ハリファックス
グレースベイ
ブラン・サブロン
UTC-5
東部標準時
Eastern Time
夏時間あり/なし
JST-13オンタリオ州
ケベック州
ヌナブト準州
トロント
オタワ
サンダー・ベイ
モントリオール
イカルイト
パングナータング
アティコカン
UTC-6
中部標準時
Central Time
夏時間なし/なし
JST-14マニトバ州
ヌナブト準州
オンタリオ州
サスカチュワン州
ウィニペグ
ランキンインレット
レゾリュート
レイニーリバー
UTC-7
山岳部標準時
Mountain Time
夏時間あり/なし
JST-15アルバータ州
ブリティッシュコロンビア州
ヌナブト準州
サスカチュワン州
ブリティッシュコロンビア州
エドモントン
カルガリー
イエローナイフ
イヌヴィック
ドーソン・クリーク
UTC-8
太平洋標準時
Pacific Time
夏時間あり
JST-16ブリティッシュコロンビア州
ノースウェスト準州
ユーコン準州
バンクーバー
ホワイトホース
ドーソン・シティ
カナダは6つの時間帯に分かれているが州境と時間帯は一致せず、夏時間の採用と不採用も地域依存で、とても複雑です。訪問地の時間帯はガイドブックや旅行会社で確認してください。上の表は基本的に次のサイトやガイドブック等の情報に基きました。
カナダの時差と現在時刻 (地図付き)
CANADA TIME ZONES (英語・地図付き)
カナダの多くの地域では、3月の第2日曜日午前2時から11月の第1日曜日午前2時まで、夏時間(Daylight Saving Time)となります。
先住民族 カナダでは先住民族(Indigenous peoples)のうちイヌイットもしくはメティ以外の民族をファースト・ネーションと総称する。
イヌイット (Inuit) は、カナダ北部などの先住民族であるエスキモー系諸民族の1つです。エスキモー諸民族で最大民族とされる。(注:”エスキモーの人達”はエスキモーという呼称を嫌い、自らは別の呼称を使用するそうです。) メティ(Metis)はカナダの民族の一つでカナダ・インディアンとヨーロッパ人の混血子孫のこと。
カナダにはファースト・ネーション(First Nations)と呼ばれる民族が630以上もおり、ほぼ半分は中部のオンタリオ州か西部のブリティッシュコロンビア州に居住、全人口は約700,000人のようです。[Ref.:ウィキペディア]
主権国家まで
歴史(1)
先史
  • 氷河期にシベリアからベーリング海峡を渡ってきたモンゴロイド系民族が先住民でファーストネイション(First Nations)と呼ばれる。
  • 1000ADころ、北欧のヴァイキングがアイスランドからニューファンドランド島まで渡航、さらに南下した。遺跡はあるが、長く住まなかった。
歴史(2)
植民地時代
1497年 カナダを探検した最初の西欧人は英国王が遣わしたイタリア人ジョン・カボットで、ニューファンドランド島やケープ・ブレトンに上陸し、イギリスの領有権を主張した。
1534年 フランス人ジャック・カルティエがセントローレンス川流域を探検した。セントローレンス湾沿岸の領有権を主張した。
1583年 カボットが76年前に上陸したニューファンドランド島が英国最初の海外植民地(Dominion of Newfoundland)となる。
17世紀  次第にフランス人、イギリス人、オランダ人が増加、毛皮の交易で互いに抗争した。西欧人は先住民の間の対立を利用し、先住民と同盟を結ぶなどをした。
1608年  フランス人サミュエル・ド・シャンプランがケベックに交易所を設立し、現ケベックシティの礎となった。
1627年 フランスの北米植民地「ヌーベルフランス」を統治・開発するために、ヌーベルフランス会社を設立。
1670年 ロンドンの交易商人がハドソン湾会社を設立。同社はハドソン湾へ流れ込む河川地方での交易権を所有。
1701年 30の先住民族がモントリオール近くでフランス人と和平協定を締結。
1756年 ヌーベルフランスと、規模も経済も上回る英国植民地との間で7年戦争が起きる。最初はフランス人側が優勢であったが、1759年にケベック植民地が陥落し、モントリオールは英国の支配下となる。
