[北行庵]  HOMETRAVEL
フランス旅行 2015/9/30 〜 10/5 / テーマ別
ホテル・スクリーブ・パリ、オペラ座地区
TOP ( プロローグ当旅行記のノート北行庵の4フランス旅行記★テーマ別パリ紀行★
準備期間 2015年 7月19日〜9月29日
1・2日目:  国内移動前泊成田空港JALビジネスクラスCDG空港ホテル・スクリーブ
3日目:  路線バス初乗オルセー美術館オランジュリー美術館エッフェル塔 最上階夕食
4日目:  ノートルダム大聖堂ピカソ美術館国立近代美術館凱旋門とシャンゼリゼ大通・夕食
5日目:  シャンパンカーブ葡萄の村農家の昼食フジタ礼拝堂ランス大聖堂ランス美術館
6日目:  ロダン美術館ルーブル美術館スーパー「モノプリ」サン・タンヌ通り(日本料理店)
7日目:  凱旋門の展望ギャラリーラファイエットホテル・ロビーCDG国際空港JAL Cクラス
8・9日目:  JAL ビジネスクラス(続)成田空港後泊国内移動
エピローグ  | ☆ 壁紙写真集(12ページ/73枚)
- パリの地図 -
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇

2015/9/30 夜
ミニバスはホテル入口で止まり、建物の割には小さく感じた正面入り口からロビーに入った。送迎担当の方がフロントでチェックイン手続きをしてくれました。パスポートは必要でした。以下、ロビーと部屋で送迎担当さんから伺ったこと等です。
  • 部屋番号は 3〇〇、日本流なら4階に相当します。
  • カードキー2枚です。1枚づつ持ちました。
  • 10月3日のOP1日ツアーは1人128ユーロですが、支払いは現地払いでした。カード支払いOKなのでカード番号と裏面の3桁数字を教えました。会社に帰り次第、直ぐ引き落とされたようです。
  • パリ最大の繁華街オペラ座地区の中心近く、セキュリティは厳重です。エレベーターはカードキーを読取らせてから階のボタンを押す。カードキーがないとエレベーターは動きません。ただし下りでは不要です。
  • 朝食券はない。レストランに行けば良いだけでした。
  • 連泊客へのサービスとして夕食券と飲物券が1枚づつ付いた。希望日を聞かれたので、OPツアー「ランスとシャンパーニュ」の日にする。午後7時にオペラ地区に戻るのでレストラン探しは面倒です。「予定変更の際はご連絡ください」とのことでした。
  • 暖房は入れたほう良い。朝は冷えるそうです。パリは大陸の内陸部です。
  • メイド・チップ(枕チップ)は2ユーロを毎日置くこと。
22:05 送迎担当の方の案内で3〇〇室に入りました。エレベーターから比較的近くで歩かずにすみます。出発前に、各種の宿泊体験記などを読み、ダブルベッドの部屋とばかり思っていた。部屋に入った時はダブルベッドと思ったが、欧州で時々あるが、シングルベッド2個をくっ付けたものでした。送迎担当さんが「ツインです」と云ってベッドを離しました。1クラス上のツイン、部屋の広さは丁度よく嬉しくなりました。ベッドはフワァーとした感じで欧州のホテルではよくある白い掛布団です。
送迎担当さんは部屋をいろいろと点検して確認していました。テレビを点けて衛星放送の日本語放送にセットしてくれました。「天気予報が見れます」とのことだった。このホテルは日本語の衛星放送が見れるとなっている。JSTVのことと思うがテレビを確認することはなかった。天気予報はワイフの担当です。
問題はないとして、送迎担当の方は帰りました。

これから、10月5日午後5〜6時にJALパックの送迎担当の方が迎えに来るまで自由行動です。
ホテル・スクリーブに関する記述は、現在の項目に加えて、10月5日のOPツアー後1階のレストランで夕食、パリ出立日10月5日のロビー休息、がありました。このページの後部に転記されています。

ホテルの概略はホテル予約サイト等でご覧ください。4星半〜5星クラスです。JALパックでは最上級のSクラスとなっています。利便性の高いロケーションになるし、落ち着いた雰囲気なので日本人の利用は多いようです。朝食ヴァイキング料理に簡単な日本食が数点ある日もあるらしい。チェックアウト時に日本語を上手に話すフランス人らしき女性Eさんがフロントにいました。2年ほど日本に滞在したそうです。「体験的には良い印象だった」と書けるホテルでした。
フロアー数は6、客室数は213となっている。大きな建物で部屋は道路側と中庭側がある。我々は中庭側でしたが、外は全く気にならなかった。

発明王トーマス・エジソンが1893年までに動画の撮影機と映写機を作り、その後アメリカで普及させたが、他方フランスのリュミエール兄弟も撮影機やスクリーンに投映する映写機を開発した。1895年末にパリのグラン・カフェ(現ホテル・スクリーブ・パリ)で世界初の有料試写会を行った、とされる。ここは由緒ある建物です。

ホテル・スクリーブ・パリの建物(1)

ホテル・スクリーブ・パリの建物(2) 中央右寄りに入口

右はフロント、左はロビー、欧州風です。書棚が幾つもある。

ホールウエー

5連泊したツインルーム、広さは手頃、よく眠れました

石鹸、アメニティー類は全てエルメス

地階B1、5日間の朝食レストランの入口、飽きなかった

朝食レストランのダイニング・テーブル
落ち着いてから、簡単な夜食にしました。成田のコンビニで買って持ってきたパンとカップ蕎麦と和菓子です。十分でした。
その後はゆっくり眠り、時差の影響を少なくするだけです。

