イタリア旅行・ルネッサンス紀行 (2002年3月28日-4月07日)
旅行記の終りに
表紙 | 始めに | 行程表 | 1日目 | 2日目 | 3日目 | 4日目 | 5日目 | 6日目 | 7日目 | 8日目 | 9日目 | 後行程 | 終りに
前頁に戻る 目次:行程表 次頁に進む
◇◆◇

●楽しかった:短く言えば、バスに乗り、ガイドの説明を聞き、案内された処を見学し、つれていかれたリストランテで食事する。全てお任せで自分は何も気にする必要がない。気楽そのもの、本当に楽しめました。蛇足ながら、周りは何時も日本人と日本語、時々イタリア社会を覗く。そんな旅行でした。ところが逆にフリープランならば付き物の心配と不安がない。緊張もない。大いに楽しかったし短期間に見聞をものすごく広めたのですが、多少の物足りなさも残ったのが正直なところです。

●旅行記をまとめて:書きながら再旅行したみたいです。相変わらず、時間と行程どおりにダラダラと記述してしまいました。旅行日誌みたいなものです。この種のツアー旅行を経験されたことのない方、これからイタリアに旅行する方には、参考になることも多少は含んでいると思います。細かい点を除けば、旅行会社が企画した団体ツアーは仮に目的地は違っていても基本的に似たものが多い事と思われます

●イタリアの野良猫?:インターネットのイタリア旅行記を拝見すると、意外にも 野良猫が多いという記述に出会います。数多くの野良猫の写真を載せたものもあったはず・・・。どこかの遺跡でノラのミケネコなどを見れると思っていたが、観光ルートのみだったのでダメでした。 話は飛びますが、歩道を歩く際に犬の排泄物がおおくて驚き閉口しました。公園とか住宅街では特に気を付けましょう。

●事後処理:トラピックスでは、帰路の機内でアンケート用紙を配り回収しました。関西から参加の方たちは良いのですが、我々はまだ国内移動があります。アンケートを此処では提出したくなかった。それで後ほど郵送することにして送付先アドレスを書いてもらった。全体的に十分満足できる旅行でしたし、我々の場合はアンケートに悪く書く場所などマア無かったと言ってよい。ツアコンのKさんの所属先に後日返送してあげました。
ただし、参加者全員が問題なしとした訳ではありません。絵の8人グループは追加金を出して1人1部屋でしたが、シャワーの出が悪いとか何かとブツブツとこぼしていました。カップルで1部屋の方が良い部屋になることが多いそうです。この辺は難しい面もありそうです。

●デジタル写真:出発間際に64MBのスマートメディアを1枚購入した。明るいイタリアのことで写真は随分撮ることになると思ったからです。64MB2枚、32MB1枚、16MB1枚、8MB1枚を持っていったが、8MB1枚が未使用なだけだった。500枚以上の撮影しました。1枚1枚にタイトルを付けるのが大変な作業でした。

●体調:実は胃潰瘍で3月8日まで18日間の緊急入院をしていました。それで爆弾を抱えての旅行だったのです。何事も無く帰国できたのは自分でも奇跡のような気もします。。。

●終りの終り:始まりの始めであって欲しいのですが、次のプランはありません。暫くは大人しくしていることになるでしょう。

◇◆◇
HOME旅行記集イタリア旅行記・トップ当ページ(終りに)
前頁に戻る This Page Top ▲ 次頁に進む