[北行庵]  HOMETRAVEL
ドイツ: フランクフルト 滞在4泊5日 2017/6/6〜12
準備期間
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇

PAGE CONTENTSPage Head ▲

準備記録は旅行記そのものではありません。読まずに飛ばしても結構です。
2015年:
2月下旬: 海外旅行の検討
3月04日: JALダイナミックパッケージ、ビジネスクラス:フランクフルト4泊5日の申込
3月06日: HISのOPツアー(ケルン・ボン)に関しフランクフルト支店に問合せ
3月07日: フランクフルト⇔ケルン⇔ボンの鉄道料金
3月11日: ドイツ鉄道: ジャーマン レイル パス
3月13日: JAL-DP 送迎オプション(フランクフルト空港⇔ホテル)をキャンセル
5月06日: ドイツ旅行に体調的な不安が薄らぐ
5月06日: ジャーマンレイルパス1等3日間をオンライン購入
5月07日: 国内便Jクラスの座席指定
5月07日: JAL eトラベルプラザ経由でJI旅行保険
5月07日、スマホの LTE・3G の契約を6Gから3Gに変更
5月08日: 必要なユーロの算出
5月09日: 消化器系の定期検査
5月10日: 海外おみやげ宅配便のカタログが届く
5月16日: スマホにアプリをインストール
5月23日: ペットシッターさんから来宅可能日の連絡
5月24日: 日程表とeチケットお客様控え
5月26日: ガイドブックの地図を拡大プリント
5月27日: ドイツ料理の注文用写真の作成
5月31日: 自己プランの行程表が完成
5月31日: フランクフルトの気温
----------
6月01日〜: 出発前の細々した準備

2月下旬: フランクフルト短期滞在旅行を検討PAGE CONTENTS ▲

実は健康状態が思わしくない。健康診断では心配ないが、今年早々に右足1本が腰から指先まで痺れ痛む坐骨神経痛の症状が初めて出て、一時は歩行困難でした。MRI検査で腰椎にヘルニアが見つかった。30〜50才代に多い、という。保存療法として鎮痛剤が処方され、しばし良い状態でした。しかし、足腰に負荷を少しかけ過ぎたら、強烈な痛みの再発となった。鎮痛剤も安静も効果なく、2月初に神経根ブロック注射をしてもらいました。その後は小康状態で生活レベルの歩行も大丈夫です。

退屈しのぎに6月頃の海外旅行を考え始めた。素人の憶測ながら、運が良ければヘルニアは白血球のマクロファージなる細胞に食べられて多少は小さくなっている頃合いのようです。何れにせよ、予定通り動き回るパッケージツアーは無理で、ビジネスクラスのダイナミックパッケージです。3〜4日滞在のマイペース観光は大丈夫、という楽観的な前提です。アメリカ、イギリス、フランスはツアーも短期滞在型の個人旅行も共に楽しんだので、当然の成り行きでドイツに目が向きました。複数国以上を巡るツアーで2度訪ねたが、今回はドイツのみです。

ドイツに関して最新の旅行ガイドブックを読んだり、インターネットで調べたり、あまり動けない時には楽しい Pastime です。

3月04日: JALビジネスクラス:フランクフルト4泊5日PAGE CONTENTS ▲

JAL海外ダイナミックパッケージ「フランクフルト4泊5日」(以下、JAL-DPと略号で表示)に申し込んだ。北海道在住なので国内便Jクラス付きは、とても良い。前泊と機中泊を加え全7日間(6/6〜6/12)の旅行です。
出発1カ月前の5月8日から取消料が発生、それまで無料キャンセルが可能です。体調管理に全力投球して取消なしにもっていきたい。