1763年 ヨーロッパにおける英仏間7年戦争を終結させるパリ条約により、ケベック植民地になったヌーベルフランスを含め、ミシシッピー以東のフランス植民地は全て英国へ割譲された。
1774年 ケベック法により、植民地内でのフランス語使用とローマカトリック信教が公認される。
1779年 モントリオールの毛皮商人がノースウエスト会社を設立。太平洋岸へ及ぶ西部や北部へ広がる交易網を構築。
1783年
〜1784年
米国独立戦争で英国を擁護したロイヤリスト(王党派)の難民がノバスコシア、プリンスエドワード島、ケベックへ入植。
1791年 ケベック植民地はローワーカナダ(現在のケベック州)とアッパーカナダ(現在のオンタリオ州)へ分割。
19世紀 移民が盛んになる。毎年、何千人もの移民がイギリス、スコットランド、アイルランドから到着。
1812年
〜1814年
英国がフランス領の港を封鎖し、米国への影響をめぐり英米戦争(注: 実際はカナダの英国勢力とアメリカの戦争だったらしい。)が勃発。五大湖の海上戦や米国によるヨーク(現在のトロント)攻撃の末、カナダ侵略計画は失敗に終わる。
1836年 カナダで最初の鉄道シャンプラン・セントローレンス鉄道が開設。
1841年 カナダ連合の形成により、カナダ東部(ローワー)とカナダ西部(アッパー)が再統合された。
1858年 ブリテッシュ・コロンビア州のフレーザー川の渓谷で金鉱が発見され、人々の西方移動を促した。
1846年 オレゴン国境協定により英領北米と米国の国境が北緯49度線に設定。
歴史(3)
カナダ
1867年 英領北アメリカ法の成立により、カナダは自治領となる。オンタリオ州(連邦加入 1番目)、ケベック州、ノバスコシア州、ニューブランズウィック州の4州がカナダ自治領に編入される。
(カナダでは、州=Province、準州=Territory、と呼ぶ。)
1868年 明治元年
1870年 マニトバ州がカナダで5番目の州となる。
同年、ノースウエスト準州(Northwest Territories)が発足、準州1号となる。
1871年にブリティッシュ・コロンビア州(6番目)が成立し、
1873年にプリンスエドワードアイランド州(7番目)が成立した。
1875年 スコットランド生まれのアレクサンダー・グラハム・ベル(Alexander Graham Bell)はカナダとアメリカで活動、カナダのモントリオール近郊のブラントフォードで電話機の発明に成功した。
1885年 カナダ太平洋鉄道(Canadian Pacific Railway)が完成し、東部カナダから太平洋に接するブリティッシュ・コロンビア州を結ぶ大陸横断鉄道となった。
1896年
〜1899年
ユーコン準州クロンダイクで金鉱が発見されゴールドラッシュが発生した。
1899年にアラスカで金鉱が発見されると下火になった。
1898年 ユーコン準州(Yukon Territory)が準州2号として発足。
準州の南西部にカナダ最高峰ローガン山(標高5,959m)がある。
1905年 ニューファンドランド以外の北米全英国領土は全てカナダ連邦に併合。
準州アルバータが昇格し8番目の州になる。サスカチュワン州はカナダで9番目の州になった。
1909年 J・E・ベルニエ船長が本土から北極へ到る北極海諸島全体のカナダ領有権を宣言。
1912年 大正元年
1914年 第一次世界大戦の勃発。カナダはイギリスとフランス側について参戦した。
1921年 アグネス・キャンベル・マクフェイルが女性の下院議員として初当選。
1921年
〜1922年
フレデリック・バンティングとチャールズ・ベストが糖尿病を治療するインシュリンを発見。
1926年 昭和元年
1931年 ウエストミンスター憲章が英国自治領に完全な自治を授与。
1939年 第二次世界大戦の勃発。
カナダ軍はフランス、ベルギー、オランダ、イタリア、大西洋、香港で参戦。
1947年 カナダは英連邦内で英国と平等の地位を宣言。
1949年 カナダは NATO創設に参加。
英国自治領であったニューファンドランドがカナダの州(19番目)となる。
1960年 ファーストネイションの人達に選挙権が与えられた。
1961年 サスカチュワン医療保険法が北米で最初の国民皆保険となる。
1965年 現在のカナダ国旗が採用。旧国旗はユニオンフラッグが左上にあった。
1968年 州政府では、ケベック州の完全な独立を推進するケベック党(PQ)が結成。
