HOME旅行記集
旅行記|東欧4カ国( 2004年05月19日〜26日 )
おわりに
TOP ツアー 国情報 準備 始め 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8日目 終り
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇

東欧8日間パックツアーは現地では5泊6日、観光できたのは実質5日間でした。この短い期間に4ヵ国・5都市を観光したのです。忙しい旅行でした。反面、せっかく東欧まで行ったのに、チェコではチェスキークロムロフやオロモウツ、オーストリアではザルツブルグやチロル地方、ハンガリーではドナウベント地方、等々「知られた観光地も見なかった」と欲張りたくなるのも人情です。でも5泊6日の現地滞在では難しい。我々は東欧の雰囲気をたっぷり味わった気分で大満足して帰国しました。結論として、十分に楽しみ 「行って良かった!」 旅行でした。

今回の旅行で訪ねた ベルリン、ドレスデン、プラハ、ウィーン、ブダペスト。同じ東欧地域と十把一絡げに扱うには、それぞれがあまりにも個性的な都会でした。よろしければ、再度、写真集でご覧になってはいかがでしょう。

ただ、今回のツアーでは問題もあったのです。通常のツアーが5泊するなら、「終わり良ければ全て良し」の方針が普通でしょう。つまり、原則として段々と良いホテルにする。「初めのホテルはソコソコ、中は色々取り混ぜて、最後は快適なホテルで良い気分、」 になるように企画する。我々の経験でも、一応満足できるホテルばかりのツアーが多かったのです。
今回は逆に近かった。最初の2泊はスーペリアクラスの快適なところ、次の2泊はシャワーも使えず室温調節は不可能で虫まで出るようなホテル、最後は狭いスタンダードクラス(実際は全面改装の直後で快適でした)。もし最後のホテルが未改装だったら、恐らくツアーの印象は最低だったでしょう。これ程にホテルは大切なツアー・ファクターなのだ、と初めて体験的に知りました。

海外旅行ですから、帰国後はやはり疲れがでます。帰宅直後に風邪をひき寝込んだりもしました。それでも旅行中は、ワイフが風邪で1日元気を失っただけで、問題なく観光できたのが何よりでした。何時も心配するお腹の調子は平常でした。フライやカツが多かったし、他のものも火を通した消化し易い食べものが殆んどでした。「変化に乏しいつまらない食事」と言えるかも知れません。しかし体調に悪影響のない食事が、特に海外旅行では、大切と思います。気にしていた体重は旅行の前後で変わりなく、その点も気を付けた甲斐がありました。

今回の旅行記は公開までに時間がかかりました。自分のHPに壁紙写真集を作り、海外旅行の写真をデスクトップ壁紙として多数公開する作業をしていたのがその主な理由です。まだ不完全で再編集も必要かも知れません。しかし沢山ある海外旅行の写真を死蔵せずに拡大可能なデスクトップ壁紙として公開できてホッとしています。5月から夏にかけて急いで行った改善だったので、旅行記の記述の本格的着手が遅れてしまいました。

やっと公開できました。細かな変更など暫くは続きますが、この旅行記をお楽しみ頂けたり、少しでもお役に立つなら、幸いに存じます。 通読すると大変な量なので、初めから最後までお付き合い下さった方には、深く感謝申し上げます。 最後に、添乗員のFさんとツアーで同行された方々、お世話様でした。この旅行記を公開前に読んで細かな指摘をしてくれたワイフにも感謝です。 では、これにて東欧4ヵ国旅行記の終わりといたします。
◇◆◇
HOME旅行記集 東欧旅行記TOP現在の頁( おわりに )
Page▲Top