以下、フランクフルト滞在は6月7日(水曜)〜11日(日曜)、旅行のスケッチです。

  • 往路: 国内便 JAL Jクラス( 地元 6/6 午後発 ⇒ 羽田 )
  • 往路:  [自己手配] リムジンバス( 羽田 ⇒ 成田 )
  • 往路:  [自己手配] 前泊( ホテル日航成田 )
  • 往路: JAL407便(成田 6/7 11:25発 ⇒フランクフルト 6/7 16:30着)ビジネスクラス
  • 送迎:  [OP] フランクフルト空港 ⇒ ホテル/ 注:[OP]から[自己手配]に変更。
  • 滞在: ル メリディアン パーク ホテル(4星クラス)朝食付き、改装済み
  • 送迎:  [OP] ホテル ⇒ フランクフルト空港/ 注:[OP]から[自己手配]に変更。
  • 復路: JAL407便(フランクフルト 6/11 19:20発 ⇒ 成田 6/12 13:20着)Cクラス
  • 復路:  [自己手配] リムジンバス( 成田 ⇒ 羽田 )
  • 復路: 国内便 JAL Jクラス( 羽田 6/12 夕方発 ⇒ 地元 夜着 )
  • --------------------
  • 特典1: JALの国内便の往復が付いている。
  • 特典2: 国際線ビジネスクラスのマイレージは70%で積算される。
  • 特典2: 国内線マイレージはJクラスで110%で積算される。
  • 特典3: 基本料金に燃油サーチャージが含まれている。
  • 特典4: 成田空港とフランクフルト空港でラウンジが使用できる。
  • 注意1: 日程表とeチケットは送付されず、自分でプリントして持参する。
  • 注意2: 現地での送迎はオプショナルです。サービス内容に照らし金額的に高い(片道1人13,100円)。
  • 注意3: 出発の1カ月前(5月8日)から取消料が発生する。
  • 注意4: 宿泊ホテルは2016年12月2日〜2017年3月4日の間休業して改装ずみ。
実は、フランクフルト滞在 6/5 〜 6/9 をまず申し込んだ。しかし、復路便の空席は△の表示で「残り僅か」ながら「 復路の座席が手配できません 」という内容が表示され、予約はできなかった。話は変わるが、一昨年のパリ滞在の JAL-DP でも同様な経験をしている。その時は出発日と滞在日数の組合せを変えていろいろ試し、運良く9月末のパッケージが取れました。確か、送迎付き JAL-DP パリの最後のものだった、と思う。
今回の件に戻すと、申込可能なフランクフルト滞在 6/7 〜 6/11 に変更し予約手続きを進めた。往路も復路もOKで予約成立でした。

次はホテルの選択です。フランクフルトはEUの金融センターなので5星クラスのホテルは遠慮して、4星クラスから選んだ。大部分はフランクフルト中央駅近くにあり利便性はよい。朝食付きのホテルに限定し、エクスペディア等のホテル予約サイトの情報も参考にして、ル メリディアン パーク ホテルに決めました。ここは昨年から今年にかけ3カ月余も休業して改装したので快適と思います。だだしネット上では「狭い」というコメントもあり、その点は心配です。マリオット,INC.という大ホテル・グループの構成ホテルの1つです。

追記(5月15日):
JAL eトラベルプラザから連絡メールあり。予約したホテルは名称が変更となり、ル メリディアン パーク ホテルではなく、ル メリディアン フランクフルト(LE MERIDIEN FRANKFURT)になりました。名称以外の変更は一切ありません。日程表では新ホテル名になるそうです。

空港とホテルの送迎はパッケージに含まれず、オプショナルとして別途申込みです。フランクフルト空港から電車を利用できますが、スーツケースもあるので送迎を申込ました。
(後日、上記のOP送迎プランは「費用対効果」を考えて往復ともキャンセルしました。)

最後に 航空券+ホテル4泊+送迎 の費用を合算してクレジットカードの一括払いで済ませました。

これで滞在中の観光活動の準備に集中できます。
ケルン大聖堂は必ず訪ねるつもりです。フランクフルト発着のオプショナルツアーを探したら幾つかあった。HISのもので「ケルンとボン」に行くバスツアーがある。旅程は良いが料金が参加人数に因るのでうっかり申し込めない。保留にして他のオプショナルツアーを検討したり、個人行動の可能性を検討したりした。

フランクフルト滞在中は暫定的に次のような計画です。
6月07日 水曜フランクフルト空港着(夕方)
6月08日 木曜ケルン観光とボン観光(オプショナルツアー/個人で高速鉄道)
6月09日 金曜1日フランクフルト市内観光
6月10日 土曜ヴュルツブルク観光(個人で高速鉄道)
6月11日 日曜半日市内観光(シュテーテル美術館など)、フランクフルト空港発(夜)

3月06日: HISのOPツアーに関し現地支店に問合せPAGE CONTENTS ▲

HISフランクフルト支店ページの問合せフォームから次のメールを送りました。

【お問合せ内容】
拝啓  早速ですが、
御社のOPツアー「H.I.S.オリジナル 古都ケルン&ボンを巡る1日ツアー(日本語ガイド付き)<2017年3月25日まで適用>」に興味があります。現在、御社のサイトで明示されている期間後も提供されますか。
6月7日(水曜)夕方フランクフルト着、11日(日曜)夜に出発のJALダイナミックパッケージでフランクフルトを訪ねます。その時に上記のOPツアーでケルンとボンに行きたいのですが、夫婦2名なので料金的な面でも他の参加者の有無で大幅に変更が有り得るようなので申し込んでよいのか分かりません。
2名で申し込んだとして過去の経験として実際の参加人数は何人くらいでしょうか。
その他、当OPツアーに関して必要な情報をお知らせ頂けると幸いです。 よろしくお願いいたします。 敬具

