[北行庵]  HOMETRAVEL
フランス、パリ紀行(5連泊) 6日目 : 2015/10/04
ロダン美術館とルーブル美術館
TOP ( プロローグ当旅行記のノート北行庵の4フランス旅行記★テーマ別パリ紀行★
準備期間 2015年 7月19日〜9月29日
1・2日目:  国内移動前泊成田空港JALビジネスクラスCDG空港ホテル・スクリーブ
3日目:  路線バス初乗オルセー美術館オランジュリー美術館エッフェル塔 最上階夕食
4日目:  ノートルダム大聖堂ピカソ美術館国立近代美術館凱旋門とシャンゼリゼ大通・夕食
5日目:  シャンパンカーブ葡萄の村農家の昼食フジタ礼拝堂ランス大聖堂ランス美術館
6日目:  ロダン美術館ルーブル美術館スーパー「モノプリ」サン・タンヌ通り(日本料理店)
7日目:  凱旋門の展望ギャラリーラファイエットホテル・ロビーCDG国際空港JAL Cクラス
8・9日目:  JAL ビジネスクラス(続)成田空港後泊国内移動
エピローグ  | ☆ 壁紙写真集(12ページ/73枚)
≪ PREV. パリの地図 NEXT ≫
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇


06:30 起床。
07:30 地階のレストランで朝食。
07:55 部屋に戻る。

地下鉄でロダン美術館へ:  09:00 ホテルを出る。天気予報に合わせ傘を持ちました。
09:05 メトロ「オペラ座」駅に入る。これからメトロ3番に乗り2駅目のサンラザール駅で13番に乗り換えです。4番目のヴァレンヌ(Varenne)駅で降りるとロダン美術館は近い。
09:25 ヴァレンヌ駅に到着した。ホームにロダンの彫刻が幾つかあり、自分が目的の駅にきたことが自然に確認できます。

メトロ駅から大通りにでる。アンヴァリッドの見事な大ドームが近くに見えました。
入館無料の看板 09:35 ロダン美術館の入口に来ましたが、数人の先客が開館を待っていました。 開館待ちの行列は次第に長くなり、ついに表通りに達しました。
今日は10月の第1日曜日、パリの多くの美術館は毎月の最初の日曜は入館料が無料になります。我々はそれを狙った訳ではないが、たまたま当たりました。手持ちのミュージアム・パス4日間は今日まで有効、しかし2日間有効のもので十分でした。購入ミスでした。

ロダン美術館 Page Head ▲

開館前のロダン美術館
開館前のロダン美術館、行列は開館時のみのようでした。
10:00 ロダン美術館の開館。
解説サイトやガイドブックには見るべき作品が掲載されている。しかし、実は事前の勉強不足でサラッと見て回っただけに終わりました。
どこの美術館でもそうですが、随分と見落としがありました。エッフェル塔から撮影したロダン美術館の庭園には”地獄の門”らしきものも写っていたし、多少の予備知識も現地では何処かに行ってしまった状態でした。 他の人たちはゆっくり見歩いているので知識の有無の違いでしょう。
庭園の「考える人」はあまりにも有名ですし、特に感激はなかった。雰囲気は良かったと思います。
10:30 美術館を出て、メトロ駅に向かった。
10:56 メトロのオペラ駅を出る。
オペラ座
オペラ座の正面

カフェで休憩:  11:10 オペラ座近くのカフェに入った。
カプチーノを注文。ゆっくり休んだ。
11:40 カフェを出る。

ルーブルまで歩く Page Head ▲

健脚とは言えないが街にも慣れてきました。オペラ大通りをルーブルに向かって歩きます。
市民マラソンのゴールらしい
オペラ大通りメトロ・ピラミッド駅、市民マラソンのゴールらしい
11:44 メトロのピラミッド駅近く、スーパーのモノプリの前で”We Run Paris”と大きく書いたゴールゲートが作られていた。参加者が次々にゴールインをしている最中でした。どんな競技か分かりませんが、”10Km Center Paris”とも書かれていてパリ市民の短距離マラソンのようでもあります。検索してもフランス語ページが多く良く分かりません。パリでは類似の催しが時期や場所を変えていろいろあるようです。

