[北行庵]  HOMETRAVEL
フランス、パリ紀行(5連泊) 7日目 : 2015/10/05
凱旋門、ギャラリーラファイエット、復路1
TOP ( プロローグ当旅行記のノート北行庵の4フランス旅行記★テーマ別パリ紀行★
準備期間 2015年 7月19日〜9月29日
1・2日目:  国内移動前泊成田空港JALビジネスクラスCDG空港ホテル・スクリーブ
3日目:  路線バス初乗オルセー美術館オランジュリー美術館エッフェル塔 最上階夕食
4日目:  ノートルダム大聖堂ピカソ美術館国立近代美術館凱旋門とシャンゼリゼ大通・夕食
5日目:  シャンパンカーブ葡萄の村農家の昼食フジタ礼拝堂ランス大聖堂ランス美術館
6日目:  ロダン美術館ルーブル美術館スーパー「モノプリ」サン・タンヌ通り(日本料理店)
7日目:  凱旋門の展望ギャラリーラファイエットホテル・ロビーCDG国際空港JAL Cクラス
8・9日目:  JAL ビジネスクラス(続)成田空港後泊国内移動
エピローグ  | ☆ 壁紙写真集(12ページ/73枚)
≪ PREV. パリの地図 NEXT ≫
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇


パリ滞在は今日で終り、夕方5時にホテルロビー集合です。といっても我々の2人のみ、 JALパックの送迎担当の方がピックアップに来ます。それまで自由観光です。
予定としてオペラ座の内部見学を開場の10時から、その後はデパートのギャラリーラファイエットをゆっくり見るつもりです。

06:00 目覚め、昨日は早く寝着いたが一度も目覚めなかった。
06:45 起床。
洗面時に気付いたが、右の小鼻に1〜2mmの化膿が出来ていた。疲労が激しいと赤いポチッとした斑点がよく出来る場所で皮膚科で治療したことも数回ある。今は以前より酷く、初めての化膿だった。自己治療しかない。膿をとり、手持ちのテラマイシン軟膏(化膿止め)をぬっておく。バンドエイドを使うとかえって目立つので止めておいた。治ったのは帰宅後でした。

07:30 地階の朝食レストランに行く。ホテル・スクリーブで最後の朝食です。
07:55 部屋に戻った。

オペラ座見学を凱旋門展望台に変更 Page Head ▲

09:40 ホテルを出てオペラ座に向かった。
今日の天気予報は雨ですが、未だ雲は高く直ぐは降りそうにもなかった。

オペラ座内部の見学は不可: 通常なら10時から予約なしで見学(E10.00)できるが、今日は妙な雰囲気です。大勢の人達がデジカメに大きなレンズを付けてオペラ座の階段の高いところを占領していた。車道近くにも随分といる。何か催事があるようです。はたして次々に高級車らしき車が到着してモデルらしき人達が降りてくる。その度にカメラマンが取り囲んでいる。中にはインタビューを受ける人すらいた。オペラ座のガードマンに念のため内部参観を聞いたら、英語で「今日一日ダメ」とのことだった。予定は変更せざるをえません。

オペラ座の人だかり
バスで凱旋門に移動: 現在は薄曇り、凱旋門の上から 360度のパリ市街を眺めるには絶好かも知れません。他に行くべき候補地もないので、エトワール凱旋門に決めた。
凱旋門を通るバス22番の停留所はプランタン前、近くです。歩きました。

エトワール凱旋門の展望台 壁紙写真集:凱旋門の展望台 Page Head ▲

10:10 凱旋門のバス停留所はシャンゼリゼ大通りの隣フリードランド大通りにある。降車してシャンゼリゼ大通りに向かうと直ぐ地下道に降りる階段入口があった。そこを下ります。
10:18 12本の道路が放射状にパリ市街に伸びる巨大なロータリーに囲まれてエトワール凱旋門はそびえている。横断歩道はなく、地下道のみで行ける。その地下道に地上50mの展望台への入場券売り場があった。ミュージアムパスが使えるが期限が切れている。多少の行列でしたが大して待たずに購入できました(E19.00/2人)。

