旅行記|ロンドン滞在6泊7日 (1998年10月)
旅行の準備
前頁に戻る LONDON 次頁に進む
準備: 海外旅行となれば、パック旅行のカタログを集めて利用するパックを決め、 ガイドブック数冊に目を通して滞在中の予定を決める、のが普通でしょう。 インターネットの時代ですから、これにプラス・アルファーが付きました。

1.  各旅行社のパックを比較してみたら、地元空港・羽田の航空運賃が 含まれるもの、羽田・成田のリムジーン代が含まれているもの、成田の 前後泊が含まれているもの、ヒースロウ空港・ホテルの送迎付きのもの、 ロンドンで朝食付きのもの、組み合わせは様々です。  その上、ホテルのグレードがまちまちで、どのパックが良いのか簡単 には分かりかねます。 さらに、カード会社を通して購入すると、5% off というパックも多いのです。 自宅を出てから帰宅までの、地元の空港の 駐車料金まで含めて、総コストをきちんと比較してみました。   カタログ上の値段は安くとも、全体として高コストになるものも結構 あります。 価格に反映されない諸々も考慮すると、意外に大変な作業 でした。

2.  ガイドブックはかなり信頼出来ますが、詰めの事前情報は自分で集め ざるを得ません。 ロンドンから鉄道で2時間以内のカンタベリーに行く予定にしましたが、BRのターミナル駅は市内に沢山ありますし、列車も前と後ろでは行き先が違うとか、乗り換えが必要とか、はっきりしない点が幾つも出てきました。インターネットでBRのホームページを呼び出しましたが、時刻表を見つける事が出来ません。
小さな観光都市カンタベリーならホームページで案内があるだろうとこちらに接続したら、BRの時刻表に直ぐ接続できて簡単に分かりました。 出発駅・到着駅・出発希望時刻を入力すれば、3本の列車の情報が 出てきますので、列車を指定してクリックすれば、乗り換え駅等の情報を 取り出せます。 万が一間違えた時のタイムロスを避けるため、乗り換え 不要の列車を選びました。
行きませんでしたが、グリニッチへの船便に関しても調べてみました。 やはりロンドンではなくグリニッチの方が情報取得が簡単に出来ました。

3.  利用するホテルが知らされた時、ロンドンのホテルガイドを呼び出してグレードを調べてみました。 五つ星が僅かにあり、残りは四つ星で、判別不能でした。 英国でも当事者によるこの種のクラス分けは難しい面が有る、と推察しました。 第三者によるグレード分類 (例えば日本の旅行社によるもの) を見た方がもう少し細かく分けられているので、何となく分かったような気になります。

前頁に戻る This Page Top ▲ 次頁に進む