この辺りから左に少し入るとパレ・ロワイヤル、幾つかのパッサージュ(アーケード街)、日本食レストランの多い地区などに簡単に行けます。歩いても何の不安もなく、東京と同じように感じていました。もちろんパリなので街並みと人々は雰囲気が大違いですが・・・。

我々はオペラ大通りを先に進んだ。チョットした広場があり、左に行くとパレ・ロワイヤルは直ぐです。ホテル・ルーブルとカフェの間の通りをルーブル美術館に向かった。美術館沿いの交通量の多いりヴァリ通りを渡るとギャラリー・デュ・カルーセル入口でした。
12:01 カルーセル入口に到着、オペラ座からゆっくり歩きで約20分でした。

ルーブル美術館 壁紙写真集:ルーブル美術館 Page Head ▲

第1日曜でルーブル美術館も無料入館日です。昼食時のためか無料日でもエントランスは短い行列で直ぐ通り抜けました。ルーブル「見取り図と館内のご案内・日本語版」を貰いました。大判で見やすいく大まかに全容がわかります。スリ注意の7項目もあり、混んだ所では要注意です。
ホールの虹
ナポレオンホールの床に虹色の線
12:06 エスカレーターでルーブル美術館の地階に降り、ショップ等のあるホールウェイを通ってガラス・ピラミッド下の半地階の広場に出る。ナポレオンホールという。
天井からガラスの逆ピラミッドが下がっている。そのから太陽光がホールに入るが床に虹の線が何本も出現し珍しかった。計算ずくか偶然かは分からない。
ナポレオンホールから美術館の展示3ウィング(リシュリュー翼、シュリー翼、ドノン翼)の全てに行ける。それぞれにエスカレーターとウィング名の大きな表示があり分かりやすい。カフェやレストランも行きやすい。
サモトラのニケ
サモトラのニケ、見えないが大勢が取り囲んでいる
中心のモナリザ
中心のモナリザは大勢の人、これでも少ない時らしい

ルーブル美術館は3回目です。隅々まで見歩きルーブル・オタクになりたいタイプではありません。適当(?)に見歩きました。ベンチも数多くあり、座って休みながら彫刻や絵画を堪能しました。大美術館ですもの、雰囲気は最高です。ゆっくりした気分ですごしました。詳しくは ↓ でご覧ください。
・ルーブル美術館公式サイト (日本語)
・ウィキペディア > ルーブル美術館 ← 主要な展示作品の写真あり
パリでは日本人の写真撮影のマナーが悪いと悪評のようです。実は名画モナリザの前は大勢の人垣でした。その中ほどで鑑賞しましたが、デジカメのマルチアングル・ディスプレーを下向きにしてデジカメを高く掲げてモナリザを撮影しました。3〜4回も繰り返したが、後方の人たちからはブーイングでした。確かに後方の人達の鑑賞を妨げる行為で当然のブーイングと思います。写真撮影の悪評は事前に知っていましたが、ウッカリでした。反省です。皆さまは、どうぞお気を付け下さい。

14:35 ナポレオンホールに戻り、そこからカルーゼル入口に向かった。
この時刻は入館のための長い行列ができていた。良い時間に入館したようでした。ほぼ2時間30分をルーブル美術館で過ごしました。もう少し館内をぶらつき、食事かお茶をすればよかった、と後悔しています。