10:23 確か地上部だったと思いますが、螺旋階段の入口に入場券確認の窓口があった。実は身体障碍者以外はエレベーターは使えない、ことになっている。念のため ”I am 〇〇 years old. Is it allowed for me to use the elevator ?” 窓口のおばさんは ”Sure.” と云って笑った。トランシーバーでエレベーター操作員に連絡してくれました。OKです。よかったー! 螺旋階段 50m を自力で登ったら、2人とも今晩は脚が痛くて悲鳴を上げるかも・・・。嬉しかった。Merci !
エレベーターの係も愛想よくしてくれました。
実は、歳は少しサバを読みましたが・・・。

10:30 エレベーターから出て、1階だけ階段を上がり凱旋門の上の展望台にでた。
現在は薄曇りで強い光がなく360度の展望がとても良く見えました。エトワールとはフランス語で「星」の意味とか、12本もの道が放射状にあるのでもっともな名称でしょう。12本全ての写真を撮りましたが、並木がとても大きくて見事です。

シャンゼリゼ大通り
エトワール凱旋門からシャンゼリゼ大通り

丘のサクレクール教会(左)、サンオーガスティン教会(右)
エッフェル塔
モンパルナスタワー(左)とエッフェル塔(右)
ラ・デファンス
パリ郊外のビジネス街 ラ・デファンス の遠望( シャンゼリゼ大通りの真逆方向 ) 中央の四角いフレームは新凱旋門
思いがけず凱旋門の上からパリ市街を眺めました。パリ20区では高い建物は数少なく見晴らしはとても良くて楽しめました。50mも階段を上るためか、あるいはガイドブック等で「シャンゼリゼ大通りとショッピング」などと書いているためか、東洋系の人達など見なかったと思います。我々が上った時は、総じて若い人達でした。
10:50 下りエレベーターに乗る。

第一次世界大戦の無名戦士の墓:  エトワール凱旋門の地上部に「無名戦士の墓」がある。第一次世界大戦(1914-18)で亡くなった方々を代表して最下級の兵卒1人の遺体のみ埋葬されたそうです。年に1度はフランス国大統領が参拝されるようです。

無名戦士の墓
第一次世界大戦の無名戦士の墓
ちなみに前回2010年のフランス旅行では丁度その日の夕方に来ました。11月11日は第一次世界大戦の休戦記念日、この日に国防省が管理する「無名戦士の墓」にて年1度の戦没者の追悼式が執り行われます。大統領の参拝があるとされシャンゼリゼ大通りを含めて物々しい警備、地下道は通行止め、大通りの広い歩道は見物の人達でいっぱいでした。

一兵卒と大統領の間には無数のフランス人がおられます。もちろん無宗教行事で、フランス国民全員を含む儀式です。些事に捕らわれない、凄い包容力のある大きなアイディアに思えました。

凱旋門からオペラ地区に戻る:  10:58 地下道を通ってシャンゼリゼ大通りの広い歩道に出ました。メトロ駅も近くにあるが、フリードランド大通りのバス停に向かった。来たときと同じ通りながら、停留所は降車時と反対側の歩道にある。直ぐに22番のバスがきた。

またまた行先を見ずに乗車、今回はオペラ座まで行かず、サン・ラザール駅が終点でした。凱旋門近くのフリードランド大通りは途中で名前が変わり、サン・ラザール駅やオペラ座エリアではオスマン大通りと呼ばれます。
11:08 サン・ラザール駅からホテル・スクリーブまで歩きですが大した距離ではない。パリの繁華街の散歩です。

ホテル・スクリーブに戻りチェックアウト Page Head ▲

11:15 この頃にホテルの部屋に戻った。
一休みして、手荷物や忘れ物の最終点検をする。
11:40 キャリーケースを引きながら部屋を出た。チェックアウトは12時まで。
カードキー2枚をフロントに返却するだけのチェックアウトです。フロントのフランス人女性Eさんは日本語がとても上手でした。日本に2年間も滞在したそうです。今日の午後5時に旅行会社のガイドがここのロビーにピックアップに来るので、それまでスーツケースを預かるよう頼みましだ。快く引き受けてくれました。
多く宿泊体験者がネット上で「このホテルのスタッフは『愛想が良い』」と書いていました。”愛想”と云っても日本式と意味が違うはずですが、何かの用件では「耳を傾けて適切に対応」してくれました。我々の印象は「愛想が良い」かどうか。しかし、迅速な応対に過不足を感じない「居心地が良い」ホテルだったと思います。

