[北行庵]  HOMETRAVEL
フランス旅行 2015/10/1 〜 10/5 / テーマ別
ギャラリーラファイエットとアンジェリーナ
TOP ( プロローグ当旅行記のノート北行庵の4フランス旅行記★テーマ別パリ紀行★
準備期間 2015年 7月19日〜9月29日
1・2日目:  国内移動前泊成田空港JALビジネスクラスCDG空港ホテル・スクリーブ
3日目:  路線バス初乗オルセー美術館オランジュリー美術館エッフェル塔 最上階夕食
4日目:  ノートルダム大聖堂ピカソ美術館国立近代美術館凱旋門とシャンゼリゼ大通・夕食
5日目:  シャンパンカーブ葡萄の村農家の昼食フジタ礼拝堂ランス大聖堂ランス美術館
6日目:  ロダン美術館ルーブル美術館スーパー「モノプリ」サン・タンヌ通り(日本料理店)
7日目:  凱旋門の展望ギャラリーラファイエットホテル・ロビーCDG国際空港JAL Cクラス
8・9日目:  JAL ビジネスクラス(続)成田空港後泊国内移動
エピローグ  | ☆ 壁紙写真集(12ページ/73枚)
- パリの地図 -
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇

目次
メゾン・フード館:テイクアウト・フード
メゾン・フード館:土産品
メゾン・フード館&本館:記念品/カフェ”アンジェリーナ”

この大デパート(Galeries Lafayette)は1895年の創業というので既に120年の歴史がある。ヨーロッパ最大級のデパートともいう。オスマン大通りに沿って紳士館、本館、大通り向かいにメゾン&グルメ館がある。ラファイエット・グルメは紳士館にあったが 2014年 にメゾン館に配置換えとなった。

ラファイエット・メゾン&フード Page Head ▲

18:30頃、部屋を出てギャラリーラファイエットに向かった。
途中にユニクロのパリ支店があった。正面入口は閉鎖だったが横の入口には長い行列が出来ている。特別招待会にしては遅い時刻に思えたが、夜の長い欧州のことで何か催事があるのでしょう。
このオペラ座エリアはスリ多発らしい。ネット上では警戒を呼びかけるサイトも多いようです。用心と予防は出来る限りしてあり、スリの事など忘れて街歩きを楽しみました。

ラファイエット本館まで行かず、手前のラファイエット・メゾン(Lafayette Maison)館に入ってみた。正面ではなくユニクロ側の横の入口でした。ドアーの中にガードマンがいてショルダーバックを開けさせてチラッとチェックした。財布など貴重品や危険物等はもちろん入っていない。デパートでも警備はしっかりらしいが? 実はこの時だけで、その後は同じ入口でも正面でもこんな警備はしていなかった。

地上階の奥にフード売り場があり、惣菜やサンドイッチ類、飲み物がある。そこでサンドイッチ、サラダ、飲み物などを買った。フードコートらしくテーブルで食べることもできる。

エスカレーターでF1(日本流2階)に行ってみる。食材などはなく各種の雑貨だった。ヴィクトリノックス(スイス・アーミーナイフ)のコーナーがある。数年前に旅行用を紛失した。何時かチャンスがあったら、と買い気が続いていた。ここは種類多く展示しているが、ザッとみて候補を決めた。店員はいなかった。また来ることにして、後にする。

地階にも行き、何があるか見て回った。ワイフは「無塩バターが土産にいい」という。日本で銘柄と容器まで調べていた。少し捜し歩き、見つけた。が、その棚では日本人男性2人の先客がいて、同じエシレバターでもどの種類が良いのか品定めでした。どうやら同じ会社の人達みたいで、1人は日本からの偉い人、もう1人はパリ住まい、ご案内らしかった。やはりまとめ買いでした。日本語の表示もあるし、人気の土産品でしょう。ワイフはまた来ることにして今日は買わなかった。

ホテルまで5〜6分で戻れたと思う。

ホテルの部屋で夕食: 
部屋に戻って洗面を済ませ、夕食にする。
ワイフがトラベルケトルで湯をつくり、カップ麺を作ってくれた。これはスープ代わりです。買ってきたサンドイッチ等を食べたら十分でした。最後に日本から持ってきた菓子で締めくくる。質素というか粗末というか、普通はパリで外食でしょうが、外のビストロ等に行くよりも実は気軽で楽なのです。テイクアウトのサンドイッチだって正真正銘のフランス庶民の食べ物でしょう? 感じは違うが、結構、いけました。

ギャラリーラファイエット・メゾン&フードで土産品 Page Head ▲

エシレバター
エシレバター
18:25 ラファイエット・メゾンに入る。
昨日ここの地階で見つけた籠入り無塩バターをワイフは土産に決めていた。「まとめ買いが多い。売り切れると困る。」 早く買って、安心したかったらしい。
ワイフは欲しい数だけエシレ無塩バターをショッピング籠にいれ、レジの行列に並んだ。1個 250g で E3.90。高いものとは思えません。 今日の買い物はこれだけでした。デパートを出てホテルに向かった。

