[北行庵]  HOMETRAVEL
フランス、パリ紀行(5連泊) 4日目 : 2015/10/02
ノートルダム大聖堂、ピカソと国立近代 美術館
TOP ( プロローグ当旅行記のノート北行庵の4フランス旅行記★テーマ別パリ紀行★
準備期間 2015年 7月19日〜9月29日
1・2日目:  国内移動前泊成田空港JALビジネスクラスCDG空港ホテル・スクリーブ
3日目:  路線バス初乗オルセー美術館オランジュリー美術館エッフェル塔 最上階夕食
4日目:  ノートルダム大聖堂ピカソ美術館国立近代美術館凱旋門とシャンゼリゼ大通・夕食
5日目:  シャンパンカーブ葡萄の村農家の昼食フジタ礼拝堂ランス大聖堂ランス美術館
6日目:  ロダン美術館ルーブル美術館スーパー「モノプリ」サン・タンヌ通り(日本料理店)
7日目:  凱旋門の展望ギャラリーラファイエットホテル・ロビーCDG国際空港JAL Cクラス
8・9日目:  JAL ビジネスクラス(続)成田空港後泊国内移動
エピローグ  | ☆ 壁紙写真集(12ページ/73枚)
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇


06:00 起床。外は未だ真っ暗だった。パリの夜明けは遅い。
07:10 部屋を出て地階B1の朝食レストランへ行く。
ヴァイキング朝食なので基本的には似ているが昨日とは少し料理を変えた。
07:40 部屋に戻った。
バスでシテ島に:  08:50 ホテルを出て右に行き、カプシーヌ通を渡ってから左のオペラ座方向に歩き、バス停”Opera”まで歩きました。古いタイプの丸いグリーンの停車場標識だった。そこで21番のバスを待つ。行先は”Stade Charlety Porte de Geatllly”、右側交通なので バス21番の行先は1つのみのはず。
今日も快晴、すがすがしい朝です。
今回は正しいバス停で希望の行先のバスが来ました。慣れると簡単なことです。
バス停
バス停:Opera
バス21番
21番のバス(降車後にシテ島で撮影)
車窓
21番バスの車内
09:05 バスに前のドアーから乗車、運転手横の自動切符改札機に切符入れ、返却された切符をうけとる。座れました。6番目の停留所でおります。
09:12 シテ島のバス停”Cite-Palais de Justice”で下車、フランス最高裁判所の前です。案外はやく着きました。
裁判所
フランス最高裁判所、左の尖塔はサント・シャペル、左は警視庁、右に花市場、後ろに市立病院
最高裁判所の前の広場を端まで歩き、右に向かって警視庁と市立病院の間を行くと直ぐノートルダム大聖堂の広場です。シテ島はパリ発祥の地とされますが、今その中心部にいます。

ノートルダム大聖堂 壁紙写真集:ノートルダム大聖堂 Page Head ▲

ノートルダム大聖堂
ノートルダム大聖堂(パリ大司教座聖堂)、西ファサード。
ノートルダムとは「我々の貴婦人」つまり聖母マリアのこと。 聖母大聖堂。 ノートルダムのついた教会堂は数多くある。
09:18 大聖堂広場の逆端に着いた。西ファサード正面が良く見えます。前回(1999年)は西ファサードが工事中で天幕で覆われ見れなかった。写真で良く見る姿ですが、やはり実物は本物、素晴らしい。対称的な塔の構造とか中央のバラのステンドグラスの配置も整って良く見えます。朝は逆光、少し残念です。

正面に3つ入口がありますが、右の入口が参観用に開いている。大聖堂は無料ですが、階段で北塔(63m)に上がるのは有料(E8.50)です。これはミュージアムパスが使える。入口は別、上の写真の左を外回りして北塔の下近くにあるが、既に行列が出来ていました。かなり待ちそうです。我々は大聖堂の参観のみ、387段のらせん階段は登れない・・・。

09:31 大聖堂に入りました。脱帽です。写真撮影はOK、フラッシュは禁止です。1999年に参観した時はフラッシュがもの凄かった。やはり禁止になりました。デジカメも進歩して大聖堂内でもフラッシュなしの撮影が可能です。迷惑なので、当然の処置でしょう。
入口近くに「小ガイド パリ ノートル・ダム大聖堂」の自販機がありました。2ユーロ入れて9カ国語から日本語を選んで購入しました。