1976年 ケベック党がケベック州選挙で勝利。
1980年 ケベックの独立を問う州民投票で独立は否決された。
1982年 英国が最終的な司法権をカナダへ移管。
カナダは「権利と自由の憲章」を載せた新憲法を採択。
1988年 カナダと米国、自由貿易に合意。
1989年 平成元年
1992年 カナダ、米国、メキシコが北米自由貿易協定(NAFTA) を締結。
1995年 ケベック州民投票の結果、わずか1%の差で独立が否決。
1999年 北西部にヌナブト準州(Nunavut)が準州3号として誕生。ここは先住民が多数派になる。
歴史
参考サイト
・歴史(1)(2)(3)は「 カナダ歴史年表」 を基に勝手に変更しました。

旅行用カナダ基本情報
項目 説明
ビザ カナダでは観光目的の6ヶ月以内の滞在であればビザは不要です。
カナダ入国時にパスポートの残存有効期間が滞在日数+1日以上が必要となります。
入国手続き EDカードを兼ねた旅行者申告カード(Declaration Card)が必要です。
入国審査でパスポートと旅行者申告カードを渡し、審査後両方を返却してもらう。パスポートにカナダ入国のスタンプはない、ようです。
通関時に旅行者申告カードを渡します。
参考サイト: カナダ入国手続き
出国手続き パスポートの提出のみで出国審査です。
消費税 国内取引の商品やサービスに GST(Goods and Services Tax) という付加価値税がかかる。 GSTは連邦税でカナダ全域で賦課され、税率は5%です。 他に州ごとに定められている税金 PST(Provincial Sales Tax) があり、その税率は以下の表のように州毎に異なっている。
消費税宿泊税
ブリティッシュコロンビア州7%8%
サスカチュワン州5%7%
マニトバ州7%7%
オンタリオ州8%5%
ケベック州7.5%7.5%
プリンス・エドワード・アイランド州10% 10%
アルバータ州04%
ノヴァ・スコシア州
ニューファンドランド・ラブラドル州
ニューブランズウィック州
13% -
2007年4月1日付けでGSTなどの税金還付制度は廃止になり、現在のカナダでは税金の還付はありません。
Sales taxes in Canada (英語)
通貨 紙幣: $1000、$500、$100、$50、$20、$10、$5
硬貨: $2、$1、25¢、10¢、5¢、1¢
為替レート C$1.00 = 約\93.586 (2014年5月12日ロイター調べ)
ロイター外国為替 | ブルームバーグ為替レート計算 | ミズホ外国為替公示相場
注: ナイアガラ滝エリアではカナダ・ドルとアメリカ・ドルの両方が使える、という話はあります。しかし観光地から離れると直ぐカナダ・ドルで支払いとなるようです。必ずカナダ・ドルに両替すること。
チップ
場所サービスチップの目安
ホテル ベルボーイ
客室係
ルームサービス
アイロン等の搬入依頼
荷物1個につき C$1〜2
1晩1ベッド C$1〜2
料金の15%ていど
C$1ていど
飲食 レストラン・カフェ/夕
レストラン・カフェ/昼
セルフサービス
ファーストフード
料金の15〜20%
料金の10%程度
不要
不要
交通 空港・駅のポーター
タクシー
荷物1個につき C$1〜2
料金の15〜20%、短距離でも最低 C$1
[参考文献:わがまま歩き「カナダ」2013年版]、実業之日本社、P.9]
日本旅行/カナダ旅の便利情報 通貨、両替、税金、チップ
AC電源 AC電源は日本と同じA型プラグ、電圧は 110V(60Hz)
モジュラー
プラグ
日本と同じ、RJ-11タイプ
WiFi カナダはWiFi先進国、公共の場で使えることが多い、とされる。
飲料水/水道 水道水は飲める。山岳部ではミネラル含有量が多いこともあるらしい。
気になるならミネラルウォーターを飲用すること。
気候
平均最高気温
平均最低気温
平均降水量
バンクーバー
 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月10月11月12月
最高℃ 6.1 8.0 10.1 13.1 16.5 19.2 21.7 21.9 18.7 13.5 9.0 6.2
最低℃ 0.5 1.5 3.1 5.3 8.4 11.2 13.2 13.4 10.5 6.6 3.1 0.8
