中国旅行記|香港、マカオ、深セン(2009/12/03〜12/08)
はじめに
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇

珠江の周辺都市では冬の降雨量が極端に少なくなる。気温も南方としては快適ゾーンと云えましょう。この時期を選らんで行きましたが、既に巨大な X'mas イルミネーションがあちこちに飾られていました。思えば、香港はイギリスの、マカオはポルトガルの、植民地でした。共にキリスト教が根付いているのです。天候に加えて観光的にも恵まれ、良い時期の旅行でした。

今回の香港・マカオ・深セン・広州旅行は地元空港にてツアー参加、国内航空券と後泊のホテル代は含まれていました。羽田・成田間のリムジンバス料金と国内の食事代は自己負担でしたが、それでも総費用は低く抑えられ、格安海外パックツアーの一種と思われます。添乗員なしの現地ガイド付きツアーは春の上海旅行で経験ずみ、同じようなもので心配ないと思っていました。上海旅行ではスルーパスにスルーガイドでしたが、今回は中国本土、香港、マカオと違う3人の現地ガイドさんが世話してくれました。その辺りは旅行先の地域性ですが、予想どおり問題なくほぼ予定通りの旅行を楽しめました。

今回の旅行記はスタイルを少し変えました。本文はこれまでと同じですが、総目次を画面左側に設置するためのフレームを使用していません。代わりにトップ頁に総目次、各ページ冒頭にその頁の目次があります。それらをご利用のうえ、ご覧になりたい項目を表示されてください。

今回の風景写真などは主に新規に購入したネオ一眼デジカメで撮影しましたが、旅行写真ページは今までと同じようなものです。ただ、大きいサイズ 500x375 の写真数をなるべく多くしました。少し見易くなったと思います。
壁紙写真のサイズは最近のノートパソコンに多い横長サイズ 1280x800 に変更しました。以前より少し大きいのです。ただし今回はフレーム付き壁紙写真なので、写真自体のサイズは 800x600 と小型です。実際にデスクトップで使用されるとアイコンが無地色エリアに設置となり見易いと思います。写真のみご利用の場合はフレームをトリミングで外してください。

筆者は特に中国に詳しい訳ではありませんから、 旅行記は旅行での見聞に加え、旅行の前後にオンラインで各種のサイトを調べて記述しています。時には気付かぬエラーもあるやも知れません。もし”珍”事実を発見されたら御遠慮なくお知らせ下さると大変に有り難く存じます。
では、どうぞ、ごゆっくりと当旅行記や写真集でお過ごしください。

【追記 2010.03.10】 旅行記スタイルの変更
今年1月25日に旅行記を公開した時点では、表示にフレームを使わず、ディスプレー左側にメニューがないものでした。総目次がトップ頁に、日毎メニューが各頁の上部に設置されたスタイルだったのです。その後、修正作業などで見直しを続けていましたが、やはり当サイトの大部分の海外旅行記のように画面をフレームで2分割したスタイルが目的の項目を早く表示できるようです。それで、左側にメニューを表示し右側に本文を表示するフレーム使用のスタイルに戻しました。ただし、フレーム未使用のオリジナルには最小の変更しか加えていませんので、各日付の頁にはその頁内のメニューが設置されています。くどい感じかも知れませんが、事情を御拝察いただけると幸いです。なお、左コラム・メニューの幅は従来より広くして見易くしました。【終】

◇◆◇
HOME旅行記集この旅行記トップ頁現在の頁(始めに)