[北行庵]  HOMETRAVEL
ドイツ: フランクフルト 滞在4泊5日/ 7日目 : 2017/6/12
JAL-Cクラス、成田帰着、国内移動、帰宅
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇

今日は成田空港第2ターミナルに帰着、入国審査後は預入手荷物を受取り通関し、リムジンバスで羽田空港第1ターミナルに移動、JAL国内便で帰ります。幸い天候にも問題はなくスムーズな国内移動と帰宅でした。

成田空港第2ターミナル到着まで Page Head ▲

朝食 04:30 目覚める。
04:38 ターキー・カツサンドとコーヒーの朝食を確認にきた。OKです。
04:46 朝食の配膳あり。
05:00 朝食を終えた。
06:10 着陸。
アナウンスあり。気温23℃で梅雨ながら快適な日和とのこと。
06:20 成田空港のスポットに到着。
ここまでドイツ標準時: 6月12日 6時 20分
日本標準時(JST): 6月12日 13時 20分
時差は+7時間。
予定より約20分ほど早い到着でした。気流の関係でしょう。

成田空港第2ターミナル Page Head ▲

入国審査: 
入国審査は日本のパスポート所持者の窓口です。何の質問もなくパスポートに帰国の丸スタンプが押されました。
預入手荷物の受取: 
あまり待たずにキャリーケースを受取りました。
通関: 
機内で作成した夫婦1枚の「携帯品・別送品申告書」とパスポート2冊を渡しました。特に質問もなくキャリーケースを調べることもなく簡単に済みました。専門官には雰囲気で分かるのでしょう。

国内移動 Page Head ▲

リムジンバス:
13:47 リムジンバスの羽田空港行きチケット2枚をクレジットカード一括払で購入した。到着から僅か27分でここまで済みました。
ペットシッターさんに成田帰着をメールで知らせ、予定通りの帰宅 と伝えた。
14:05 リムジンバスが5分遅れで出発。
車内では眠って過ごした。
15:30 羽田空港第1ターミナルに到着。
受取ったキャリーケースを引いてJAL国内線搭乗手続き窓口に向かった。

JAL搭乗手続き:
若い女性が窓口でした。2名の「eチケットお客様控え」を渡したらJシートは満席で普通席になるという。eチケットにはJシート予約済み座席番号が記載されているにも関わらずです。それを指摘すると「上司に確認します」といって引っ込んだ。結局は「上司のJシートの確認が取れました。」やっと予約通りの座席の搭乗券が手に入り、キャリーケース2個(計30.2Kg)を預けることができました。”若い窓口担当者”故だけではないような、何かしら冷たい印象が残りました。
セキュリティ検査:
近くの検査場の列に並んだ。検査そのものは問題ありません。
有料ラウンジ:
時間がある。さくらラウンジも利用できるが、搭乗口への途中にあるゴールドカードで入れる有料ラウンジに行きました。何時も利用するラウンジは改装中でその斜め向かいに仮ラウンジがありました。そこに入った。
JAL国内便:
機材はB737-800、Jシートは3-3でした。予定通りの出発でしたが、タクシーアウトから離陸まで15分もかかった。羽田空港は大きくなり時間がかかる事もあるのでしょう。飛行中はあらかた眠っていました。
地元空港から自宅:
ほぼ予定通りの到着でした。気温は東京よりかなり低いが晴でした。
日本レンタの人が出迎えてくれました。車で数分の日本レンタの駐車場でワイフの車に乗り自宅に向かった。

帰宅 Page Head ▲

玄関の鍵を開ける音で分かり、猫が走って来ました。
ゴロン、ゴロンの連続で大喜びの気持ちが伝わってきます。自然、こちらも笑顔でなでてしまいます。
これで今春の海外旅行も無事に楽しんで終了となりました。

◇◆◇
HOME旅行記一覧フランクフルト滞在TOP7日目
≪ PREV. Page▲Head NEXT ≫