ギャラリーラファイエット、メゾン&本館 Page Head ▲

ラファイエット・メゾン: 
まずラファイエット・メゾン館に入った。ここは夕食のサンドイッチや土産の無塩バターを買ったところです。欲しいものは決まっていた。 ヴィクトリノックスのスイス・アーミーナイフです。下見済みで1階(日本式2階)の売り場に直行です。多分、テナントのショップでしょう。
12:15 今回は男性店員がいました。ショーケースには沢山の種類が並んでいる。迷うが大きからず小さからずのものを出してもらった。
一応は道具類を確認してみる。栓抜き、コルク抜き、缶切り、スクリュードライバー、等々ナイフ以外にも随分と小道具が多かった。帰宅後にみたら爪楊枝やピンセットまで付いている。箱に書かれた商品名は”Tourist”でした。適切なものを購入したことになる。値段は E22.95、クレジットカードで支払いました。

店員さんは、奥の棚からヴィクトリノックスの調理器具「ペアラー(Parer/皮むき器)」をワイフに見せてアーミーナイフと一緒に袋に入れました。サービスでした。後日談ですが、自宅の手持ちペアラーとは切れ味が全く違うそうです。刃の形状が違うので工夫があるのでしょう。ワイフはとても気に入り使っています。

ラファイエット・本館: 
メゾン館から出たら雨でした。傘をさして本館に向かった。オスマン大通りを横切り、小路を渡ると本館入口です。
中に入った途端、見事なカラフルで大きなクーポラに驚き感心する。この大ドームは100年以上の歴史があるパリ名物の一つです。その下は巨大な円形の吹き抜けで各階の売り場のアーチがアールヌーボー調の見事な内装を演出しています。巨大空間のみでは単調過ぎるのか、文字を書いた白い平らな風船みたいな飾りが沢山浮いていました。実感するしかない雰囲気でしょう。

ガラスのクーポラ
ギャラリーラファイエット本館のガラスのクーポラ、こんなの観たことがない!
巨大な吹き抜け
ギャラリーラファイエット本館の巨大な吹き抜け

本館1階のカフェ「アンジェリーナ ”ANGELINA”」: 
昼時です。店内マップでカフェを探しました。1階(日本式2階)に ANGELINA という店を見つけ、そこに行きました。店内フロアーからは小高く階段で上がった。広い店内の真ん中近くのテーブルに案内されました。

知らなかったので、帰国後にネットで調べてみた。パティシエのアントワーヌ・ランぺルメイエ(オーストリア人)が1903年にチュイルリー公園近くに「アンジェリーナ」をオープンしました。以来、有名人も出入りするサロン・ド・テ「アンジェリーナ」として今に続く。 ケーキの”モンブラン”やココアの”ショコラ・アフリカン”が有名とか。箱入りチョコレートも名品らしい。そのような老舗がラファイエットに出店していました。日本にも進出、銀座プランタンに基幹店がある。ケーキのサイズは日本版とか。

ミルフィーユ メニューから「ミルフィーユと紅茶」を頼みました。ミルフィーユはクリームのトッピングがあり日本では見ないものでした。でも、ボリュームがあってカロリーからも我々の昼食に十分でした。2人分で E33.00。ギャルソンも適切な応対に思えたので釣銭から E2.00 を上げました。直立で会釈し”Merci”が返ってきました。

その後、エスカレーターで最上階まで行き、それから階を下げながらブラブラと店内を見歩きました。日本でも良く知られたブランドも随分と出店しています。並んだりする東洋系の人達は日本で揶揄的に「爆買」として有名な国の旅行者かな?

珍しいトイレ: 
階は忘れましたがサインに従って渡り廊下の先の紳士館に行き、その階のトイレに入った。驚いた! 大勢の男女が一列の洗面台にいる。反対側は赤系の個室のドアーがズラーと並ぶ。そのドアーに女性用マーク、男女兼用マーク、男性マークがついている。以前の記憶として、フランスの地方都市で男女兼用トイレはあったが、個室が1つなら当然です。例えば日本の鉄道でも兼用なので別に驚かない。しかし、個室の数は分からないがズラリ、珍しいタイプのトイレでしょう。話題性を狙って作ったのかも・・・。さすがに写真はとれなかった。

メンズ館L階で小物の買い物: 
15:00 地上階まで下り、道を横切って紳士館に入った。毛糸の帽子を買いたかった。北国住まいで何かと使う機会が多い。今のは数十年も昔ニューヨークのスポーツ店で買ったスキー帽です。合成繊維らしく未だ使える。でも、NYと刺繍された毛糸の帽子を買いました。Paris で NY と書いた帽子を買うセンスは? でも買ってしまった。E18.00 でした。Made in C. だから安い。
ショルダーバッグも探したが、やはり食指の動くものは見つからなかった。
15:30 この頃、ギャラリーラファイエットを後にした。
雨のなか傘をさしてホテルまで歩きです。これが今回最後の散歩でした。
◇◆◇
HOME旅行記一覧パリ紀行(5連泊)TOPテーマ別ページギャラリーラファイエット
- Page▲Head -