[北行庵]  HOMETRAVEL
ドイツ、フランクフルト滞在4泊: 2017/6/6-12
ドイツ基本情報
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇

ドイツの基本情報1 Page Head ▲

国名(英語)
ドイツ国旗 ドイツ連邦共和国
Bundesrepublik Deutschland (独語)
Federal Republic of Germany (英語)
首都 ベルリン(Berlin)、ドイツ最大の都市
国土と人口 人口(8177万人/EUで最大/2015年・外務省ドイツ情報)
人口密度(234人/平方キロ)(日本は349人)
国土面積(35.7億平方キロ、世界63位)、丘陵地が多い。
国境を接する9カ国: ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、オーストリア、スイス、チェコ、ポーランド、デンマーク。
経済力GDP(世界第4位/欧州第1位)
州(Land)
16州人口順

左から、
番号:..
州名/
人口/
州都/
01: ノルトライン=ヴェストファーレン州/1784万人/デュッセルドルフ
02: バイエルン自由州/1260万人/ミュンヘン
03: バーデン=ヴュルテンベルク州/1079万人/シュトゥットガルト
04: ニーダーザクセン州/791万人/ハノーファー
05: ヘッセン州/609万人/ヴィースバーデン
06: ザクセン自由州/414万人/ドレスデン
07: ラインラント=プファルツ州/400万人/マインツ
08: ベルリン/348万人/-
09: シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州/284万人/キール
10: ブランデンブルク州/250万人/ポツダム
11: ザクセン=アンハルト州/231万人/マクデブルク
12: テューリンゲン自由州/222万人/エアフルト
13: メクレンブルク=フォアポンメルン州/163万人/シュヴェリーン
14: 自由ハンザ都市ハンブルク/180万人/-
15: ザールラント州/101万人/ザールブリュッケン
16: 自由ハンザ都市ブレーメン/66万人/ブレーメン
注: 人口は目安です。加算すると総人口より僅かに多い。
大都会
人口順
01: ベルリン/343万人/都市州/
02: ハンブルク/177万人/都市州/
03: ミュンヘン/133万人/バイエルン州/
04: ケルン/99万人/ノルトライン=ヴェストファーレン州/
05: フランクフルト・アム・マイン/66万人/ヘッセン州/
06: シュトゥットガルト/60万人/バーデン=ヴュルテンベルク州/
07: ドルトムント/58万人/ノルトライン=ヴェストファーレン州/
08: デュッセルドルフ/58万人/ノルトライン=ヴェストファーレン州/
09: エッセン/58万人/ノルトライン=ヴェストファーレン州/
10: ブレーメン/55万人/ブレーメン州/
注: 東京、ロンドン、パリのような一極集中はない、とされる。
政治制度 ・議会民主制
・国家元首は連邦大統領(Bundesprasident)であり、儀礼的な権能をもつ。任期は5年、連邦議会議員と各州議会代表による連邦会議で選出され、連邦議会の解散権を有する。2017年現在はフランク=ヴァルター・シュタインマイアー連邦大統領。
・序列第二位は連邦議会議長で、連邦議会により選出され、議会運営の監督責任を持つ。
・序列第三位は連邦首相で、連邦議会で選出され議長により任命される。任期は4年で、行政権を執行する。内閣の閣僚は首相の指名により大統領が任命する。2017年現在はアンゲラ・メルケル首相。
・立法府は連邦議会(定数は選挙により異なり、2013年は630人)と連邦参議院(定数69議席)からなる。
・欧州連合(EU)の原初メンバーで現在の主要メンバー国の1つ。
宗教/民族 ・宗教: カトリック(29.9%),プロテスタント(28.9%),イスラム教(2.6%),ユダヤ教(0.1%)
・ゲルマン系ドイツ民族、東部に少数民族のスラブ系ソルプ人

