HOME旅行記集
旅行記|スペイン紀行、世界遺産を巡る ( 2003年11月4〜11日 )
地方区分(17の自治州と50の県)
旅行記・TOPNo.1No.2No.3No.4No.5| ★ 旅行記・TOP
文字サイズ変更ボタン(本文のみ)
◇◆◇

現在のスペインは全国を17の自治州とそれらを構成する50の県から成り立っている。歴史的に各地方の自立意識が強いスペインでは、 日本の都道府県とは比較できないほど強い権限を各自治州が持ち、国全体の行政を担当している中央政府とは一線を画している、とされる。 以下の情報は、ブルーガイド17わがまま歩き「スペイン」実業之日本社2002年7月5日pp8-9、から編纂しました。
自治州 構成県構成県構成県
ガリシアラ・コルーニャルーゴオレンセ
-ポンテペドラ--
アストゥリアスアストゥリアス--
カンタブリアカンタブリア--
ラ・リオハラ・リオハ--
カスティーリャ・イ・レオンアビラブルゴスレオン
-バレンシアサラマンカセゴビア
-ソリアパリャドリードサモラ
カスティーリャ・ラ・マンチャトレドアルバセテクエンカ
-グアダラハラシウダー・レアル-
アラゴンサラゴサウエスカテルエル
カタルーニャバルセロナジローナリェイダ
-タラゴナ--
バレンシアアリカンテカステリョンバレンシア
ムルシアムルシア--
バレアレスマヨルカメノルカイビサ
-フォルメンテラ--
カナリアカナリア--
アンダルシアアルメリアカディスコルドバ
-グラナダウエルバハエン
-マラガセビリア-
エストレマドゥラカセレスバダホス-
マドリッドマドリッド--
ナバラナバラ--
バスクギブスコアビスカヤアラバ


スペインの誕生 15世紀後半、イベリア半島はカスティリャ、アラゴン連合王国(以下アラゴンと略記)、ポルトガル、ナバラおよびイスラム教徒のグラナダ王国(ナスル朝)の5ヵ国に分かれ、そこにはまだスペインという国はなかった。しかし、カスティリャにイサベル1世が立ち(1474)、次いでアラゴンの王位にフェルナンド2世が就くと(1479)、その後40年足らずの間にポルトガルを除く4ヵ国はカトリック両王のもとに一つの王権を共有するという形で新しい政治単位を形成、周辺諸国はこれをスペインと呼び始めた。(日立デジタル平凡社「世界大百科事典」DVD版1998年から借用)
◇◆◇
HOME旅行記集 スペイン旅行記TOP現在の頁( 州と県 )
Page▲Top