日本でガイドブックは読んだが、大聖堂に入ると圧倒されたのか何も思い出せない。日本語オーデオガイドは借りずに、いろいろと撮影しながら反時計回りに礼拝堂を一周しました。

西側のバラのステンドグラスとパイプオルガンの一部
西側(正面ファサード)のバラのステンドグラスとパイプオルガンの一部
北翼廊と南 翼廊の大ステンドグラスは丸い完全な形で見れますが、正面の西ファサードのステンドグラスは写真のようにオルガンのパイプで全部は見えません。ここのパイプオルガン(19世紀もの)も有名なのだそうです。ガイドブック「地球の歩き方」によると、このオルガンの演奏会やコーラス、室内楽の演奏会が大聖堂で行われることがあり、ウェブサイトで確認できるという。パイプオルガンの演奏は聴いてみたいが、実は聴くと云うより、大聖堂の中で迫力ある音に浸ってみたい、が正直なところです。

バラのステンドグラス以外にも数多くのステンドグラスがあり見事です。内陣の壁にはキリスト誕生から最後の晩餐や聖週間までを物語る長い彩色された浮彫もありました。

仏教の寺院では内陣の奥の中央にご本尊が安置されます。ここノートルダム大聖堂では内陣の奥の中央部に十字架とピエタがありました。バチカン等にピエタの彫刻があるが、広辞苑などによると「ピエタとは”嘆きの聖母像”のことで、十字架から降ろされたキリストを膝に抱いて嘆く聖マリア像の絵または彫刻」という。内陣にあっても仏教のご本尊とは意味が違うと思いますが、詳しくは他を当たってください。
内陣のピエタ
内陣のピエタ
入口で購入した小ガイドブックによると、ピエタ像はルイ13世が寄進したそうです。この像は3彫刻家の共同制作、金色の「栄光の十字架」は別の作者によるそうです。ノートルダム大聖堂の長い歴史の中では比較的新しい。
1804年12月2日、ナポレオン1世(ボナパルト)はパリのノートルダム大聖堂で戴冠式を挙行しました。その時の巨大な油彩画がルーブル美術館に展示されている。 シャルル10世(ブルボン復古王政2代目国王)まで歴代25名のフランス国王は明日訪ねるランスのノートルダム大聖堂で戴冠式を行った、とされます。

10:11 大聖堂を出る。
16年前に来たときはサクレクール寺院(教会)と比較して、サクレクールの方が聖域らしいと旅行記にしたためたものです。凄いフラッシュと籠った音響の為と思いますが、今回はフラッシュもなくツアーの団体も見られず(聖堂内自由行動?)、今回の参観は良い印象が残りました。
海外旅行で大聖堂を多く見たためか、ほぼ初めての参観と同じ感じでした。

パリ市役所
車窓: パリ市役所
タクシーで移動:  10:15頃、近くの通りで客待ちタクシーに”Musee Picasso.”と云ったらOKでした。シテ島からアルコル橋を渡り、バリ市役所前を通り、何度か曲がりながら細い小路に入る。遠くに感じたが実はその程でもない。
10:27 第3区にある北マレ地区の静かなエリアにピカソ美術館はある。門の前でタクシーから降りる。値段やチップは記録がないが、大した額ではなかったはず。

ピカソ美術館 壁紙写真集:ピカソ美術館 Page Head ▲

パリ市役所
ピカソ美術館、サレ館の一部、右に入口
10:28 美術館の正門から石畳の広場に入る。入口はそれ程奥まっていない。
17世紀に塩税徴収官の邸宅として建てられたサレ館(塩の館/Hotel Sale)を改造し、1985年からピカソの作品を展示する美術館になった。5年をかけた改装が2014年に完了したとされます。
ここは国立美術館(Musee National Picasso-Paris )です。パブロ・ピカソはスペイン出身ですがパリで活躍した画家でした。

展示作品は、1973年に他界したピカソの遺族が残された絵画等をもって相続税の物納をしたものという。収蔵品は約5,000点もあり、ピカソが収集した高名な画家の作品も含まれている。世界には幾つかのピカソ美術館があるが、最も多くのコレクションを有するともいわれます。