ドイツの基本情報2: 旅行用 Page Head ▲

項目 情報
経済 ・通貨/オイロ Euro(ユーロ)/ツェント Cent (セント)
・現地での両替は銀行、郵便局、街中の両替所、空港、ホテルなど。
・0.5、1、2 EUR コインは数枚は持ち歩くのがよい。何かと必要になる。
・100EUR 以上の紙幣は通常の支払いでは使いにくい。
・付加価値税(VAT or Value-Added Tax)19%、食品や本などは7%。
・外国人旅行者へは付加価値税の還付制度あり。
(還付金は 19%払ったら10.3〜14.5%/7%払ったら約2.5〜3.5%/2017年)
・クレジットカードはサインではなく暗証番号の入力が必要です。
・チップは必要。ホテル、レストラン、タクシー、トイレ(番人)、など。
・公衆トイレは有料(.50Eur程度)が多い。美術館や博物館は無料。
・鉄道を多用なら出国前に乗り放題のジャーマン・レイルパスを購入。
・タクシー料金は都市で異なり、時間帯別レートの都市もある。
・旅行者向けの各種の割引があり、調べて利用するとよい。
いろいろ
豆情報
・時間帯(UTC+1、DST+2)/ 日本との時差(8時間、DST 7時間) 
・夏時間(DST)は、3月最終日曜日 〜 10月最終日曜日。
・日本からドイツへの飛行は12時間程度、往復で少し異なる。
・電圧は 220/230V(50Hz) / プラグ・タイプは C 又は SE
・ドイツの水道水はカルシウムやマグネシウムを含む硬水です。
・ミネラルウォーター(Mineral Wasser)が旅行者の飲料水に適している。
炭酸入り(mitGass)/ 炭酸なし(ohne Gass)
・建物のフロアー(エレベーター): 
 1階(Erde Geschose/EG/E/エアト・ゲショス)、
 2階(1Etage)、
 3階(2Etage)、
 地階(Untergeschoss/U)
・国際電話番号(49)
・WIFIのあるホテルが多いが、日本で旅行情報は収集して出発です。
・ショップやレストランなどに入ったら”Hello.”など挨拶(下の表)する。
・ドイツ語でトイレは”Toilette”または”WC”、男性は”Herren”で女性は”Damen”。 多くの公共トイレは有料。20〜50セント程度。美術館、博物館、レストランは基本的に無料。飲食店では有料もある。


挨拶 ショップやレストランに入った時には声で挨拶するとよい、とされる。 Guten Morgen (グーテン・モーゲン/おはようございます。)
Guten Tag(グーテン・ターク/こんにちは。)
Guten Abend(グーテン・アーベント/こんばんは。)
Gute Nacht(グート・ナハト/おやすみなさい。)
Auf Wiedersehen(アウフ・ヴィーダーゼーエン/さようなら。)
Tschuss(チュス/さようなら ← くだけた感じ。)
Danke(ダンケ/ありがとう。)
Danke schon(ダンケ・シェーン/ありがとうございます。)
Nein Danke(ナイン・ダンケ/いいえ、けっこうです。)
Bitte(ビッテ/お願いします。/どういたしまして。)
Entschuldigung(エントシュルディグング/ごめんなさい。/すみません(呼びかけ)。)
Verzeihung(フェアサァイウング/すみません(謝る)。)
チップ トリンクゲルト(Trinkgeld/チップ)は気持ち次第が原則、とはいえ不愉快ではなく普通のサービスなら習慣に従うのが宜しいかと?
注: ドイツのホテルやレストランの料金にはサービス料が含まれる。
ホテル: ポーターやルームサービスを頼んだら 1〜2EUR 渡す。
メイドチップ(枕銭)は微妙、不要とする人もいるし、 1〜2EUR 程度とも。コインと共に"Danke"とメモを添えるよいと書く人もいる。
コンシェルジユにレストラン等の予約を頼んだら1EUR〜。
ドアマンにタクシーを呼んで貰ったら1EUR程度。
タクシー: 凡そ5〜10%。トランクに大きい荷物を入れてもらったら 1〜2EUR 余分に渡す。釣りを上げて全部で切の良い金額がいいらしい。
レストラン: 凡そ5〜10%。トイレ番がいたら皿に 0.20〜0.50EUR。
7観光街道 ドイツ観光局が定めた7つの街道がある。観光用に街をグループ分けして特色を街道名としたもので特別な街道がある訳ではない。以下、北から南。
  1. エリカ街道
  2. メルヘン街道
  3. ゲーテ街道
  4. 古城街道
  5. ロマンティック街道
  6. ファンタスティック街道
  7. アルペン街道
ドイツ
歴史古都連盟
17の都市
ドイツ観光局「歴史古都連盟、17の都市」ページURL
http://www.germany.travel/jp/towns-cities-culture/towns-cities/historic-highlights-of-germany/historic-highlights-of-germany.html
・ アウクスブルク
・ アーヘン
・ エアフルト
・ オスナブリュック
・ コブレンツ
・ トリーア
・ ハイデルベルク
・ フライブルク
・ ボン
・ ポツダム
・ マインツ
・ ミュンスター
・ リューベック
・ レーゲンスブルク
・ ロストック
・ ヴィースバーデン
・ ヴュルツブルク


