[北行庵]  HOMETRAVEL
フランス、パリ紀行(5連泊) : 2015/9/29〜10/7
エピローグ
TOP ( プロローグ当旅行記のノート北行庵の4フランス旅行記★テーマ別パリ紀行★
準備期間 2015年 7月19日〜9月29日
1・2日目:  国内移動前泊成田空港JALビジネスクラスCDG空港ホテル・スクリーブ
3日目:  路線バス初乗オルセー美術館オランジュリー美術館エッフェル塔 最上階夕食
4日目:  ノートルダム大聖堂ピカソ美術館国立近代美術館凱旋門とシャンゼリゼ大通・夕食
5日目:  シャンパンカーブ葡萄の村農家の昼食フジタ礼拝堂ランス大聖堂ランス美術館
6日目:  ロダン美術館ルーブル美術館スーパー「モノプリ」サン・タンヌ通り(日本料理店)
7日目:  凱旋門の展望ギャラリーラファイエットホテル・ロビーCDG国際空港JAL Cクラス
8・9日目:  JAL ビジネスクラス(続)成田空港後泊国内移動
エピローグ  | ☆ 壁紙写真集(12ページ/73枚)
≪ PREV. テーマ別ページ NEXT ≫
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇

一言でいえば 「とても、とても楽しかったパリ」 でした。
何処に行っても、どんなに混んでいても、一寸した失敗があっても、落ち着いた柔らかな雰囲気で全てが進んだと思います。国際的に評判のよい観光都市だけのことはあり、「”洗練”とは一体何であるか」を感じさせる街でした。
結論は”パリに行ってよかった”です。

天気:  10月初旬は秋、「人の心と秋の空。」 変わり易い天候が普通でしょう。予定を全て終えた日の午後、雨になりました。デパートからホテルまで10分弱は初めて傘をさして歩きました。それまで良い天気が続き、かなり天候には恵まれました。

食事:  往復はJAL-Cクラスなので往路の食事は堪能しました。復路は夜9時55分の出発で食事は真夜中に1時間以上かかります。夕食はCDG空港のラウンジで済ませ、機内食は断り眠りました。少々残念ですが帰路は疲れもあり止むを得ません。
宿泊プランはホテルのヴァイキング朝食付き、それで昼食はケーキとコーヒー/紅茶で間に合います。でもオルセー美術館とシャンパーニュOPツアーではランチをしました。レストラン選びに選択眼のない人間は夕食が頭痛の種です。1度はホテルのレストランでしたが、これは連泊サービスでシャンパン付きながら無料でした。2夕食はテイクアウトで済ませた。1度目はフランス流サンドイッチ類、2度目は日本料理店の弁当だった。もう一度はシャンゼリゼ大通りの高級カフェのサンドイッチで済ませた。最後の夕食はエールフランスのビジネス・ラウンジでした。
何とか間に合わせた感じです。ビストロも行きたかったが・・・、残念です。

観光したエリアなど:  パリ20区はセーヌ川の北側を右岸(川下に向かって右)と南側を左岸という。観光初日に行ったオルセー美術館とエッフェル塔は左岸、次の日のノートルダム大聖堂はシテ島、それ以外は全て右岸で過ごしました。
移動は路線バス、地下鉄、タクシーでした。バス利用は事前の調べが役立ち、比較的スムースな移動でした。小さな乗り違いはあったが、パリの路線バス初利用としては成功でした。ラッシュ時を除けばバスは楽です。なかなか来なくてタクシーに変更したことは2回ありました。
美術館などは正直いって準備不足、見るべき名画も随分と見落としています。でも美術館の数だけは何とか一応のレベルと思います。
教会は、ナポレオン1世が戴冠式を行ったシテ島のノートルダム大聖堂、シャルル10世までの歴代25国王の戴冠式が挙行されたランスのノートルダム大聖堂、それとレオナール・フジタの壁画がきれいな「フジタ礼拝堂」でした。