ピカソは時代毎に画風が大きく変化した事でも有名ですが、それぞれの時代に有名な代表作があるそうです。黒の時代(?)、青の時代(1901-04)、バラ色の時代(05-06)、キュビズムの時代(06-)、新古典主義の時代(18-)、シュルレアリスム(超現実主義)(26-36)、ゲルニカ以後(37-)などのようです。時代区分はいろいろあるらしい。
館内
館内、ギリシャ神話による「牧神パンの笛」
ミュージアム・パスで入館した。
今日は平日て午前です。訪問者はポツポツの感じですが、却って美術館らしい静けさで良かったと思います。
展示室を順を追って観てきましたが、何分にも下地がない。何となくピカソらしく感ずる絵が多かった、程度の印象で話になりません。しかし、若い時代の絵は抽象化されていないので分かり易く、記憶に残ったものもありました。全体として、素人なりに楽しめ、訪問の甲斐がありました。

11:20 ミュージアム・カフェに入る。先客は数人でした。カプチーノを注文。カウンターで一休みでした。ここはテラスもあるが誰もいない。使うのは夏でしょうね。
11:35 美術館を出る。

タクシーで移動:  正門を出て右方向に歩きました。少し通行の多い道に出る。また右に曲って商店のある交差点までいくと、丁度タクシーが来た。つい、日本流に「Pompidou Center」と口に出たが、OKでした。当地では ”Centre Pompidou”です(赤面)。確か5分もかからず到着、建物の裏側ボーブール通りで降車した。料金とチップはやはり記録なし。帰宅後に地図で見ると乗車地点から4丁(4交差点)でポンピドゥーセンター、近くて歩ける距離です。で、タクシー代は安かったはずです。
11:49 ボーブール通りの出入り口は確か閉まっていた。建物外の対角線上に設備された天蓋付きエスカレーターが特徴の正面は反対側です。歩いて回りましたが、長方形の広場があった。その石畳は建物に向かって全体が傾斜したつくり。直ぐイタリアはシエナのカンポ広場と市役所を思い出した。実際には半円のカンポ広場ほどの規模はないが、同じように傾斜の石畳に幾つものグループが座ったり寝そべったりで、リラックスの場所になっている。

ポンピドゥーセンター、その展望台 壁紙写真集:ポンピドーセンター Page Head ▲

ポンピドウセンター
ポンピドゥーセンターと特色のエスカレーター
12:08 エスカレーターで最上部まで行きたいが、分からない。取り合えず建物中央の入口から入った。入口から左に行くと上下2本のエスカレーターがあり、1階(日本流2階)から外のエスカレーターにのる。その場所にゲートがあり、ミュージアムパスが必要だった。6階の展望台だけなら入場料はE3.00です。国立近代美術館の入場券があれば展望台は無料です。
12:17 エスカレーターを乗り継いで6階の展望台に着いた。建物の端から端まで一直線に透明チューブに覆われている。風があっても楽にパリの眺望を楽しめますが、雨天ならチュウブ自体が雨水に濡れ楽しめないでしょう。
今日は素晴らしい晴天です。端から端までゆっくり歩いて眺めを楽しみました。
サクレクール寺院(教会)
モンマルトルの丘、サクレクール寺院、正面の階段、ケーブルカー(左)、ポンピドゥーセンター展望台にて撮影。
サクレクール寺院以外にも、ノートルダム大聖堂、エッフェル塔、パレ・ガルニエ(オペラ座)、パリ商品取引所の大ドーム、等々が見えてなかなかの展望でした。サクレクール寺院の正面、その下にモンマルトルの丘の階段、左にケーブルカーが映った上の写真は自慢の1枚です。コンデジの超望遠なので色彩等に多少の難点を感じますが・・・。

国立近代美術館(ポンピドゥーセンター内4〜6階) Page Head ▲

国立近代美術館
国立近代美術館6階、沢山の小セクションがある
12:30 展望台の6階から美術館に入る。
この美術館はルーブル、オルセーと並びパリ3大美術館の1つに数えられる。我々は6階の絵画と彫刻のセクションのみ見て回りました。抽象的でわからない展示物も多いが、現代社会の環境にいると、分からなくとも面白いとかよく制作したナと思わせるものも結構あり、来て観てよかったと思います。現代的な建物の空間を飾るに古典的作風では合わないことも容易に想像できます。こんな機会でもなければ現代芸術にはなかなか足が向きません。
13:10 この頃に美術館を後にして、エスカレーターでL階に降りました。