メール発信当日の夜に以下の返信メールを頂きました。
勝手ながらOPツアーに関する部分のみ参考のため使用させて頂きます。

(前略)
ご希望のツアーは、4月以降はプライベートのみで催行予定です。
(他のお客様とご一緒にはなりません)
◆H.I.S.オリジナル 古都ケルン&ボンを巡る1日ツアー
※月曜以外催行可能 2名様利用 お一人様あたり345EUR
http://activities.his-j.com/operator/jp/jp/TourLeaf/FRA0120.htm
日本語ガイドが同行をいたします。
(後略)
HISフランクフルト支店

現在のユーロ為替レートでは2人で8万円以上になります。
早々の情報提供に感謝しつつ、このOPツアーは諦めました。

注: このプライベートツアーは3名以上のグループなら日本語ガイド付きなので価格的にも納得できる。特に外国旅行に慣れていない人達にはお勧めと思います。

3月07日: フランクフルト⇔ケルン⇔ボンの鉄道料金PAGE CONTENTS ▲

MAXVISTA というヨーロッパ鉄道チケット予約サイトでドイツ高速鉄道(ICE/Intercity Express)の料金を調べました。以下は6月8日付けのシニアー2名の2等の片道運賃です。

フランクフルト⇒ケルン 割引運賃(最安値) 15,100円
ケルン⇒ボン ノーマル運賃(最安値) 10,000円
片道合計 25,100円
往復(フランクフルト⇔ケルン⇔ボン) 50,200円

この予約サイトを利用したとして、個人手配でケルンとボンをドイツ高速鉄道で日帰りすると5万円余となります。他に博物館等の入場料等が必要になる。

前述のHISプライベートツアー「ケルンとボン、日本語ガイド付き」より約3万円安い程度です。HISのプライベートツアーなら固定費用ですが、ドイツ高速鉄道を使うとグループ人数により総運賃は変わる。

3月11日: ドイツ鉄道(DB): ジャーマン レイル パスPAGE CONTENTS ▲

OPツアーに頼らず、フランクフルトを中心に鉄道で観光先に行く決心がついた。
以下のサイト(日本語)で期間内なら乗り放題のジャーマンパスについて調べてみた。
レイル ヨーロッパ >  ジャーマン レイル パス
−−−−−−−−−−−−−−−−−
ジャーマンパスの1等価格表
German Pass

ジャーマンパスの2等価格表
German Pass

● ジャーマン レイル パス は期間内なら鉄道乗り放題です。 ヨーロッパ圏外(除くロシア&トルコ)に居住する旅行者のみがジャーマンレイルパスを購入し使用できます。もちろん日本からの旅行者はOKです。
ドイツ到着後も購入は可能らしいが、日本出発前にインターネットで購入すると良い。発注後2〜3日で貴重品便で届きます。指定席や寝台券も日本で予約購入できる。

● 上の2表で右側はツインパスの値段です。1等(セーバー)とか 2nd Class Group となっている欄です。ツインパスは行動を共にする2人用レイルパスで1人はパスの全額、もう1人は半額になり、2人合わせて1人25%の割引です。ツインパス1枚に利用者2名の氏名がプリントされる。

● レイルパスは使用開始前に駅窓口でパスとパスポートを提出してヴァリデーション・スタンプを押してもらい、パスポート番号やパス使用の開始日と終了日を記入してもらいます。現地の駅でヴァリデーションを受けるまで何も自分で記入してはいけない、とされる。記入するとストや事故などで使えなくとも返金されません。

● 夜行列車、シーニックトレイン、国際列車で座席指定券や寝台券が必要な列車があるので別途お調べ下さい。ジャーマン レイルパスには座席や寝台の指定券に特別割引料金があるが、その数は限られている。利用するなら早めの予約が必要でしょう。乗車日の最大90日前から座席指定券の購入が可能です。
注意1:  DBサイトでは『 ICEは、ヨーロッパの高速列車としては珍しく、座席指定券なしでご乗車頂けます 』との記述がある。以前は全席座席指定だった ICE Sprinter も2015年12月から German Rail Pass で指定席予約なしで乗車できるようになった。
予約された座席は「○駅から□駅まで予約」という座席のライト点灯で分かり、ライトが点灯していない座席や点灯していても表示区間外なら予約なしで座れる。ドイツでは指定席車両と自由席車両の区別はありません。
空席が無ければ、立席になる。イースターとかクリスマスの時期には1&2等とも立席乗客が多いという情報も読みました。
注意2:  地域間列車(リージョナルトレイン)は座席指定券は不要、1等車両のない列車もある。

