旅行記| エジプト紀行 カイロを中心に、( 4日目 /11月21日)
カイロ発〜トルコ周遊旅行〜カイロ着
表紙 | 始め | 行程表 | 前行程 | 1日目 | 2日目 | 3日目 | 4-9日目 | 10日目 | 11日目 | 12日目 | 13日目 | 終り
前頁に戻る 目次:行程表 次頁に進む
◇◆◇

2002/11/21(月) エジプト出国→トルコ入国

05:00 起床。怖れていた事態となりました。下痢が始まったのです。立て続けに2回。胃腸薬2袋を服用しましたが7時半までにさらに2回のトイレ行き。1時間くらいで幸いに当初の軽い腹痛は治まりました。
生水、生野菜は口にしていないので、疲れか他の原因でしょう。地中海東側の諸国で下痢になると日本の下痢止めは効かないという話を幾つも読みました。一般の総合胃腸薬が効いたと書いた人もいました。一旦、本格的に始まったらお手上げです。効果なしと思いながら手持ちの数種の薬を試すしかありません。
実にお恥ずかしい話題ではありますが、今後数日間は時折お付き合いいただくこととなりました。ついでながら、ツアー旅行参加者の1/3位は程度の差はあれ経験するそうです。

06:45 ワイフ起床。ワイフも疲れが出たのか直ぐ頭痛を訴えました。二人とも不調ですが、最終的なパッキングがあります。急ぎスーツケースに所持品などを詰め込み廊下に出す準備をしました。

07:45 ワイフは不調を訴えベッドに横になった。
08:00 モーニングコール。
08:25 ホテルがミニバーの使用を確認にきた。使用なし。
08:35 ホテルがスーツケースを取りにきた。
08:40 朝食。

レストランでは気取られない様に元気に振る舞いながらも、いつもより軽く済ませました。ミルクは少量でドライフルーツ入りのコーンフレークが主で、他にパンとコーヒーでした。

09:00 部屋に戻る。

食後、出発直前に病院の主治医の先生に出してもらった下痢止めを服用しました。 「弱い薬だから効かなかったら現地の病院にいきなさい」と言われて受け取ったものです。日本人に人気のある丸薬は当地では効果なしとする人が多く、持ってはきましたが・・・・。いずれにせよ、苦しい思いをする覚悟はしました。

09:10 忘れ物の再確認。部屋をでる。
09:15 ロビーにて現地トラベル会社の人に部屋の鍵を返す。これでチェックアウト。
09:50 バス・空港へ出発。
10:15 空港到着。搭乗券受け取り。出国カード記入。その後、土産屋で時間つぶし。
10:45 出国手続き。

出国審査官のブースが3〜4個並んでいる。左のブースを除きいずれも長い行列が出来ていて少しもすすまない。左の壁側にテーブルがあり係官が時々大きなパンパンという音をたててスタンプを押していた。左側のブースの係りがここで出国手続きをしているようでした。急遽、そちらに移動しました。待っている間、ボンヤリと左ブースの方を見ていると、人が自由に出入りしている。驚いたり呆れたり。しかし旅行社の許可取得済みの人達かも知れません。

出国手続き後、搭乗口を確認してからトイレ(要チップ・50ピアストロ)に行きました。階段を下りて地下1階に行く。地下の右手に十畳ぐらいの空間があり、その直ぐ右に女性用入り口、向かいに男性用入り口があるだけです。その空間は我々日本人にはトイレ施設の一部に思え、不潔な場所と考えるのが通常の反応でしょう。その場所に布を敷き、例のイスラム教のお祈りをしている数人の姿がありました。驚きでした。

他のツアー参加者にも奇異に感じた人達がいて、後日トルコ(イスラム教国)でガイドに尋ねた人がいたのです。「イスラム教の人はトイレでもひざまずいてお祈りするのですか?」「カイロの空港のトイレ?本当にトイレでしたか?清潔な場所ならどこでもお祈りしてよいことになっています。」 その場所はトイレの入り口がある男女共用の空間で、「トイレ」の一部の空間ではないと言えるのです。未知の世界ではとかく誤解が生じ易いものです。

11:15 搭乗手続き開始。Boeing 737-500型機。
11:30 座席に着席。満席状態。
11:45 エジプト航空イスタンブール行 MS-737 出発。30分遅れ。

エー、着陸体勢となりシートベルトのサインがONになりました。ところが急にもよおし、トイレに急行しました。済ませて通路にでたら、搭乗員らしきエジプト人男性がおかしそうに笑っていました。 が、何も言われなかった。









2002/11/26(土) トルコ出国・エジプト再入国

19:55 エジプト航空カイロ行き、MS-738、イスタンブール・アタルチュルク空港を出発。

トルコ・エジプト間は短い2時間の飛行の為か膝掛けのサービスがありません。往路でも同じでした。夜の便で眠ることも多いので、小型毛布はあったほうがいいですネ。

21:45 カイロ空港到着。入国査証。入国審査。荷物確認。

ガイドのアリさんと現地旅行社のモハメッドさんが笑顔で「おかえりなさ〜い」と迎えてくれました。ホッとするものを感じました。彼らの人柄でしょうか。ツアコンFさんはトルコのガイド・ミハットさんのメーセージ「会った事は無いけれど、どうぞヨロシク」をアリさんに伝えた。 同業者の国際交流? 結構なことです。

22:35 バスに乗車。出発許可が出ないので待たされる。
23:10頃 エジプト滞在前半に利用した Hotel CONESTA CAIRO に到着。

ホテルの部屋は6階の522号室。今度はカードキーの使用に問題はなく、ドアーは簡単に開いた。広くて調度品の立派な快適な部屋が割り当てられた。 ワイフは歓声を上げた。これ以上はスイートでしょう。こんな部屋に3連泊できるのが嬉しくなりました。
スーツケースからエジプト用の薄い衣類を出してクローゼットに架けたり、ポットで湯を沸かし短時間お茶で寛いだりしましたが、明朝は7時半の出発です。1時頃に休みました。

◇◆◇
HOME旅行記集エジプト旅行記・トップ当ページ(4日目)
前頁に戻る This Page Top ▲ 次頁に進む