ドイツ連邦共和国の世界遺産

ドイツの世界遺産は42もあり憶えるだけでも大変です。多くは文化遺産です。
01アーヘン大聖堂( 1978年登録の初の12世界遺産の1つ )文化遺産 / 1978 /
02シュパイヤー大聖堂文化遺産 / 1981 /
03ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場文化遺産 / 1981 /
04ヴィースの巡礼教会文化遺産 / 1983 /
05ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト 文化遺産 / 1984 /
06 ヒルデスハイムの聖マリア大聖堂と聖ミカエル教会 文化遺産 / 1985 /
07トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会 文化遺産 / 1986 /
08ハンザ同盟都市リューベック文化遺産 / 1987 /
09ローマ帝国の国境線文化遺産 / 1987、2005、2008 /
10ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群文化遺産 / 1990、1992、1999 /
11ロルシュの王立修道院とアルテンミュンスター文化遺産 / 1991 /
12ランメルスベルク鉱山と古都ゴスラーとオーバーハルツ水利管理システム文化遺産 / 1992、2010 /
13バンベルクの町文化遺産 / 1993 /
14マウルブロンの修道院群文化遺産 / 1993 /
15クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街 文化遺産 / 1994 /
16フェルクリンゲン製鉄所文化遺産 / 1994 /
17メッセル・ピットの化石地域自然遺産 / 1995 /
18ケルン大聖堂文化遺産 / 1996 /
19ヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群 文化遺産 / 1996 /
20アイスレーベンとヴィッテンベルクにあるルターの記念建造物群文化遺産 / 1996 /
21古典主義の都ヴァイマール文化遺産 / 1998 /
22ベルリンのムゼウムスインゼル(博物館島)文化遺産 / 1999 /
23ヴァルトブルク城文化遺産 / 1999 /
24デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国文化遺産 / 2000 /
25僧院の島ライヒェナウ文化遺産 / 2000 /
26エッセンのツォルフェライン炭坑業遺産群文化遺産 / 2001 /
27ライン渓谷中流上部文化遺産 / 2002 /
28シュトラールズント及びヴィスマルの歴史地区文化遺産 / 2002 /
29ブレーメンのマルクト広場の市庁舎とローラント像文化遺産 / 2004 /
30ドレスデン・エルベ渓谷(登録削除) 文化遺産 / 2004 /
31ムスカウアー公園/ムジャコフスキ公園 文化遺産 / 2004 /
32レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ 文化遺産 / 2006 /
33カルパチア山地のブナ原生林とドイツの古代ブナ林 自然遺産 / 2007、2011 /
34ベルリンの近代集合住宅群文化遺産 / 2008 /
35ワッデン海自然遺産 / 2009、2014 /
36アルフェルトのファグス工場文化遺産 / 2011 /
37アルプス山系の先史時代杭上住居跡群文化遺産 / 2011 /
38バイロイト辺境伯のオペラハウス文化遺産 / 2012 /
39ヴィルヘルムスヘ−エ城公園文化遺産 / 2013 /
40コルヴァイのカロリング朝ヴェストヴェルクとキウィタス 文化遺産 / 2014 /
41ハンブルクの倉庫街とチリハウスを含む商館街 文化遺産 / 2015 /
42ル・コルビュジエの建築作品‐近代建築運動への顕著な貢献
以上は UNESCO 世界遺産リストからお借りしました。(2017年5月現在)
ユネスコ世界遺産 世界遺産一覧 ドイツの世界遺産リスト
◇◆◇
HOME旅行記一覧アメリカ東部TOP1日目
Page▲Head