HOME旅行記集
カナダ紀行9日間( 2014年06月26日〜7月4日 )
参考文献と参考サイト

◇◆◇
参考にしたり過去に目を通した文献と資料をリストしておきます。利用個所は原則として明示しませんが、明確な引用や著者の力量範囲を超える説明文などはその場所で出典を書く場合もあります。
利用したウェブ・サイトのリンクは本文中のカラムに設置してあります。
Ref.01:わがまま歩き、「カナダ」、実業之日本社、2013年3月15日、第9版第1刷
Ref.02:LATERRA、「カナダ・アラスカ」、ラテラ・インターナショナル
Ref.03:国立公園協会監修、「National Parks Of The World: North America」、講談社、非売品、1987年4月8日
Ref.04:「今がわかる時代がわかる 世界地図 2005年版」、成美堂出版、2005年1月
Ref.05:「GLOBAL MAPPLE 世界 & 日本 地図帳」、昭文社、2012年、第1版9刷発行

購入のガイドブック \1728

旅行会社配布のガイドブック

1987年出版のサービス本

カナダ情報は書籍など印刷物やインターネット上に豊富にあります。しかし、最新の情報についてはインターネットによる情報収集が欠かせません。例えば、引用には何かと問題視されるのですが、次のサイトは便利です。

WIKIPEDIA(フリー百科事典ウィキペディア)
 ↑ 例えば、キーワード「カナダ/ナイアガラ/カナディアン・ロッキー/バンクーバー/ヴィクトリア」等を入力。
WIKIPEDIA(英語)
 ↑ 例えば、英語キーワード「Canada/Niagara Falls/Canadian Rocky Mountains/Vancouver/Victoria, B.C.」等を入力

もしインターネット情報を記述に利用するなら、少なくとも幾つかの他の情報源で確認が必要でしょうし、文章は必ず自分で作成する必要がある。コピペはあくまで自分用メモと考えるのが良いでしょう。引用なら、その旨の明示と引用文の区別的表示が必要でしょう。

旅行記の記述のためインターネットで情報収集をかなり行っています。利用した主要なウェブサイトの一部は「訪問国の基本情報」ページ最後部のリンク集をご覧ください。

日本語サイトの場合、通読したオンライン旅行記もありますが、多くは辞書とか事典をみるような感覚で利用しています。記載事実の部分的な借用も無いとは云えませんが、引用とする程ではなく、たとえ部分的に短文を利用しても、文章は変更して原典とは違えています。この場合、その都度サイト名やURLを書くことは省きました。しかし時には明示することもあります。
旅行記の記述に際し、カナダに関する情報サイトが無ければ、些細な事柄を調べたり確認したりする作業が極めて困難になったことでしょう。それを思うと個人旅行記/写真集を含むインターネット上の情報サイトは実に有難い存在です。一般的な意味で「感謝」です。

今日のインターネットならば、旅行ガイドブック無しで旅行記を書くことも容易です。事実、当サイトの幾つかの旅行記は旅行ガイドブックを使用しないで書きました。主にオンライン調査で情報を集めたのです。現在の検索エンジン(日本語/英語)を活用すると表面的な事実の収集は困難ではありません。としても、旅行ガイドブックがあると何かと情報収集が楽になることも確かです。旅行ガイドブックの問題は、特定個人にとって不要な情報が必要な情報よりも遥かに多いことです。値段に値するか?これは個人差が大きいでしょう。

アクセラレーターの活用:  現在のブラウザならアクセラレーター機能で知りたい事柄の検索が簡単にできます。つまり、調べたい単語または文章をポインターでなぞって反転表示させ、その上で右クリック、ドロップダウンメニューから「○○で検索」をクリックする。すると、その反転表示をキーワードとする検索結果が即座に表示されます。このアクセラレーター機能を活用し、必要に応じて詳しくお調べください。

◇◆◇
Page▲Top