降水量 153.6 123.1 114.3 84.0 67.9 54.8 39.6 39.1 53.5 112.6 181.0 175.7
バンフ
 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月10月11月12月
最高℃ -4.6 -0.4 4.5 9.5 14.5 18.5 21.9 21.3 16.3 10.1 0.2 -5.1
最低℃ -14.1 -11.6 -7.3 -2.5 1.7 5.4 7.4 6.9 2.7 -1.3 -8.4 -13.3
降水量 27.5 21.9 23.4 32.4 59.6 61.7 54.2 60.1 42.1 29.4 26.8 33.2
トロント
 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月10月11月12月
最高℃ -1.1 0.2 4.6 11.3 18.5 23.5 26.4 25.3 20.7 13.8 7.4 1.8
最低℃ -7.3 -6.3 -2.0 3.8 9.9 14.8 17.9 17.3 13.2 7.3 2.2 -3.7
降水量 61.2 50.5 66.1 69.6 73.3 71.5 67.5 79.6 83.4 64.7 75.7 71.0
東京
 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月10月11月12月
最高℃ 9.8 10.0 12.9 18.4 22.7 25.2 29.0 30.8 26.8 21.6 16.7 12.3
最低℃ 1.1 2.4 5.1 10.5 15.1 18.9 22.5 24.2 20.7 15.0 9.5 4.6
降水量 48.6 60.2 114.5 130.3 128.0 164.9 161.5 155.1 208.5 163.1 92.5 39.6
以上のデータは「 旅行のとも、ZenTech: カナダ気温 」 からお借りしました。
カナダ入国時
免税
持ち込み制限
項目制限
持込み
通貨
制限はない。現金とトラベラーズ・チェックなどを含めて1万カナダ・ドル以上なら申告が必要。
タバコ 紙巻タバコ200本、他に細葉巻50本、他にタバコ製品200g。
酒類 蒸留酒 1.14リットル、またはワイン 1.5リットル、またはビール 8.5リットル(18〜19歳以上。州により異なる)。
その他 土産品C$60相当まで。
持込み禁止品 (代表的なもの) 銃刃器、武器、食料品(肉、乳製品)、動植物やその製品、骨董品など。
持出し
通貨
制限はない。現金とトラベラーズ・チェックなどを含めて1万カナダ・ドル以上なら申告が必要。
日本に帰国時
免税範囲
項目制限
酒類 3本
1本760ml程度のもの。950mlの大瓶は1.25本として計算される。
タバコ 紙巻タバコ200本(外国居住者は免税範囲が2倍)、細葉巻50本、他のタバコ製品250g。
香水 2オンス (約50g)
その他 1.1品目ごとの海外市価の合計が1万円以下のものは全量が免税
2.合計額が20万円を超えた場合は、20万円までは免税、20万円を超える部分は課税されます。
3.1品目で20万円を超えるものは課税
持込み禁止品 麻薬類、武器類、火薬類の爆発物、化学兵器類、貨幣や証券類の偽造品など、公安や風俗を害するもの、児童ポルノ、特許権等などの権利者の利益を損なうもの、等々。
度量衡 公的には1971年からメートル法だが、ヤード・ポンド法(Imperial unit/U.S. customary unit)が良く使われている。
飲酒 アルバータ州、ケベック州、マニトバ州、プリンス・エドワード島州では、18才から飲酒できる。 その他の州では、19才からです。
リカーストアは州営が多い。カナダでは「酩酊は恥」という風潮が強いといわれます。
喫煙 アルバータ州、ケベック州、マニトバ州、プリンス・エドワード島州では、18才から喫煙できる。 その他の州では、19才からです。
カナダは禁煙先進国、許された場所以外では喫煙できないことが多い。ホテルも全館禁煙が増加中とか。
選挙権 下院の選挙制度は小選挙区制、 選挙権は18歳以上のカナダ国民、 被選挙権も18歳以上のカナダ国民となっている。