● 1等と2等は座席が3列か4列かの違いはあるが、座席に飲み物や食事を運んでもらえるなどのサービス面での違いが大きいようです。旅行者の報告によると、『 2等が混んでも1等は座れて楽 』という情報が多いようでした。
尚、1等レイルパスなら駅のラウンジが使えるように思いがちですが、1等レイルパスでも駅のラウンジは利用できません。

● ドイツの駅には改札がない。目的の列車に乗ると走行中に車掌が検札に回る。乗車券を持っていないと高〜い罰金が科せられるそうです。

● 乗車駅の電光掲示板等にて列車番号からホームを確認し、乗車する車両の位置もホームのアルファベット表示で確認する。列車毎に違うので要注意です。1等2等は乗車口に大きく数字が書いてある。
車両のドアーは自分で開閉する。ICEなどは開ける時は緑色のボタン(Auf)、閉める時は赤色のボタン(Zu)を押す。ローカル線なら力ずくで扉を開ける古い車両もあるとか。
出発ベル(ブザー)はないので気を付けることです。車内アナウンス(ドイツ語)はあるらしいが慣れないと駅名を聞き取れない・・・。

今回の旅行では、
フランクフルト⇔ケルン、 ケルン⇔ボン、 フランクフルト⇔ヴュルツブルク、
でドイツ高速鉄道 ICE/IC を利用したい。片道6回なので、正確な計算はしていないが、1等3日用ツインパス(\24,150/1人)でも多分リーズナブルと思います( 比較できないが、昨年、品川⇔京都 を新幹線グリーンで1往復したら 37,000円余/1人 でした )。ジャーマンレイルパスを日本で手配してドイツに行くと鉄道料金はかなり有利、とされている。もちろん利用回数や乗車距離などによる。ジャーマンレイル(英語サイト)で購入すると手数料はないが、日本語予約サイトで購入すると手数料(1500円/2017年)が必要です。他に送料(1500円/2017年)がかかる。後日、日本語予約サイトで購入する予定です。

3月13日: 送迎(フランクフルト空港⇔ホテル)キャンセルPAGE CONTENTS ▲

JALダイナミックパッケージを申し込んだ時点ではスーツケースの運搬等が気になりオプショナルの専用車による送迎サービス(片道13,100円/1人)を申し込んだ。2人往復で 52,400円である。
ところが、フランクフルトの空港と中央駅はタクシーで20〜30分、約40EUR(ネット情報)、空港ターミナルを出るとタクシー乗り場があるしホテルは中央駅近くです。空港⇔ホテル の個人移動に問題はない。到着日はラッシュ時で時間がかかり少し高くなりそうですが・・・。

14:00頃、JAL eトラベル プラザに電話してフランクフルト送迎オプションのキャンセルを申し込んだ。受け付けたOさんは快くキャンセルに応じてくれた。他にも何かあったら電話ください、とのことでした。尚、最初の自動案内で知ったが、JAL eトラベル プラザの電話は全て録音される。

5月06日: ドイツ旅行に体調的な不安が薄らぐPAGE CONTENTS ▲

4月下旬つつじの頃、東京2泊3日の小旅行をした。タクシーを多用し楽な移動にしたが、それでも観光先やショッピングなどは歩きです。当ページ冒頭に書いた腰椎のヘルニアは現在も投薬中ですが、東京旅行中とその後に問題は感じていない。
あと1カ月あるし、フランクフルト4泊5日は体調的には大丈夫と思います。5月7日までキャンセル無料ですが、キャンセルしません。
東京旅行の際、銀座タカゲンというステッキ専門店で最軽量級の日本製3つ折りカーボンステッキを購入しておいた。「転ばぬ先の杖」です。使用せずに済む事を願っています。