ポンピドゥーセンターのカフェで一休み: 

sss
左のガラス壁に正面入口、その奥にエスカレーター入口
www
カフェ。

ポンピドゥーセンターは1977年に開館したそうですが、38年も経った今も古さは感じません。総合文化芸術センターとして人気があるそうです。入居施設で重要なのは公共情報図書館とされ、開架式で閲覧席は約2000席とか。写真(左)は入口のある広いホールでル・フォーラムと呼ぶ。右の写真はエスカレーターで1階上がったカフェ。朝から急いで3カ所も観たので足が疲れました。ここで一休みです。

13:12 カフェに入る。オーダーはコーラ2、マフィン1、スカッフ1でした。非常に質素なランチですが、体重コントロールには良いです。朝食が通常より多いので調整です。

13:34 この頃にボンヒドゥーセンターから出ました。
石畳の広場を左に行き、センターとカフェの間の道を通り、来る時にタクシーを下りたボーブール通りにでました。 これからバス37番でマドレーヌ教会まで行き、その近くの名店フォーションで買い物の予定でした。ところがバス37番は30分以上待っても来なかった。で、流しのタクシーに乗った。

マドレーヌ教会
マドレーヌ教会、ギリシャ神殿みたいです
14:10 空車は直ぐ来た。「Madeleine ?」と云ったつもり。運転手は「Church ?」と聞き返した。頷くとOKでした。
ルーブル博物館からコンコルド広場まての渋滞は酷いものでした。運転手は上手くすり抜けたり熟練を見せてくれた。距離にしては時間がかかった。路線バスも不定期になるはずです。
14:36 マドレーヌ寺院を過ぎた処で降りた。タクシー代はE17.10だった。釣りを貰ってE2.00のチップを渡す。

日本語の不思議:
”寺院”に相当する英語は”Temple”で”教会”は”Church”が普通です。ところがパリのサクレクール教会とマドレーヌ教会は多くの人達が教会ではなく寺院といいます。つまり、サクレクール寺院とマドレーヌ寺院です。あたかも仏教などキリスト教以外の宗教施設のような感じです。しかし共にキリスト教の教会で、前者は大きな巡礼教会、パリ第二の訪問客数を誇る観光地でもあります。誰がどんな意図をもって日本で広めたのか知りませんが、”寺院”ではなく”教会”とするのが適切な気がします。ちなみに、今回乗ったタクシーの運転手さんは英語が話せて”Madeleine Church”と云っていました。

マドレーヌ教会を正面に見ながら少し戻って、角のフォーションに入る。

フォーションの土産品 Page Head ▲

sss
ゼリー、少しだけ異国の味
www
クッキー、評判よし
www
果物を模った練り菓子

ここはワイフの出番、いろいろ物色して上の写真の土産品の適当数を買っていました。トータルで E128.00、マアマアでしょう。 後日談ですが、それぞれ日本にはない味が僅かに含まれ、異国的で良かったと思う。「日本の洋菓子が良い」と信念をお持ちの方にはどうですか・・・。

マドレーヌ教会から宿泊のホテル・スクリーブは徒歩圏内です。購入品の袋は私が持って、ブラブラ街を見ながら一旦ホテルに帰りました。

ホテルで休息 Page Head ▲

15:20 この頃ホテルの自室に戻った。
ベッドメーキングはまだだった。しかし休憩には関係ない。
15:50 この頃、ホテルを出る。

エトワール凱旋門とシャンゼリセ通り 壁紙写真集:シャンゼリゼ大通 Page Head ▲

バスでエトワール凱旋門に:  ホテルを出て左に向い、交差点で Auber 通りを左に歩きバス22番の停留所にきました。目的の22番が来ましたが、ドライバーさんには分かっているように「このバスは Opera 停留所で終り。(オ・プランタン方向を指さして)向うに行け。」と英語で教えてくれた。親切なドライバーさんに感謝! 昨朝と同じ乗車ミス、反対方向のバスに乗車するところだった。
直ぐ先の交差点で Auber 通りから オスマン(Haussmann)通りに渡り、デパートのプランタン・オスマン本店前の停留所に行く。22番の乗場があった。ここから乗ると「 Pte St. Cloud 行き」でエトワール凱旋門をとおる。バスは直ぐきました。切符を自動改札機に通して乗車、座れました。

バスは賑やかな街中を走ったが、大きく曲がり Av.de Friedland という並木道を走り始めた。時々商店などがあるがオフィス街ではなさそうだった。良い住宅街といいます。車窓から大きな凱旋門が見えてきました。一つ前の停車場を出発したら赤ボタンを押した。
16:17 シャンゼリゼ大通りの隣の Av.de Friedland の停車場で降りました。エトワール凱旋門の大ロータリー近く、シャンゼリゼ大通りの隣の大通りで歩いても直ぐです。