運転免許 カナダでは 16歳から取得可能。
日本は18才以上で運転免許証を取得なので、日本の国外運転免許証からカナダの免許証への切換えは18才以上です。
道路 アメリカと同じ右側通行です。大陸ヨーロッパとも同じです。イギリスや日本の左側通行と違い、車の運転の際は注意が必要です。
防犯対策 外務省( カナダ安全対策基礎データ ): 2014年5月調べ
『一般的に治安は良いと言われていますが、日本人の渡航者、滞在者が犯罪に巻き込まれる事案は発生しています。犯罪発生率は日本の約3倍ですので、防犯対策に十分な注意が必要です。日本にいるのと同じ感覚では危険です。』 『空港やホテル、レストラン等における置引きやひったくり、スリ等の犯罪です。』


カナダの世界遺産
世界遺産
自然遺産 ・ウッド・バッファロー国立公園 自然
  Wood Buffalo National Park (1983)
・カナディアン・ロッキー山脈公園群 自然
  Canadian Rocky Mountain Parks (1984)
・グロス・モーン国立公園 自然
  Gros Morne National Park (1987)
・ジョギンズ・クリフ 自然
  Joggins Fossil Cliffs (2008)
・ナハニ国立公園 自然
  Nahanni National Park (1978)
・ミグアシャ自然公園 自然
  Miguasha National Park (1999)
・州立恐竜公園 自然
  Dinosaur Provincial Park (1979)
・クルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセク
  Kluane / Wrangell-St. Elias / Glacier Bay / Tatshenshini-Alsek (1979)
・ウォータートン・グレーシャー国際平和自然公園
  Waterton Glacier International Peace Park (1995)
文化遺産 ・グラン・プレの景観 文化
 Landscape of Grand Pre (2012)
・ケベック歴史地区 文化
 Historic District of Old Quebec (1985)
・スカン・グアイ(アンソニー島) 文化
 SGang Gwaay (1981)
・ヘッド-スマッシュト-イン・バッファロー・ジャンプ 文化
 Head-Smashed-In Buffalo Jump (1981)
・ランス・オ・メドゥ国立歴史公園 文化
 L’Anse aux Meadows National Historic Site (1978)
・リドー運河 文化
 Rideau Canal (2007)
・ルーネンバーグ旧市街 文化
 Old Town Lunenburg (1995)
・レッドベイのバスク人捕鯨基地
 Red Bay Basque Whaling Station (2013)
世界遺産サイト 以上は UNESCO 世界遺産リストからお借りしました。(2014年6月現在)
ユネスコ世界遺産 世界遺産一覧 カナダの世界遺産リスト
World HeritageWorld Heritage ListCanada
世界遺産.net/カナダ
旅行前に必見!世界遺産学習ガイド

カナダ関連の情報サイト/リンク集
項目 説明
在日カナダ大使館
カナダ観光局在日カナダ政府観光局
世界の国旗・カナダ
Latteカナダ旅行・観光ガイド
旅行記サーチ北米 ≫ カナダ
Wikimedia: カナダ
カナダ関係の便利なリンク集
ブリティッシュ・コロンビア州観光局
プリンス・エドワード島州政府観光局
オンタリオ州観光局
ユーコン準州観光局公式サイト
ケベック州政府観光局
ビクトリア観光局について
ナイアガラ観光局カナディアン・トラベルガイド 公式サイト (英語)
アルバータ州観光公社
マニトバ州観光局
カナダの総合サイト e-Maple.net
地球の歩き方: カナダ旅行ガイド(観光・イベント情報)
カナダ観光ガイド
カナダ移住情報・現地事情編
旅行のとも、ZenTech: カナダ気温
◇◆◇
HOME旅行記集 カナダ旅行記TOP現在の頁( 基本情報 )
Page▲Top