愛猫とペットシッターさん:  今回は8泊9日の留守、愛猫のお世話は初めてペットシッターさんにお願いしました。ネットで探し、車で10分以内のご自宅にご夫婦と猫3匹と犬3匹で暮らす主婦の方です。面談して決めました。アラフォーと思いきや、後でアフターヒフティでびっくり。
朝と夕方の日2回のお世話をお願いしました。毎日レポートを書き残して下さり猫の状態が良く分かりました。ワイフが時々電話で様子を聞いていたので心配はしなかったが、猫もシッターさんにすぐ慣れて、帰りがけは玄関まで追いかけたようです。猫も「オラが天下」と朝夕の訪問を楽しんだのかも知れません。
帰宅時には猫は体中から再会の喜びを発散させました。元気いっぱいだったので嬉しかった。帰宅の連絡をしたらシッターさんは直ぐ玄関の鍵を返しにきました。初対面の時の印象通りのお人柄でよかった。お世話様でした。

steps 10/all
09/30 / 1402歩
09/29 / 1244歩

歩行数と脚の問題:  3年以上前に整形外科で「一次性の変形性股関節症(初期→進行期)」の診断をうけてから長い間鎮痛剤の服用と自主的な運動療法を続けている。普段の鎮痛剤服用は極めて少なくなったが、旅行時は痛みに関係なく服用します。そのお陰と思いますが、今回もパリ滞在中の歩行に問題はなかった。1度だけ脚の筋肉痛で湿布1枚を使った程度でした。
ガラケーの歩数計の記録を掲載します。精度は分からないが常にこの歩数計を目安にしています。
日常生活(約4000歩)よりはかなり多い歩行数です。
成田に到着後、鎮痛剤の服用は止めましたが、股関節や脚の痛みはありません。
歩数計の記録のある旅行記
イギリス旅行(2012年)、 カナダ旅行(2014年)、 フランス、パリ紀行(2015年)

トイレ:  パリ市内のトイレ設置は日本と違う。公共の場所でも設置がなかったり、あっても数が少なかったり、男女兼用だったり、・・・。街ではカフェで飲物等を注文し、トイレを借りるしかないらしい。無料の公共トイレもあるけれど使用しなかった。
出発前になり体調が普段と変わった。病院の検査結果に異常はないが、やたらトイレが気になった。緊急事態が心配になり用心したのです。ネットで読んだトイレ情報の影響を強く受けたようでした。
実際の滞在中は困ることはなかった。方針として「トイレがあったら寄る」ことにしていた。それと、水分摂取を控えめにしたためでしょう。
詳しくは当サイトのブログ 「 フランス パリ旅行、気になるトイレ事情 」をご覧ください。

スリ:  パリでスリ被害を被った人達は多いようです。
やはり用心したが、何時もの海外旅行と変わりません。パスポートやクレジットカード、当日不要な現金はインナーポーチです。小型の当日用の財布はジーンズの前ポケット、ハンカチ類が後ポケットでした。その上に半コート着用です。ショルダーバックに「JALPAK 旅行日程表」と小型デジカメ以外の大切なものは入れなかった。これがスリ対策、ワイフも原則は同じです。
街歩き、地下鉄、バス、美術館の混んだ場所や観光地でもスリは忘れて過ごしました。被害はありません。用心と対策は必要、心配は無用でしょう。

今回の旅行記について:  今までの旅行記と違い、「左に総メニュー、右に旅行記本文」のスタイルは踏襲していません。代りに各ページの冒頭に主な項目のみの簡易な総メニューを設置しました。日時に従った旅行記は基本的に今まで通りながら、さらにテーマ毎のページも作成しました。内容はパリ紀行・本文とほぼ同じですが、同一テーマを1ページにまとめました。時にはお役立ち情報が早く見つかるかもしれません。ページ冒頭のメニュー右上「★テーマ別パリ紀行★」からテーマ別ページ一覧がご覧いただけます。

北行の4回目のフランス旅行記もこれで終です。
ご訪問に感謝いたします。
お時間のある時に、他の旅行記もどうぞお楽しみください。
◇◆◇
HOME旅行記一覧パリ紀行(5連泊)TOPエピローグ
≪ PREV. Page▲Head NEXT ≫