5月06日: ジャーマンレイルパス1等3日間をオンライン購入 CONTENTS ▲

ジャーマンレイルパスの日本語サイトに接続し、2名同行(セーバー)1等3日間の予約と支払いを済ませました。氏名、性別、住所、メールアドレス、カード番号などの入力で通常のオンライン購入と変わりありません。後日、2名用ジャーマンレイルパス1枚が宅配便で届きます。使用開始日は自己記入のようです。
  • 予約番号: XXXXXXXXXX
  • 予約者氏名2名分: ローマ字
  • 3日間: 48,800円
  • 配送料: 1,500円
  • 手配料: 1,500円
  • 支払合計: 51,800円
ゴールデンウィーク中はお休みで、8日以降に発送するようです。
今回は滞在中の自由度を高めたいので座席指定はしません。
なお、独語/英語のサイトで予約購入するとレイルパス代は同じでも経費が掛からない、という情報もあります。
----------
5月08日 夕刻、メールにて発送案内がありました。2日もあれば届くでしょう。
5月10日 夕刻、SAGAWAセーフティーサービス貴重品で German Rail Pass が届いた。
日本語の説明5ページが同封されていた。現地の駅で Passport と German Rail Pass を提出して Validation Stamp を受けるまで使用できない。それまで Pass に何も記入してはいけない。乗りたい列車に指定券が必要かどうかは、
独語サイト http://www.bahn.de
英語サイト1 https://www.bahn.com/en/view/index.shtml
英語サイト2 http://reiseauskunft.bahn.de/bin/query.exe/en にて確認できる。
実際に列車に乗るとき、日本の鉄道と大変な違いがあるので次のブログをご覧ください。
DB(Deutsch Bahn) ICE・ICの指定席と自由席
リンク切れはご容赦ねがいます。以下のドイツ語と日本語の対照表のアイディアは上記のブログからお借りしましたが、語数は当サイトでかなり追加しました。
鉄道用語の日独対照表
Von:出発駅
Nach:到着駅
einfach:片道
hin und zuruck:往復
Datem:日付 15.02 (2月 15日)
Uhrzeit:時間
Gleis:車線(ホーム番号)
Ankunft:到着(時刻表で白色)
Apfahrt:出発(時刻表で黄色)
Zug:列車番号
Wagen:車両番号
Klasse:車両クラス 1は1等車、2は2等車
Sitzplatz:座席番号 (番号左に □ は窓側、無しは通路側)
Frei:自由席
ggf.freigaben:予約済みで乗客が来たらあけてください。
Bord Bistro:食堂車

座席指定の料金は購入方法などで異なることがある、ようです。

5月07日: 国内便Jクラスの座席指定PAGE CONTENTS ▲

ダイナミックパッケージの予約購入時に成田⇔フランクフルトの往復座席指定は済ませてあった。当時は国内便の座席指定には早過ぎた。JALサイトで予約確認をすると未指定のままでした。予約変更ページから 6月6日と12日 のJクラス座席予約を済ませたが、たまたま往復とも同じ並び席が空いていた。

5月07日: JAL eトラベルプラザ経由でJI旅行保険PAGE CONTENTS ▲

JAL eTravel Plaza はJI傷害火災保険の代理店となっており、そこを経由してJI海外旅行保険(6/6〜6/12)を購入した。
一昨年の 「JAL ダイナミックパッケージ パリ5泊」 でも利用した保険なので現在もリピーター割引3%が適用される。 保険対象項目は基本のみ、各項目の保険金も少な目と思う。それだけに2名の合計保険料も安く1万円を僅かに下回る。それでも現地での治療・救援費用5000万円、個人賠償責任1億円などで何かあったても対処できると思います。2人とも現時点では健康診断の結果として、足腰を除き、大きな問題はないようです。
昨年の海外旅行では帰宅の国内便が欠航になり、代替えとして新幹線グリーンを利用した(旅行保険使用)。今回のJI旅行保険ではこの種のトラブルをカバーする項目はオプションになり、購入しても支払い金額は固定で少ない。オプションは購入しなかった。
旅行保険は掛け捨てになるのが一番良い。旅行中はいろいろ気を付けるしかありません。
インターネット専用の旅行保険なので契約書などは自前でプリントです。自動送信されてきたメールに必要事項は記載されていた。

5月07日、スマホの LTE・3G の契約を6Gから3Gに変更PAGE CONTENTS ▲

昨年の旅行までは7型タブレットにデータSIMを入れ、ホテルではWIFIを利用していた。昨秋に私が、今冬にワイフが、スマホを持った。軽量で処理速度も速く、カメラも所持タブレットのものより随分と高性能です。割引のある半年間は LTE・3G音声付きSIMカード のデータ通信量を6ギガバイトで契約していた。しかしPC派なので、電話(Biglobe(有料・割安)/Skype/Line)もあまり使わない。それで、今日、契約通信量を6→3ギガに変更した。それでも前月分データ通信残量を今月に繰り越すシステムなので自分の使い方なら十分です。
来月初めから適用で、ドイツ旅行時にはデータ通信量3ギガになる。ホテルのWIFIでメールや天気予報、ニュースを見る程度なら僅かなもので、しかもデータ通信量に影響はない。
ワイフとはぐれたら、日本経由での電話接続になる・・・。

