旅行記|南米3ヵ国、周遊の旅11日間 ( 2006年4月12日〜22日 )
はじめに
◇◆◇
今回の旅行の特色: 担当の添乗員さんが曰く、「通常なら12〜13日間のツアーを10日間にギュッと圧縮した旅行。」 そもそも、成田出発後は ロスアンゼルス→リマ→ブエノスアイレス→イグアス の往復が基本行程。帰路のペルーで、リマ→クスコ→マチュピチュ と リマ→ナスカ が加わるのが「南米3大絶景ツアー」の構成でした。

ところがです、我々のツアーは行程と観光先に変更があった。往路はロスアンゼルスで乗継いだ後にリマ経由までは同じでした。その後、リマからブラジルのサンパウロに飛びました。サンパウロの市内観光を済ませ、昼食後にフォス・ド・イグアスに移動でした。イグアス(ブラジル側)で2泊、丸1日をかけてイグアス滝の観光をした。その翌日の午前にブエノスアイレスに飛び、市内の観光。夜に直行便でペルーのリマに向かった。リマ到着後は予定通り「南米3大絶景ツアー」の基本コースに復帰です。往復旅行が「南米3ヵ国周遊の旅」になったのです。サンパウロ市内観光が大移動の行程に追加となり、行程の凝縮度は半端ではない。それだけに、市内観光は時間限定としても、観光効率としては最高ともいえましょう。地球を一周するだけ空路を移動し、季節と時刻が同時に正反対になる凄い経験でした。サラッと濃厚なんてものではありません。

順調な旅行: 南米の航空機は公表のスケジュールが当てに出来ず、かなりの遅れが生じても平気なことが多いそうです。間引き運行なども結構あるやに聞きました。ところが搭乗予定便が欠航したり出発の遅れが発生しても、我々のツアーでは逆にそれが行程消化に幸いした。結果として僅かな変更以外の影響はなかった。逐次報告を受ける日本の旅行会社から「120%の出来ばえ」と賞賛の電話が添乗員さんにあったそうです。

旅行の印象は天気次第の面がある。自宅出発時は雨、クスコでは曇のち雨のち曇でした。それ以外は自然探訪も市内観光も晴天に恵まれました。ナスカの地上絵は砂漠にあり雨は降りませんが、イグアス滝とマチュピチュ遺跡の天候はそれこそ運次第。共々素晴らしい晴天に恵まれ、遥々出かけた甲斐がありました。サンパウロ、ブエノスアイレス、リマも好天気だったのです。サイコロの目が「晴」と出ただけですが、自慢したくなる程です。

このツアーは南米で6泊ですが、全て快適なホテルの利用でした。さらに朝食・昼食・夕食も味と量の両面で満足できるものでした。旅行の前から「南米の料理は美味しいですよ」と言われていましたが、その通りでした。コーヒーや紅茶は自由でしたが、コーヒーの味は「本場」としか云いようがありません。南米パンパス産の肉類も旨いし、野菜もサラダも十分、デザートのケーキも Good でした。ラテン・アメリカといいますが、欧州ラテン系諸国の食文化も受け継がれているのでしょうか・・・。

「いい事尽くめ」のツアーにみえますね。しかし問題もあった。最初に「ギュッと圧縮した旅行」と書きましたが、その通りなのです。ホテルのベットでゆっくり眠れる夜は少なかった。睡眠不足は移動中の居眠りで補う必要があったのです。「宵っ張りの朝寝坊」の歳ではないが、「遅寝早起きは三文の得」はやはりチト大変でした。しかし10日間の南米(大陸)3ヵ国周遊では必然であり、いやなら12〜13日間のプランに参加するしかありません。ただし、今回のツアーのように「観光的な好条件に恵まれる」とは限らない・・・。
あくまで結果論ですが、超お買い得ツアーとなった南米旅行だったようです。

携帯したデジカメ: 旅行中は写真を趣味とするので、FujiFilm FP S9000(2005年8月新発売)を使用した。広角を含む手動10.7倍光学ズーム搭載のデジカメです。ズーム可能な範囲は 28-300mm(35mmカメラ換算)だから、通常の撮影ならレンズ交換は不要です。これに512MBの xD card 1枚と CF(SD) card 1枚を装填しておきました。計 1GB 以上のメディア容量で、良い風景は 5M (2592x1944) 程度のサイズで撮影しても間に合うと思えました。

サンパウロ空港までは、2M (1600x1200) のサイズで食事などの記録写真を撮影していた。サンパウロで不要な画像を消去中に、うっかり全消去をかけてしまった(時差ぼけ!)。それまでの撮影画像を全て失い、残念ながらサンパウロまでの写真はこの旅行記にありません。 方針を変え、単なる旅行記録は 2M (1600x1200)、観光先の風景写真は 3M (2048x1536) のサイズで撮影することにした。そして旅行中は消去せず全画像を持ち帰ることにしたのです。消去すべき失敗作も数多く含まれるが、1000枚以上を持ち帰りました。

旅行記の構成など: 今回の旅行記も構成やスタイルや写真表示法などは北行庵のこれまでの旅行記を踏襲しています。 ページはフレームで左右に分割され、左がメニューです。
今回の旅行記はメニュー項目に空港が多いが、旅行の性格上の結果です。いつものように、ホテルや食事や土産店なども目次に含めてある。ツアーの全体の印象をお伝えできればと思います。トータルで全てが旅行体験という観点です。
左メニューの項目をクリックすると、そのページの指定項目にジャンプします。特定の項目をご覧になる時に素早く表示できます。
旅行記では主要な行動時刻も記載しましたが、メモとデジカメの記録から記入したものです。正確を期したつもりでも記載時刻は数分の誤差含みです。おおよその行動時刻と御理解ください。
写真は別ページに掲載して本文から呼出す北行庵スタイルを基本としています。本文を読みながら、写真ページを表示されることをお勧めします。
左メニューの下に写真ページの目次にリンクが貼られている。それから写真ページのみをご覧になることもできます。御用と御急ぎの方は・・・。
本文中の写真は主に現地で入手した地図や土産などの購入品です。説明文がない場合、写真にポインターを置くと短い説明が表示されることもあります。
現地で入手した地図を掲載しましたが、多くは日本語で観光ポイントを記入し分かりやすくしました。拡大できる地図もあります。
これまでの旅行記はTOPページに「ツアーの概要」を掲載していましたが、今回は記述内容が多いので別ページに「ツアーの概要と情報」を記述しまし た。トップページは表紙の写真や簡単なページ・ガイド程度になっています。

当旅行記に関して詳しくは、[ この旅行記について ] をご覧ください。

今回の旅行では南米の旅行ガイドブックを購入しませんでした。その代わり、南米の情報サイトやオンライン旅行記などを事前に読んで基本的な情報を集めたのです。旅行中はパックツアーのことで貧弱な知識で間に合ったが、いざ旅行記を書き始めると「ガイドブック」無しでは大変と痛感しています。それでも検索エンジンを活用して調査や確認をしながら何とか頑張って書き終えました。

では、「南米大陸三大絶景10日間」ツアーの旅行記をお楽しみください。冗長な文や同じ内容の繰り返し等々問題もあることと思いますが、ご容赦のほどを・・・。どうぞ、ごゆっくりとお過ごしください。
◇◆◇
Top▲Page