[北行庵]  HOMETRAVEL
フランス、パリ紀行(5連泊) 8〜9日目:  : 2015/10/06〜07
復路2(成田入国、後泊、国内移動)
TOP ( プロローグ当旅行記のノート北行庵の4フランス旅行記★テーマ別パリ紀行★
準備期間 2015年 7月19日〜9月29日
1・2日目:  国内移動前泊成田空港JALビジネスクラスCDG空港ホテル・スクリーブ
3日目:  路線バス初乗オルセー美術館オランジュリー美術館エッフェル塔 最上階夕食
4日目:  ノートルダム大聖堂ピカソ美術館国立近代美術館凱旋門とシャンゼリゼ大通・夕食
5日目:  シャンパンカーブ葡萄の村農家の昼食フジタ礼拝堂ランス大聖堂ランス美術館
6日目:  ロダン美術館ルーブル美術館スーパー「モノプリ」サン・タンヌ通り(日本料理店)
7日目:  凱旋門の展望ギャラリーラファイエットホテル・ロビーCDG国際空港JAL Cクラス
8・9日目:  JAL ビジネスクラス(続)成田空港後泊国内移動
エピローグ  | ☆ 壁紙写真集(12ページ/73枚)
≪ PREV. - NEXT ≫
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇


前日からの続き/JAL416 成田直行便 ビジネスクラス。
12:00 ワイフに起された。(注:このページは日本標準時です。)

軽食のカツサンド

追加のパンとコーヒー
12:20 軽食のチョイス、カツサンドとコーヒーにする。
12:30 軽食の配膳あり。
12:56 トレーを下げた。
14:00 成田空港で提出する「携帯品・別送品申告書 」を作成する。夫婦で1枚です。
15:15 空腹を感じ、CAさんにコーヒーとパンを頼んだ。直ぐ持ってきました。昨夜の機内食は食べなかった。ビジネスクラスの楽しみは半減ですが、良く眠れたので十分です。疲労はかなり抜けました。
16:00 シートベルト着用。
成田空港
着陸直前の機内から成田空港、 帰って来ました。
16:10 ランディング。
16:25 この頃、「スポットに到着」と書きたいところ、しかし実際は駐機場からバスで第2ターミナルに向かいました。

成田空港 第2ターミナル Page Head ▲

16:30 この頃、第二ターミナルに入る。エスカレーターで2階に上がり入国審査場に向かった。
16:35 入国審査が完了し、バゲージ・クレイムに向かった。
16:50 キャリーケース2個をカートに積んで税関にいく。機内で記入した関税申告書とパスポートを係官に渡すと書類を受け取ってOKでした。
17:00 後泊ホテルの送迎バス乗場33番に到着です。

後泊(ホテル日航 成田) Page Head ▲

17:15 ホテル日航の送迎バスが出発。
17:25 ホテルに到着。
ワイフが床下トランクに積んだキャリーケース2個の受け取り、その間に先にフロントに1人で向かった。行列が出来る前にチェックインするための手分けです。

名前を伝え、出された宿帳に記入、部屋のカードキー2枚と朝食券2枚、送迎バス時刻表を受け取りました。予約はJTB経由ですが支払いは事後払いです。チェックインを終えたらロビーにワイフと台車に手荷物を積んだベルパーソンが待っていました。「10分後に部屋に荷物を運ぶ」というので、コンヴィニエンス・ストアーに行き、お握りやサラダ、カップ麺など夕食に必要なものを購入した。
エレベーターで新館の部屋に向かう。ベルパーソンは既にきて待っていました。指示通りにキャリーケースを置き、簡単に設備の説明をして帰っていきました。

ホテル日航成田
ホテル日航成田の後泊の部屋
前泊と同じホテルの同じタイプの部屋ですが、後泊のこの部屋は値段が前泊と違って高い。それだけ掃除は行き届いた感じだったが、アメニティセットは昔のようにフェラガモではなく並み品でした。成田のホテルは料金が都心と比べてリーズナブルで、時代の反映と思います。
夕食は自室、購入したコンビニの食べ物で済ませました。
その後は久々にテレビをみてリラックスでした。