5月08日: 必要なユーロPAGE CONTENTS ▲

パックツアーではないから、現地の出費は全て自前です。
手持ちのユーロ紙幣は私が 280Euro でワイフが 150Euro だった。計430Euro あるが、私は現地での食費や交通費、チップなど直接的な旅費を受け持ち、ワイフはスーパーや土産屋での買物に使う。4泊5日なら手持ちだけでは不足するので成田空港でユーロの購入ですが、その金額の目安が分からない。以下2名分の大雑把な予算です。

6月昼食夕食間食交通費諸経費合計
7日-80-50-130
8日4080405050260
9日4080405050260
10日4080405050260
11日40-408050210
合計-----1120

方針として飲食店ではクレジットカードは使わない。チップを入れた夕食代など実際は分かりません。長い距離や石畳はなるべく避けてタクシー利用の予定です。
成田空港で私は800ユーロの購入、レートを 1Euro=125円 として100,000円の両替になる。
過不足は分かりません。不足したら現地で両替です。ビジネスクラスの欧州ツアー(日数は多く観光・3食付き)は2人の参加料のみで100万円を軽く超えるから、それを考えると容認範囲です。今回の総経費は95万円程度になりそうです。
ユーロ紙幣は 5, 10, 20, 50, 100, 200, 500の7種があるが高額紙幣は避ける。 余ったユーロ紙幣は日本の銀行で円に両替できます。

5月09日: 消化器系の定期検査PAGE CONTENTS ▲

若い時と違って日常生活は元気そうに過ごしても内臓にいろいろな変化が起きている。今日は病院で定期的な血液検査に加えて、ほぼ一年ぶりの肝硬度検査や超音波検査、内視鏡検査(胃カメラ)があった。

夫々の検査で何かと異常が指摘される。例えば、
 肝硬度検査 → 計測値が通常より高い(硬い)。血液検査を考慮すると問題ないらしい。
 超音波検査 → 胆石、肝臓に血管腫1と良性腫瘍1、など。
 胃カメラ → 胃壁に胃潰瘍痕、荒れ、小さな形状異常、等あり。

実は以前から指摘されており、担当の医師は肝脂肪を含めて注意すべき変化は認められない、と云っておられる。悪性腫瘍の兆候は今回も見つかっていない。
今まで通りの投薬となり、 自分としては「消化器系に重篤な疾患はない」としています。

別の簡単な健康診断(保健所)によると、メタボではなく呼吸器系や循環器系の検査結果にも問題はない、といわれています。
足腰の耐久力や他の幾つかに留意すれば、ドイツ旅行に大きな支障はないと思います。

5月10日: 海外おみやげ宅配便のカタログが届くPAGE CONTENTS ▲

海外旅行の土産品は現地で購入が原則ながら、スーツケースを重く出来ない。前もって発注する予定でワイフが「おみやげ宅配便」に電話した。直ぐカタログの発送があり、今日とどいた。品が決まり、ワイフは配達日指定で電話注文していた。
現地では持てる範囲で好みのものを少し購入する程度です。気楽です。

後日にTELあり。注文したドイツ名物の1つが品切れで23日まで入荷予定が分からない、という。他店オンラインショップでは多少の手持ちがあるようで、23日の連絡内容によっては他店に発注となる。

23日に電話あり、商品は税関に届いているが発送できる日は未だ不明とのこと。
24日に電話あり、「今月末までにはお届けできる」とのことだった。これで土産の心配はほぼ無くなりました。

5月16日: スマホにアプリをインストールPAGE CONTENTS ▲

スマホを持っていくが、欧州用SIMやWIFIルーターを借りて頻繁に使うわけではない。出来る限り電子機器から離れて現地ドイツを体感や経験として味わいたい。
インターネットはホテルの部屋でWIFI接続です。ペットシッターさんのメールで愛猫の様子を確認するのが目的ですが、幾つかの便利なアプリをインストールしておきました。

  • tenki.jp /ドイツ各地の天気予報が分かる。
  • 海外安全アプリ/外務省の公式アプリで海外の安全に関する情報が分かる。
  • DB Navigator(英語)/ドイツ鉄道のアプリ。出発駅・目的駅・日時の入力で列車の時刻表や乗換情報が分かる。切符の予約購入も可。
  • DE-JA Dictionay /独和辞書です。使わないが、念のためです。