ギャラリーラファイエット 壁紙写真集:パリあちこち Page Head ▲

この大デパート(Galeries Lafayette)は1895年の創業というので既に120年の歴史がある。ヨーロッパ最大級のデパートともいう。オスマン大通りに沿って紳士館、本館、大通り向かいにメゾン&グルメ館がある。ラファイエット・グルメは紳士館にあったが 2014年 にメゾン館に配置換えとなった。

ラファイエット・メゾン: 
まずラファイエット・メゾン館に入った。ここは夕食のサンドイッチや土産の無塩バターを買ったところです。欲しいものは決まっていた。 ヴィクトリノックスのスイス・アーミーナイフです。下見済みで1階(日本式2階)の売り場に直行です。多分、テナントのショップでしょう。
12:15 今回は男性店員がいました。ショーケースには沢山の種類が並んでいる。迷うが大きからず小さからずのものを出してもらった。
一応は道具類を出してみる。栓抜き、コルク抜き、缶切り、スクリュードライバー、等々ナイフ以外にも随分と小道具が多かった。帰宅後にみたら爪楊枝やピンセットまで付いている。箱に書かれた商品名は”Tourist”でした。適切なものを購入したことになる。値段は E22.95、クレジットカードで支払いました。

店員さんは、奥の棚からヴィクトリノックスの調理器具「ペアラー(Parer/皮むき器)」をワイフに見せてアーミーナイフと一緒に袋に入れました。サービスでした。後日談ですが、手持ちペアラーとは切れ味が全く違うそうです。刃の形状が違うので工夫があるのでしょう。ワイフはとても気に入り使っています。

ラファイエット・本館: 
メゾン館から出たら雨でした。傘をさして本館に向かった。オスマン大通りを横切り、小路を渡ると本館入口です。
中に入った途端、見事なカラフルで大きなクーポラに驚き感心する。この大ドームは100年以上の歴史があるパリ名物の一つです。その下は巨大な円形の吹き抜けで各階の売り場のアーチがアールヌーボー調の見事な内装を演出しています。巨大空間のみでは単調過ぎるのか、文字を書いた白い平らな風船みたいな飾りが沢山浮いていました。実感するしかない雰囲気でしょう。

ガラスのクーポラ
ギャラリーラファイエット本館のガラスのクーポラ、こんなの観たことがない!
巨大な吹き抜け
ギャラリーラファイエット本館の巨大な吹き抜け

本館1階のカフェ「アンジェリーナ ”ANGELINA”」: 
昼時です。店内マップでカフェを探しました。1階(日本式2階)に ANGELINA という店を見つけ、そこに行きました。店内フロアーからは小高く、階段で上がった。広い店内の真ん中近くのテーブルに案内されました。

知らなかったので、帰国後にネットで調べてみた。パティシエのアントワーヌ・ランぺルメイエ(オーストリア人)が1903年にチュイルリー公園近くに「アンジェリーナ」をオープンしました。以来、有名人も出入りするサロン・ド・テ「アンジェリーナ」として今に続く。 ケーキのモンブランやココア「ショコラ・アフリカン」が有名とか。箱入りチョコレートも名品らしい。そのような老舗がラファイエットに出店していました。日本にも進出、銀座プランタンが基幹店でケーキのサイズは日本版とか。

ミルフィーユ メニューから「ミルフィーユと紅茶」を頼みました。ミルフィーユはクリームのトッピングがあり日本では見ないものでした。でも、ボリュームがあってカロリーからも我々の昼食に十分でした。2人分で E33.00。ギャルソンも適切な応対に思えたので釣銭から E2.00 を上げました。直立で会釈し”Merci”が返ってきました。

その後、エスカレーターで最上階まで行き、それから階を下げながらブラブラと店内を見歩きました。日本でも良く知られたブランドも随分と出店しています。並んだりする東洋系の人達は「爆買」で有名な国の旅行者かな?