ホテル日航成田(ホテルオークラ):  どういう訳か・・・、例外はあるが、長年(18年以上)に渡り成田の前後泊はこのホテルのエグゼクティブツイン(33u)を利用しています。26uの標準的なツインは古い本館のようです。
ホテル日航成田は地上11階建て、客室数は722室(禁煙室344室)、LAN回線接続、無線LAN(Wi-Fi)全室無料となっている。空港から約10分の近さで利便性が高い。
2010年1月19日に日本航空は経営破綻し、いろいろな資産の売却をしました。「ホテル日航」や「ホテルJALシティ」などは、2010年9月以後 ホテルオークラが株式の約80%を所有し経営しています。ブランド名に日航/JALがあっても現在は日本航空と直接の関係はないようです。

旅行記9日目(10/07)
成田の後泊ホテルから自宅まで国内移動です。

06:30 起床。よく眠れました。
07:40 1階の朝食レストラン・セリーヌに入る。奥のテーブルに案内された。
旅行の楽しみの1つは遠慮なく朝食を沢山食べることです。今回が最後です。オレンジジュース、グリーンサラダとポテトサラダ、メーンは鶏から揚げ2つ、ベーコン2切れ、ソーセージ2つ、スクランブルエッグ、サツマイモでした。他にバン2個にバターとジャム、カットフルーツにヨーグルト、最後にコーヒーでした。よくも食べたものです・・・。

08:40 コンシェルジュに電話して、キャリーケースの搬送を依頼しました。直ぐに取りに来てくれました。
その後、忘れ物の最終確認をしてからロビーに向かった。フロントでキーを返し、クレジットカードで宿泊料を支払った。何故か理由は忘れたがJTBで予約で現地払いにしたのです。時間までロビーの椅子で休みました。

09:00 バスに乗車。
09:05 送迎バス出発。途中の第2検問所はありません。

国内移動(リムジンバス・羽田空港・国内便・帰宅) Page Head ▲

リムジンバス:  09:14 第2ターミナル到着。キャリーケースをカートに積んで出発ロビーに入る時にエレベーターがあった。今までターミナル端のエレベーターを利用していたが、もっと便利な場所にあった。地上階に降りて、09:40発のリムジンバス・チケット2枚を購入する。乗場に行ったら先発がまだ停まっていた。乗場の係に申し出て出発時刻を変更してもらい乗車する。
09:20 リムジンバス出発。
10:25 この頃に第1ターミナルに到着でした。

羽田空港 第1ターミナル:  キャリーケースはカートに乗せて搭乗手続き窓口に直行でした。旅行日程表の最後部の eticket 領収書を見せて搭乗券を受け取りました。キャリーケース2個は預けましたが、16.9Kgと21.6Kgでした。
手荷物検査は簡単に済みました。羽田出発は12時35分、搭乗まで時間があった。ビジネスクラスからJクラス乗継なのでJALのラウンジに向かった。
11:15 ラウンジ受付に旅行日程表を渡した。表紙にビジネスクラス利用が書いてあり、同じ航空会社の乗継なので問題なく入れました。


羽田航空T1、さくらラウンジ入口・受付

羽田航空T1、さくらラウンジ

とても広いラウンジでしたが、調度品などの雰囲気が少々時代が分かるデザインに思えました。もちらん、静かで飲物やスナック類も自由です。寛いで過ごせました。
12:04 ラウンジから出る。

JAL国内便Jクラス:  搭乗便のJクラスは満席でした。定刻に出発、特に飛行中に問題はなく、ほぼ定刻に地元空港に到着でした。今回のJALダイナミックパッケージ旅行はほぼ無事に終りました。

帰宅:  地元空港で預入手荷物を受取り、到着ロビーにでる。出口で出迎えのレンタカー会社の人に荷物をボックスカーに積んでもらいました。数分で日本レンタの駐車場です。荷を積みかえ、ワイフの運転で自宅に向かいました。

玄関を開けたら愛猫が大喜び、ゴロンゴロンの連発でした。ペットシッターさんが良くお世話して下さったので猫は元気そのもの、安心しました。
これにて、パリ滞在旅行も無事に完了です。
◇◆◇
HOME旅行記一覧パリ紀行(5連泊)TOP8〜9日目
≪ PREV. Page▲Head NEXT ≫