5月23日: ペットシッターさんから来宅可能日の連絡PAGE CONTENTS ▲

出発2週間前となり、ペットシッターさんからメールがあった。いろいろ仕事で忙しい様子でも、最終の打合せと鍵を預けることや支払いのため一度は来宅です。5月31日午後4時以降と返信をだしておいた。
折り返しOKの返信があった。
同じシッターさんで5回目になり、互いに慣れています。これで愛猫は心配ない。
----------
5月31日 夕刻にシッターさんが来宅、サービス内容の最終確認と支払いをすませ、玄関の鍵を渡しました。ウチの猫のことも知っているのでお任せできます。ただ右目上の毛が少し剥げて軟膏を塗っている。継続して日1回塗ってもらうことにしました。皮膚病ではなくストレス性の脱毛らしく、時々できます。1匹で淋しいのでしょう。

5月24日: 日程表とeチケットお客様控えPAGE CONTENTS ▲

JALeトラベルプラザのご案内メールによると、今日から「日程表とeチケットお客様控え」のプリントが可能になった。指定ページに接続し、予約番号とメールアドレスを入力すると今回の自己ページが表示され、プラン名や参加者氏名などで確認できる。

トラブル発生: さて、直ぐプリンターをONにしてプリントを開始したら直ぐにインク切れ、ストックを確認すると予備はなかった。電気量販店に行って必要色と予備のインクを購入した。戻ってプリントを再開したら、今度は黒文字に白筋が沢山でるようなり、直ぐ極端に色が薄くなりプリントされない状態に近くなった。プリンターノズルの目詰まり。ヘッドクリーニングを2度かけたが不十分だった。仕方なく強力クリーニングをかけた。インクの目減りが凄く、ヒヤヒヤものでした。しかし終了後のテストプリントは問題のない綺麗なものになった。
時には有り得ることながら、仕事中に道具が使えなくなり、そちらの調整に時間を取られるのはイヤなものです。

再度 JAL eトラベルに接続して日程表とeチケットお客様控えを2部づつプリントしました。eチケットお客様控えは万一失くしてもeチケットがコンピーター上にあるのでパスポートの提示で搭乗券は発行してもらえる、ようです。でも失くさないのが一番です。

実は5月15日にeトラベルプラザからメールがあり、フランクフルトのホテル名の変更を知らせてくれた。名称以外の変更はありません。旅行日程表から新ホテル名になるとしてあったが元のままの旧ホテル名でした。それを指摘するメールをeトラベルサイトの連絡フォームから発信した。当方としても何れの名称が正しいのか確認する必要があった。
それにJALダイナミックパッケージでフランクフルトに滞在する人達はいるでしょうが宿泊ホテルは多く用意されている。同じホテルを利用する人がいるとは限らない。誰も気付かずに旧称のままになるかも知れないのです。

夜にeトラベルプラザからメールあり。お詫びと共に日程表のホテル名が新名称に変更された、とのことでした( 自動変更が時間的に遅れたような感じの書き方でした。) 携帯用の日程表を再度プリントするように指示がありました。これにて一件落着です。

5月26日: ガイドブックの地図を拡大プリントPAGE CONTENTS ▲

今回はフランクフルト、ケルン、ボン、ヴュルツブルクの4都市を訪ねます。観光歩きにはガイドブックのマップが何かと便利ですが、地図や文字は小さ過ぎる。プリンターの拡大機能を使って4都市の観光地図をA4版用紙にカラープリントしました。ガイドブックを持ち歩くより軽量で見やすくなりました。

5月27日: ドイツ料理の注文用写真の作成PAGE CONTENTS ▲

ドイツ語は全くダメ、昼食や夕食の注文ができるのか不安で仕方ない。ガイドブック2冊のドイツ料理のドイツ語名付き写真ページをA4用紙に1ページづつ拡大プリントした。給仕さんに写真とドイツ語名を指さして注文すれば、店によって細かなことは違うが基本的には同種の料理を出して貰えるという前提です。後は英語で何とかするしかない。

ところが、ドイツ名物の春の味覚ホワイトアスパラガス(Spargel)料理がガイドブックではステーキ&ホワイトアスパラガスのみだった。他の料理も知りたいので、グーグルの画像検索でホワイトアスパラガス料理を表示させ、数多くの写真から適当なもの4枚を選んでA4版用紙1枚にドイツ語名付きでプリントした。1.ホワイトアスパラガス、2.ポテト&ホワイトアスパラ、3.ウィーン風カツ&ホワイトアスパラ、4.ソーセージ&ホワイトアスパラ、です。レストランによりアスパラの本数やソースの味などは様々と思います。
以下のようなプリントなのですが、写真は無断利用なので、現地で自分で撮影した1枚を除き、ウェブでは無断公開できません。悪しからず。

