旅行記|ロンドン滞在6泊7日 (1998年10月)
大損した事
前頁に戻る LONDON 次頁に進む

1.  ロンドンは滞在中フルに動き回り、満足した気持ちで成田に帰ってきました。 久々の日本食を堪能し、時差の調整と疲労回復のためゆっくりと休みました。 羽田発地元空港行きのJALの出発時刻12:00をいつの間にか14:00と思い違いをしてしまったのです。 当然、乗り遅れ、ANAのキャンセル待ちで搭乗口へ行きましたが駄目で、再びJALに頼み込み、ぎりぎりのタイミングで札幌便に乗せてもらいました。大型スーツケースを伴って空港内をあちこち動くのは大変でした。千歳空港に着いた後、JR特急も満席で混み合った自由席しか買えません。千歳空港駅 - 地元駅(エスカレーター無)、そしてタクシー。この難行苦行は御想像に任せます。 予定より5時間遅れの帰宅でした。金銭的にもJR特急料金・タクシー代・空港駐車料1日分の損失でした。

2.  大変だったのは、羽田まで機嫌良くしていたWifeがつむじを曲げてしまったことです (当然)。   

3.   「 旅行なんて人生みたいなものサ。 結局は、良いこと、悪いこと、
    取り混ぜて帳尻は合うようになってるのサ。 」
   ---------------------------
   英国のジェントルマンには程遠く、
   日本のゼニトルマンには成り難し。
   秋の夜長の独り言。
   ----------
   The End
   ----------

前頁に戻る This Page Top ▲ 次頁に進む