エトワール凱旋門とシャンゼリゼ大通り:  残念ながらエトワール凱旋門は夕方で逆光です。ここから見て左側の「1810年の勝利」や右側の1792年の義勇軍の出陣」など著名な浮彫は今一つ見づらかった。でも凱旋門は1/3周してゆっくり眺めました。 凱旋門はパリ出発日(10/5)にも訪れ、凱旋門の上からパリの360度の展望を楽しみます。

エトワール凱旋門
エトワール凱旋門

夕方のエトワール凱旋門を見てから、歩道が実に広いシャンゼリゼ大通りのブラブラ歩きでした。入店待ちの行列に並んでしばし、ルイ・ヴィトンの店内に入りました。大昔にここでキーホルダーを買ったことがある。その時より大型化したように思います。店内を観て回ったが食指が動かず、結局は買わずにでました。日本では「爆買」と報道されている中国系らしき人達もいましたが大勢で詰めかけている様子はなく少人数です。このブランド店にはいろいろな地域や国の人たちが買物に来ているようでした。

フーケッツで簡単な食事: 
フーケッツ
シャンゼリゼ大通りの有名カフェ「フーケッツ」
サンドイッチ
夕食のサンドイッチ
16:48 ルイ・ヴィトンの道路を挟んだ向いに有名な老舗のカフェ「フーケッツ」がある。内心では「柄にもなく」と思いつつ、入ってみました。テラスではなく中です。1899年の創業らしく、高級カフェでした。観光客らしき姿もチラホラで、じきに雰囲気にはなれました。時間が時間、しだいに満席になりました。

「日本語メニュー」を頼めれぱ良いが、あるかな? 出されたフランス語(英語?)メニューから「クラブ・サンドイッチ」2つとビールを1本たのんだ。シェアーする、と伝えてグラス2個もらった。これで E78.00、レートを 137円とすれば10,686円です。夕食なら特に高くはないが、サンドイッチなので場所と知名度を反映していると思います。実はチップ置くの忘れました。意図的ではなく、トイレに行ってそのまま。帰国してからレシートをよく見たら、タックスはキチッと取られていたが、サービス料金は項目がない。担当ギャルソンには悪いが、それほど気にすることはないはず・・・。
17:42 フーケッツを出る。

オペラ地区に戻る:  凱旋門まで戻り、シャンゼリゼ大通り隣の道のバス停に行く。来た場所と同じながら往路と復路では相対する歩道に停留所がある。
バスは22番より先に52番がきた。これはマドレーヌ教会を通ってオペラ座までいく。違う路線の方が面白いので乗りました。バス停”Opera”で降り、 ラファイエット・メゾンに向かいました。少しづつオペラ座地区の地図が分かりだしています。

ギャラリーラファイエットで土産品 Page Head ▲

エシレバター
エシレバター
18:25 ラファイエット・メゾンに入る。
昨日ここの地階で見つけた籠入り無塩バターをワイフは土産に決めていた。「まとめ買いが多い。売り切れると困る。」 早く買って、安心したかったらしい。
ワイフは欲しい数だけエシレ無塩バターをショッピング籠にいれた。1個 250g で E3.90。高いものとは思えません。表示では”無塩バター”で塩味の無いバターと思いがちですが、実は製造プロセスが日本のバターと少し違うらしく、牛乳から生クリーム状態になった時に乳酸菌を加えて一度発酵させ、それから固形バターに仕上げる”発酵バター”でして、欧州では多いようです。
離れた場所のレジの行列に並んだ。行列は長いが、先頭を空いたレジに案内するので待ち時間は思ったほどではない。
今日の買い物はこれだけでした。デパートを出てホテルに向かった。

ホテル Page Head ▲

steps 10/02 19:00 この頃にホテルに戻りました。
上品なサンドイッチでは物足りなく、持ち合わせの食べ物で補充したと思います。細かな事は記録がありません。
明日は早起きしてシャンパーニュ・アルデンヌ地方まで11時間のエクスカージョンです。早く休みました。
◇◆◇
HOME旅行記一覧パリ紀行(5連泊)TOP4日目
≪ PREV. Page▲Head NEXT ≫