これを見せ1つを指させば、どのホワイトアスパラガス料理を食べたいのか分かってくれる。メニューにあれば値段などを教えてくれるはずです。ドイツ名物のホワイトアスパラガスは通常のアスパラガスの新芽に土をかけて太陽光が当たらないようにして生産したもの、4月中旬から6月24日までが発売期間と決まっているようです。
ドイツ語ではメニューを”シュパイゼカルテ(Speisekarte)”といい、定食を”メニュー(menu/uにウムラウト)”という。日替わり定食は Tagesmenu、昼の定食は Mittagsmenu という。食べるものが分からない時は Tagesmmenu が安心で良いらしい。

ドイツ料理レストランはフランクフルト中央駅近く(宿泊ホテル近く)にも日本語メニューを用意したバーゼラーエック(Baseler Eck)がある。他にも観光客が行くレストランはレーマー広場や大聖堂、グローセ・ボッケンハイマー通り(ゲーテ通りの北側)、ザクセン・ハウゼンの地域、などにあるようです。本場のドイツ料理が楽しみです。

5月31日: 自己プランの行程表が完成PAGE CONTENTS ▲

フランクフルト往復の日時と宿泊ホテルは決まっているが、フランクフルト4泊の滞在中は全て自己プランです。フランクフルトの観光予定やケルンとボンの利用列車 ICE の決定、ヴュルツブルグ往復の列車 ICE の決定、など細かな予定も決めました。現地の天候や疲労次第で変更もあり得ます。 これからは時間をかけてパッキングです。

5月31日: フランクフルトの気温PAGE CONTENTS ▲

都市名フランクフルト
平均最高気温22.3℃
平均最低気温11.7℃
6月の降水量は東京のほぼ1/3、降水日数は約10日で東京より僅かに少ない。
今日を含めた直近1週間の最高気温の予想は23〜25℃で意外に高い。

6月01日〜: 出発前の細々した準備PAGE CONTENTS ▲

必要な情報は全て手元にあります。当サイトの
旅の小道具と携帯品チェックリスト
を見ながら、忘れ物が無いように最終的な準備をする段階になりました。

6月01日
・日本レンタカーに6〜12日の駐車の予約をすませる。
・新聞販売店に6〜12日の朝刊と夕刊の配達を休止した。
・日本語テレビの確認。宿泊の Hotel Le Meridean Frankfurt は JSTV と契約なし。
・スマホの今月分データ容量は約8ギガあり国内利用には十分です。
・ワイフにJALeチケット控え、日程表、私的行程表(最終版)を渡す。
・JIたびほ保険契約プリント、前泊ホテル予約メール、ジャーマン・レイルパスは所持。
6月02日
・現地の衣類を決めた。長袖の薄手ジャケットに半袖シャツ、コットンスラックスを主にした。
・下着類は旅行用の使い捨て(数度の水洗い可)を使用して軽量にする。
・往復は薄いブレザーに長袖シャツ、スラックスです。
6月03日
・12日に電話注文した土産品(いたまないもの)の配達あり。
6月04日
・デジカメ2台の充電とノイズキャンセリング・イヤホンの乾電池の交換。
・JAL-Cクラスは充電用USBポートあり。
・処方薬(朝&夕)をオブラートでまとめ、薬品袋にいれる。前泊と航空機分は携帯容器に入れてからショルダーバックで持ち運ぶ。
・衣類はアイロンをかけてパッキングを済ませた。
・フランクフルトの夜の軽食や非常食を用意、スーツケースに収めた。
6月05日
・貴重品類はセーフに2人分をしまう。
・重要書類は大型の箱にしまった。
・留守中のテレビと居間用スポットライトの自動スイッチを用意する。
・デジカメ2台とスマホの充電を済ませる。
・現地の予想気温は最高気温が20℃以下なので半袖シャツを減し長袖を増す。
6月06日 出発日
・携帯するJALカードとクレジットカードは暗証番号も確認した。
・必要な日本円と手持ちユーロは2人で分けてもつ。
・ドイツ・ワインの購入用としてパッキンとガムテープをキャリーケースの空に入れる。
・居間や書斎など念入りに掃除した。出発が遅いと何かと楽です。
・自宅、物置、車庫の施錠の確認。庭の水道の止水。

◇◆◇
HOME旅行記一覧フランクフルト滞在TOP準備期間
≪ PREV. Page▲Head NEXT ≫