珍しいトイレ: 
階は忘れましたが渡り廊下を通り紳士館のトイレに入った。驚いた! 大勢の男女が一列の洗面台にいる。反対側は赤系のドアーがズラーと並ぶ個室のみ、そのドアーに女性用マーク、男女兼用マーク、男性マークがついている。以前の記憶として、フランスの地方都市で男女兼用トイレはあったが、個室が1つなら当然です。例えば日本の鉄道でも兼用なので別に驚かない。しかし、ここは個室の数は分からないがズラリという印象がある。さすがに写真はとれなかった。珍しいタイプのトイレでしょう。話題性を狙って作ったのかも・・・。

メンズ館L階で小物の買い物: 
15:00 地上階まで下り、道を横切って紳士館に入った。毛糸の帽子を買いたかった。北国住まいで何かと使う機会が多い。今のは数十年も昔ニューヨークのスポーツ店で買ったスキー帽です。合成繊維らしく未だ使える。でも、NYと刺繍された毛糸の帽子を買いました。Paris で NY と書いた帽子を買うセンスは? でも買ってしまった。E18.00 でした。
ショルダーバッグも探したが、やはり食指の動くものは見つからなかった。
15:30 この頃、ギャラリーラファイエットを後にした。
雨のなか傘をさしてホテルまで歩きです。これが今回最後の散歩でした。

ホテル・スクリーブのロビー Page Head ▲

ホテル・スクリーブのロビー
ホテル・スクリーブのロビー、本棚が多く落ち着いた雰囲気
15:40 この頃、ホテルのロビーに入りました。時間的にロビーは空いていた。
フロントでキャリーケースを受取り、5時までロビーを使うと伝えました。もちろんOKです。
目立たないような場所の椅子に座り、ゆっくりした気分で過ごしました。
17:15 ホテルのスタッフが気を利かせてコーヒーを持ってきました。ワイフは断ったが私は喜んで飲みました。感謝! JALパックの送迎担当は少し遅れている。月曜のラッシュ時、雨で道が混んでいるのでしょう。
17:43 JALパックの男性送迎担当者Tさんがやっとロビーに到着でした。簡単な挨拶のあと、日程表でビジネスクラスを確認してから車に向かいました。
ホテル・スクリーブとお別れです。滞在中に細かな事は幾つかあったが、応対や利便性は良くて満足できたホテルです。スタッフに声はかけなかったが、心で Merci です。

シャルル・ド・ゴール国際空港 Page Head ▲

18:50 この頃、約1時間かかってシャルル・ド・ゴール国際空港(以後、CDG空港)に到着でした。雨のため少し余分にかかったようです。JALの出発はターミナル 2E です。

エールフランスのカウンターで搭乗手続き: 
JALはワンワールド、エールフランスはスカイチーム、それぞれ異なるアライアンスのメンバーです。しかし両航空会社は特例的に共同運航をしているが、航空券を購入した航空会社のマイルが賦与されます。CDG空港ではターミナル 2E 出発ホールのエールフランス・ビジネスクラス搭乗手続きカウンターでした。搭乗手続きは日程表の最後にプリントされた e-ticket 領収証でします。受取った搭乗券はエールフランスのもの、しかし搭乗便は JAL416 となっていた。預け入れたキャリーケース2個(18Kg & 20Kg)の番号札は搭乗券の裏に貼られました。荷物番号札に国内便の便名も書かれていた。
実際の手続きはJALパックの担当者がいるので簡単でした。
我々の場合は免税の手続きはありません。「免税手続きの中国系の人達が非常に多く、手続きがあると搭乗便に間に合わない程の時間がかかる」そうです。
セキュリティ検査の手前まで送迎担当Tさんが案内かたがた付き添ってくれました。
最後は手を振り続けて見送ってくれました。お世話様でした。
セキュリティ検査や出国手続きに問題はなかった。スムースに片付きました。
19:05 ターミナル 2E にはサテライトK、L、Mがある。今回の搭乗口 K51 で、その途中にビジネスラウンジがある。

