【北行庵】  HOME旅行記一覧
検索エンジン・検索ロボット・対策
TITLE と META 記述法

検索エンジンと検索サービスの相関表
TITLE と META 記述法
フレームページの検索ロボット対策
Amateur SEO
検索ロボット用サイトマップの設置
表示の乱れ? ブラウザ対策を
文字の大小ボタン、効果を拡大

◇◆◇
●検索エンジンが必要とし、検索ロボットが読むもの

検索エンジンは検索ロボットと呼ばれる情報収集プログラムを常にインターネット上で活動させ、可能な限りのウェブサイトを検索エンジンのデータベースに収集しています。検索ロボットはリンクを辿るので、有力サイトにリンクを貼ってもらうか、検索エンジンに検索ロボットの訪問を要請する以外に新規サイトの情報が収集されることはない、と考えられます。
さて、検索ロボットがサイトの特定ページを訪問して情報収集活動を始めたとします。ホームページは通常なら HTML で記述されている。それでタグとテキストがゴチャゴチャと混じっている状態と見なせます。検索ロボットはリンクを辿るためのタグ以外はテキストのみ探し出して情報として収集するのです。その結果、一般論としては、テキストの分量も検索エンジン対策の1つなのです。そして、コンテンツの趣旨を良く表す言葉を選らんで用いることも重要な対策です。それらがかなりの程度満たされたとして、検索エンジンと検索ロボット向けに幾つかの情報をページのヘッダーで渡すことが必要です。

●META記述の基本形
通常のホームページは基本的に以下のような SOURCE プログラムの構成になっている。テキストや画像などページの内容は最後の <body>〜</body>の「〜」の部分に記述されます。さて、検索エンジンの情報収集ロボット(検索ロボット)がこのページを訪れた時に、
(1)ページのタイトル( meta ではありませんが、ここで説明します)、
(2)このページを検索エンジンのデータベースに登録することを許可するか否か、記述されたリンクを辿ることを許可するかどうか、
(3)このページで使用されている重要なキーワードは何か、
(4)ページ内容の要旨、
を明確に伝える必要がある。それを担っているのが中ほどの4行です。
其々について簡単に順を追って説明します。

SOURCE
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv=content-type content="text/html; charset=shift_jis">
<meta http-equiv=content-script-type" content="test/javascript">
<meta http-equiv=content-style-type" content="text/css">

<title>A</title>
<meta name="robots" content="B,C">
<meta name="keywords" content="D1,D2,...,Dn">
<meta name="description" content="E">

<meta name="author" content="name">
<meta name="generator" content="notepad">

</head>
<body>

</body>
</html>

(1) <title>A</title>

ページのタイトルAの記述は必須です。検索エンジンに登録されたページならば、キーワード検索でもタイトルで使用された単語は強力です。検索エンジンによって検索リストに表示されるタイトル長(Aの字数)が異なるのですが、主要な Google では全角30文字程度を表示し、長過ぎる部分はカットされます。長いタイトルを表示する主要な検索エンジンもあるのですが、30文字程度なら全ての検索エンジンの条件を満たすことになりそうです。これ以下の長さでページ内容に忠実で魅力的な表現を考案するのが良いでしょう。
裏技的に、意図的に強力なキーワードの増加を狙って長いタイトルにする場合もありますが、よく検討してから採用すべきでしょう。経験上は、検索結果リストのタイトルでは長すぎてカットされた部分の単語がキーワードとして表示タイトルの単語と同じ検索パワーを持っているものがあるのです。

(2) <meta name="robots" content="B,C">

Bは検索エンジンのデータベースに対する登録/非登録の指示を行う記述です。
B = index ならばこのページの登録を許可、 B = noindex ならば登録不許可となる。
仮にベージ制作者が検索エンジンへの登録を望み B = index としても、 検索エンジンがそのページを登録条件を満たしているとして実際にデータベースに登録するとは限りません。ページが登録された時のみ、そのページが検索対象となるのです。検索して欲しくないページはnoindex と記述します。

Cはこのページ内にあるリンクに関するものです。 C = follow ならそのページ内の全てのリンクを辿って情報収集を行い、C = nofollow の場合はリンクを辿りません。不確実なので間違っていたら申し訳ないのですが、検索ロボットはリンクを3ベージ程度遡って情報収集をするようです。リンク切れに注意しましょう。

さらに、"B,C" = "index,follow" は "all"、"B,C" = "noindex,nofollow" は "none" と短く書くことも認められています。つまり、
<META name="robots" content="index,follow"> と
<META name="robots" content="all"> は同じ意味となり、
<META name="robots" content="noindex,nofollow"> と
<META name="robots" content="none"> も同じ意味になります。

経験上のことですが、"noindex,nofollow" か "none" を指定したページでも検索エンジンのデータベースに登録される場合があります。Google でも時折気付くのですが、何らかの理由で META name="robots" の指示が効力を発揮しないことがあるようです。
また、記述忘れでヘッダーに META name="robots" の指定が無いくとも、適切な内容のページなら検索エンジンに登録されることが多いようです。

(3) <meta name="keywords" content="D1,D2,...,Dn">

項目(2)で B = index または B,C = all の場合のみ必要です。
大手の検索エンジンにはこのMETAキーワード記述を無視するものも有りますが、METAキーワード記述から情報収集する検索ロボットも有るので必ず記述しておきましょう。D1,D2,...,Dn は検索されたいキーワードを意味しています。このページの <body>〜</body> で使用された、つまり本文で使用され内容に関連する重要な単語をキーワードとして指定してください。本文で使用されていない単語をキーワードとしても意味がありません。複数以上のキーワードは全角日本語でも必ず半角カンマで区切ります。「&」とか「:」などの記号は普通はブランク(空白)と見なされます。
キーワード数は少ないほうが検索結果は良好と指摘する場合もあるし、10個くらいが適当とする場合もあるようです。しかし、かなりの数でも検索エンジンの検索結果で上位達成の例も散見されます。筆者は多くないほうが Better と思いますが、「経験」と「芸」に属することでしょうか。
裏技的ですが、幾つかの単語をくっ付けて1キーワードとすることも可能です。例えば、D1,D2,D3 を D1D2D3 と区切らずに書いても検索ロボットは分解して解釈する場合もあるようです。

(4) <meta name="description" content="E">

項目(2)で B = index または B,C = all の場合のみ必要です。
検索リストの紹介文(サマリー)に使用される可能性が高いので簡明で魅力的な説明文を E の部分に記述します。筆者がホームページを始めてから数年間、有力な検索エンジン Google はこの E の記述を無視して <BODY > 〜</BODY > の最初の部分、又は本文の適切と見なされる部分から紹介文が作成されていました。しかし、現在は、Google を含む主要な検索エンジンが E の内容と本文のキーワード出現部分から自動的に紹介文(サマリー)作成しています。項目(3)で指定したキーワードを出来るだけ多く利用した文章を作成してください。

いろいろな理由で推奨されないのですが、HTMLには複数個以上のフレームを定義して其々のフレーム内に個別のページを表示する方法がある。 フレーム定義ページはフレームの定義と各フレームに表示するページ(ファイル名)の指定をしますが、それ自体は内容がありません。従って、 E で長々と説明しても <BODY > 〜</BODY > が無いので検索ロボットはこのページを無視してしまう。しかし簡単なテクニックでフレーム定義ページも検索エンジンに登録されるように出来るのです。それについては次ページ「 フレームページの検索ロボット対策 」で説明します。

◇◆◇
(2005.09.05 更新)(2002.02.07 公開)
< PREV.NEXT >