2015/10/02 朝

朝早く5時には目覚めたが6時までウトウトすごす。
7時ころ地階の朝食レストランに入ったが小型デジカメを忘れ、1人で部屋に取りに戻った。上りエレベーターはカードキーを読取機にかざしてから階のボタンを押すが、朝ボケ&時差ボケで忘れていた。同乗の外人さんが笑って代りにやってくれました(恥)。
朝食はパン2種、チーズとハム類、カットフルーツにヨーグルト、コーヒー1杯、軽くしました。感じの良いレストランでした。

部屋に戻り、タブレットをONにしたらタッチスクリーンが全く機能しない。故障です。出発前は問題なく使えたから、本体の保護と機内持ち込みキャリーケースへの入れ方が良くなかったらしい。猫のEメール写真は見れなくなった。
ワイフがケータイで猫の世話を依頼した方と話し、事情を伝えた。これからはメールではなくワイフの電話で猫の状態を知ることになる。残念でした。
念のため、フロントに行ってビジネスルームのPCを使わせてもらったが、PCはフランス語と英語のみ対応でした。初期画面はGoogleの検索ボックスだった。試しに自分のHPのURLに含まれる hokugyo を入れたが、日本と感じが全く違い諦めた。HP や Gmail を表示しても日本語未対応のPCではどうにもならない。直ぐ、あきらめた。

当初、PC使用料は30分10ユーロと言われたが、最終日チェックアウトでは請求なしでした。初期画面のチェック+アルファ程度では使用記録は作成されなかったらしい。
2015/10/02 夜

部屋に戻って洗面を済ませ、夕食にする。
ワイフがトラベルケトルで湯をつくり、カップ麺を作ってくれた。これはスープ代わりです。買ってきたサンドイッチ等を食べたら十分でした。最後に日本から持ってきた菓子で締めくくる。質素というか粗末というか、普通はパリで外食でしょうが、外のビストロ等に行くよりも実は気軽で楽なのです。テイクアウトのサンドイッチだって正真正銘のフランス庶民の食べ物でしょう? 感じは違うが、結構、いけました。
後はシャワーでさっぱりして、眠るだけとなりました。

TVの天気予報では明日も晴、今日のように観光できるようです。
2015/10/03 夜

18:50 自室に戻りました。やはりホッとしました。

19:25 L階のレストランに入る。到着時に連泊サービスとして夕食券+飲食券の2枚を貰った。それを入口の人に渡すと奥のテーブルに案内された。客数は半分程度だった。
ホテル・スクリーブのロビーのレストラン
L階ロビーのレストラン(10月5日営業前に撮影)
直ぐにシャンパンがでました。
メーンディッシュはチョイスがあり、魚料理にする。シュリンプ入り野菜スープ、魚料理3種類、デザート(ケーキ)、飲物(コーヒー・紅茶)でした。ワイフは紅茶を頂いたのですが、南部鉄瓶が紅茶ポットとして使われていた。驚き、でも面白い使い方です。全部、美味しく賞味しました。
20:25 夕食を終えレストランを出る時には満席でした。遅い夕食が普通のようです。
実は、ギャルソンさん達も固定ではなく違う人達が交代でサービスでした。で、チップを置かずに帰った。後になり多少はテーブルに置いて帰るべきだったかしら?と思ったりします。フランスはサービス料込みと云われていますが・・・、チップは難しい。

今日一日ランスとシャンパーニュの観光でした。観光バスなので歩行数こそ約6500歩で比較的少なかったが、夕食を外のビストロ等で済ますには元気不足です。サービスの夕食券の使用を今晩にしたのは適切だったと思います。

後はゆっくり休むだけとなりました。

2015/10/05 昼前

ホテルのチェックアウト Page Head ▲

11:15 この頃、凱旋門からホテルの部屋に戻った。
一休みして、手荷物や忘れ物の最終点検をする。
11:40 キャリーケースを引きながら部屋を出た。
カードキー2枚をフロントに返却するだけのチェックアウトです。フロントのフランス人女性Eさんは日本語がとても上手でした。日本に2年間も滞在したそうです。今日の午後5時に旅行会社のガイドがここのロビーにピックアップに来るので、それまでスーツケースを預かるよう頼みましだ。快く引き受けてくれました。
事前調査では、ネット上で「このホテルのスタッフは『愛想が良い』」と書いた宿泊体験者が記憶に残る程度はいました。我々の印象では「愛想が良い」かどうか? ”愛想”と云っても日本とは意味や表現が違うはずですが、何かの用件では「耳を傾けて適切に対応」してくれました。迅速な応対に過不足を感じない「居心地が良い」ホテルだったと思います。
2015/10/05 午後〜夕方

ホテルのロビー Page Head ▲

15:40 この頃、ホテルのロビーに入りました。時間的にロビーは空いていた。
フロントでキャリーケースを受取り、5時までロビーを使うと伝えました。もちろんOKです。
目立たないような場所の椅子に座り、ゆっくりした気分で過ごしました。
17:15 ホテルのスタッフが気を利かせてコーヒーを持ってきました。ワイフは断ったが私は喜んで飲みました。感謝! JALパックの送迎担当は少し遅れている。月曜のラッシュ時、雨で道が混んでいるのでしょう。
17:43 JALパックの男性送迎担当者Tさんがやっとロビーに到着でした。簡単な挨拶のあと、日程表でビジネスクラスを確認してから車に向かいました。
ホテル・スクリーブとお別れです。滞在中に細かな事は幾つかあったが、応対や利便性は良くて満足できたホテルです。スタッフに声はかけなかったが、心で Merci です。
◇◆◇
HOME旅行記一覧パリ紀行(5連泊)TOPテーマ別ページホテル・スクリーブ・パリ
- Page▲Head -