エールフランスのビジネスクラス・ラウンジ: 
19:30 CDG空港では、ワンワールド共用ビジネスラウンジではなくエールフランスのビジネスラウンジでした。確かコンコースからエレベーターで下に降りたはず・・・。
Air France Lounge エールフランスのビジネス・ラウンジ
ターミナル 2E/Hall K のサービス内容
・毎日 5:30〜23:30
・無料Wi-Fiサービス
・無料で使用できるタブレット
・国内・国際メディア誌各種
・リフレッシュ用品
・ホット&コールドミール・サービス
・洗面コーナーとリラックスコーナー
・シャワー
・ラウンジは身体障碍のある人達も利用可。
----------
以上はエールフランスのサイトから入手しました。
AFビジネスラウンジ
AFビジネスラウンジ(1)
AFビジネスラウンジ
AFビジネスラウンジ(2)
AFビジネスラウンジ・夕食 AFビジネスラウンジ・夕食
19:35 エールフランス航空のビジネスクラス・ラウンジに入る。
我々が利用したのは静かな空間、夕食、飲物でした。
最初にテーブル席に座り、ワイフが料理を取りに行った。ホットミールは空で何もないという。袋入りの菓子などをもらってきた。「変だ」と思いつつ今度は私が行ってみる。丁度、ホットミールの容器に次々と入れている最中でした。ワイフは運悪く空の時だった。出たての海老を皿に沢山もらった(上の左:写真はワイフの皿)。キッシュも一切れ、スライスしたトマト、ライス、カットフルーツ、パン2種とバターなどでした。夕食として十分な量です。テーブルに戻ってワイフにも直ぐ取りに行かせました。ワイフは海老料理やキッシュが好物、特にキッシュは今回のフランス旅行では食べていない。よかった。暖かい飲物ももらった。
昼はケーキと紅茶だけ、十分な夕食を済ませて満足でした。
食後はテーブル席から安楽椅子に移って寛いだ。
20:38 ラウンジから出て搭乗口 K51 に向かった。
搭乗口K51の直ぐ手前
搭乗口K51の直ぐ手前、サテライトKは終始この感じの造りでした。端なので人影は少ない。
20:50 搭乗口 K51 に到着。サテライトKの最奥で随分と歩きました。数名のスタッフはいたが未だ搭乗までは時間があった。椅子で待った。静かでよかった。

JAL416 成田直行便 ビジネスクラスPage Head ▲

JALビジネスクラス
JALビジネスクラス・SKY SUITE 座席
21:25 この頃、搭乗口を通過。
機材は B787、シート配列は 2-2-2、座席は 8A & 8C です。往路と全て同じでした。
CAさんも搭乗客も日本人が多数派、既に半分は帰国したような気分になり、緊張感は緩んでいます。急に疲れも感じました。

座席は何時も通り窓側に座り、ワイフは通路側でした。掛け布団、アメニティセット、スリッパ、ヘッドホンなどを一応はチェックした。ヘッドホンは使用せずそのままでしたが、アメニティセットはバッグが好みのタイプです。利用するため持ち帰りました。JALのロゴは内側で目立ちません。後日に知ったが、入っているマスクは水洗い不可ながら高品質マスクのようです。いろいろゴソゴソして落ち着きました。JALの SKY SUITE 座席は仕切りのガラスが可動式で使いやすい。開けるとワイフと話せる。他人なら閉めておけばよい。

steps 10月05日 21:55 予定通り出発。
22:13 離陸。
22:25 水平飛行となったらしい。
ウェルカムドリンクが回ってきた。シャンパンかオレンジジュース。シャンパンにした。
実は、アルコール類はドクターストップです。
22:36 熱いオシボリ。
22:43 食事のメニューが配布され、次にメーンディッシュのチョイスのお伺いがあった。CDG空港のビジネス・ラウンジで夕食は済ませたし、これから1時間以上かかる食事に付き合うのは少々つらい。2人とも夕食は断り、代わりにアイスクリームを頼みました。

夕食を断った代りの就寝前アイスクリーム 23:00 ハーゲンダッツのバニラ・アイスクリームを持ってきた。日本で販売されるものより紙カップのサイズは大きかった。
23:25 歯磨きも済ませ、シートをフルフラットにして休みました。CAさんからフルフラットがさらに楽になるベッドパッド(マット?)を勧められたが、早く眠りたくて断りました。ワイフは敷いてもらったが、楽なことは確かでもトイレ等で起きた時に靴を出すのが不便だったとか。

横になった途端に眠ったようなものです。観光やデパート歩きがあり、歩数も通常の観光日と同じレベルで疲れました。
◇◆◇
HOME旅行記一覧パリ紀行(5連泊)TOP7日目
≪ PREV. Page▲Head NEXT ≫