カフェ:  何か飲みたくなり街のカフェ・テラスのテーブルに座る。ウェイトレス2名が仕事中だったが、何故か我々のテーブルには来ない。適当に休んで、出ました。

スーパー「モノプリ」 Page Head ▲

地下鉄ピラミッド駅近くのスーパー「モノプリ」
地下鉄ピラミッド駅近くのスーパー「モノプリ」
今日は日曜、スーパーは定休と思っていましたがここのモノプリ(MONOPRIX)は開いていました。ルーブル美術館への往路で見ましたが市民マラソンと思しきゴール地点なので特別に開けたのかも知れません。
気軽な土産品探しのため入りました。ネット情報では日本人観光客がよく訪れるスーパーのようです。フランスのスーパーは一旦入店すると買い物をしないと出れない構造です。
地階、1階、2階の3層店舗ですが、地上階のみで菓子類を物色しました。クッキー2種類(袋入)、オレンジ・チョコレート、フォーションのクッキー(箱入)などです。高いものではありません。レシートは9アイテムでE48.96でした。帰国後の賞味では、クッキー等は凄く甘くて日本にはない食感でした。ワイフには全くダメな味でしたが、私には若い時に好んだクッキーと似た味に思えて楽しめました。帰国後にネット通販で売っていたので追加購入した程でした。
袋菓子のクッキー
袋菓子のクッキー
フォーションのクッキー小箱
フォーションのクッキー小箱
オレンジのチョコ
オレンジのチョコ
15:45 モノプリを出る。

サン・タンヌ通り、弁当の「十時や」 Page Head ▲

十時や
弁当の「十時や」、サン・タンヌ通り
日本食店の多い通り
日本食店が多いサン・タンヌ通り、3店も写っている
ピラミッド駅からオペラ大通りをオペラ座方向に歩き、大通りを横切って右側に入るプティシャン通りを歩いた。横道が幾つかあるが直進し、サン・タンヌ通りの交差点を左に入った所にありました。庶民的な狭い歩道ですが、別に何の心配もない清潔なエリアのようです。地図を見るとピラミッド駅とプティシャン通りの間の右に行く道を使うほうが近道です。
15:50 はっきり書くと「十時や」は質素な店づくりでした。その分は安く美味しく食べれる弁当を提供しているようです。店の奥はテーブル席でした。我々は焼サーモン(厚く大きい)と白飯、チョイスでポテトサラダ、キンピラゴボウ、卵焼きの弁当にした。醤油と割りばしは付いてくる。2つで税込み E21.00 でした。
店内で弁当が出来るのを待ちましたが、フランス人らしき人達もポツポツと入ってきます。それなりに人気があるようでした。
ホテルに持ち帰って部屋で夕食にします。
本来なら適当そうなビストロに入るべきですが・・・、疲れました。

ホテル・スクリーブ Page Head ▲

16:15 今日は早くホテルの部屋にもどったが、ホッとしました。
天気予報は幸いに外れで傘は使用しなかった。
落ち着いてからワイフが気付いたが、ミネラルウォーター2本を置いていなかった。朝、チップ E2.00 は忘れずにおきました。係が忘れたか手抜きでしょう。

夕食はワイフが作ってくれたカップ麺と買ってきたサーモン弁当です。2人だけで普段通りの夕食みたいなものでした。弁当のサーモンは、レストランの皿で適当な付け合せにすると恐らく結構な値になるでしょう。食べなれたキングサーモンと比べても大きさも味もよく上質に思えました。日本の鮭弁当の切り身とは少々違います。サーモン、卵焼き、白飯はよかったがキンピラゴボウとポテトサラダは普通でした。弁当としては「美味しかった」と思います。空腹のためだけではないでしょう。(残念ながら、写真は撮影忘れでした。)

steps 10/04 明日の夜にパリ出発、集合は夕方5時にホテルのロビーです。今晩はスーツケースのパッキングがありますが、私は食後は眠ってしまった。その間にシャンパンはワイフが厳重にパッキングしてくれました。買物は多くはないがキャリーケース2個はほぼ満杯に近かった。かさばる品が多かった。

明日はオペラ座の中を見学し、その後はギャラリー・ラファイエットでゆっくりの予定です。
全て済ませて本格的に眠りました。
◇◆◇
HOME旅行記一覧パリ紀行5連泊TOP6日目
≪ PREV. Page▲Head NEXT ≫